燃費

皆さんはふだんから燃費を気にしますか。
燃料費はクルマの維持費のひとつだから安いに越したことはないので多少は気にするという程度の方は多いかと。
ただ昨今のようにガソリンの値上がりが続くと燃費が気になってくるのも事実。
ということで今日はクルマの燃費の話題。

ハイブリッドカーが登場してから燃費性能重視の傾向が強くなり、各自動車メーカーも、走りとかかっこよさとかあこがれとか新しいライフスタイルの提案とかはどうでもよくなってきてて、自動車の性能の第一は燃費性能だと言わんばかりの展開です。
ユーザーの方も「燃費のいいクルマがいいクルマ」と言わんばかり。

30㎞走って22.5㎞/Lのトヨタ・アクアと100㎞走って21.7㎞/Lのプジョー208アリュール(うちのクルマです)はどちらがいいクルマなんだろう。「トヨタ・アクアでしょ、燃費がいいから」ということになる。たとえ0.8㎞/Lの差でも。
じゃ、30㎞走って22.5㎞/Lのトヨタ・アクアと250㎞走って4.8㎞/Lの日産・GTRはどちらがいいクルマなんだろう。「あたりまえ、ダントツでトヨタ・アクア」ということになる。
私なんかはみっともなくて言えませんが、燃費フェチの人はよどみなく「アクアの方がいいクルマ」って言うのでしょうね。

じゃ、そういうアクアな人に聞きたいのは「燃費ってどうやって測るの?」ってこと。
「そりゃ簡単だよ。走行距離を消費燃料量で割るのさ」って「㎞/L」なんだから当たり前だろ。
聞きたいのは、その走行距離と燃料の量をどうやって計るのってこと。
恐らく「文系の人」はここで思考が止まります。わからないから。
理系の人なら、距離はフロントタイヤの回転、ファイナルギアの回転などのカウント、燃料の量はフューエルポンプの作動、燃料噴射量などを思い浮かべるでしょう。実際クルマ毎にどうやって燃費を算出しているのかというのは、今回の記事の本質ではありません。
問題は、メーカーごと車種ごとにそれぞれ独自の機構で算出しているってことです。
速度計や走行距離計なんかもそうですが、そこには「大きな誤差」を含む可能性が高いのです。測定値に誤差があるのは工学の常識だし、スピードメーターなんかも「高め」に表示されるのは自動車の常識のようです。
だいたい走行中のクルマが、使用したガソリン1リッターをきっちり計れるわけがないのです。

実際プジョー208アリュール搭載のドライブコンピュータと満タン法の誤差は5%ほどあり、燃費表示の方がちょっといいみたいです。娘のトヨタ・スペイドの誤差はもっと大きくて10%ほど。15㎞/Lは満タン法では13.5㎞/Lだったりします。燃費が高く表示されるのはサービスなのかなって思っちゃいます。

ただ、この満タン法っていうのも大きく誤差を含む可能性があって、確実に満タンにしたか、0.2Lの誤差でも大きく燃費は変わるし、そもそも走行距離がきちっと正しいかわからないという状況。

そうなんです、あくまで燃費数値は目安なんです。
なもんだから、プジョー208の数値とアクアの数値は、走行距離、燃料の量のはかり方や誤差も違うから21.7㎞/Lと22.5㎞/Lの比較はまるで意味がないのです。「こちらの方が燃費がいい」と比較することは意味はないのです。

だからこそカタログ燃費で比較ってことになるのでしょうが、各社「燃費測定対応専用車」で計測するので、実燃費との乖離は問題になっているほどです。そのうち消費者団体に訴えられるのではないかっていうほど乖離は大きくなっているようです。6掛けが目安なんていいますが、そんなカタログ燃費に意味があるのかな、と。

本当に燃費比較したいのなら、クルマの後ろに自転車の車輪みたいな走行測定器をつけて、各車同じ条件で、同じ測定器でデータをまとめて比較すべきでしょう。もっともそんなのは一般ユーザーがやることじゃありませんが。

nenpi01.jpg

そんな感じで燃費というのは、いい加減っていうかデリケートなものなので、燃費計は遠出したときの残走行距離の確認とか、数値が悪くなったときは運転に気をつけるとか、そういうふうに使いたいですね。

年数万㎞乗る人は、燃費がいい方がありがたいですが、私のように1万㎞行くか行かないかのユーザーは、燃費なんか気にしないで気持ちよく乗る方を選びたいです。気持ちよく乗って納得できる燃費っていうのがベストだと思います。

【今日の言葉】 せっかく悩み抜いて、こだわって選んだクルマなんだから楽しく乗った方が、節約できる燃料費以上におトクだと思います

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

はじめまして。208アリュール購入予備軍の者です。
国産車の燃費偏重には辟易しますね。
燃費向上のために、他の要素のレベルをどんどん落として行っていると思います。
燃費って、ユーザメリットは「ガソリン代が安く済む」”だけ”です。
そりゃ悪過ぎるのはアレですけれど、ほどほどに良ければ十分です。
このままでは輸入車が持つ、ボディ剛性、安全性、加速フィール、シート、デザインなどの
品質の高さに、ますます水を開けられるばかりです。

Re: No title

エディさん、初めまして。コメントありがとうございます。

アリュール予備軍ってことはもう契約済みとか、なのでしょうね(^o^)

> 国産車の燃費偏重には辟易しますね。
> 燃費向上のために、他の要素のレベルをどんどん落として行っていると思います。
っていうか、本当に燃費がいいクルマを作ってくれる分にはいいのですが、一般ユーザとかクルマに詳しくない人の気を引くための「カタログ燃費」へのこだわりが困るわけです。
9月発売のフィットは、まさに「カタログ燃費で打倒アクア」だそうで、燃費世界一もいいですが、カタログだけじゃね、って思います。
すべての電装品をオフにして、ミッションのシフトパターンを超燃費対応にして、「はい、カタログ燃費世界一ね!」って言ったところでユーザに何のメリットがあるのって思います。
一般ユーザがエアコンかけて、ナビ使って、カーステかけて、絶対に実現できない燃費なんて。
メーカーはクルマに何を求めているのかわからなくなります。

その点輸入車は、クルマに必要な楽しさとか快適性とかまだ見失っていないので、プジョー208とかUP!とかゴルフを見ると今更ですがびっくりします。

アリュールはその気になれば22㎞/Lとか平気で出るので、アクアを悔しがらせてやりましょう!

それではまた、コメントをお願いします。

プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター