スパイラルグレープ

アサヒ飲料の新清涼飲料水である「スパイラルグレープ」というのを買ってみました。

CMもずいぶん入っていて、わりと印象的で個人的には気に入ったCM。なぜか見た後は「刺激」というキーワードが頭に残ります。

spiral.jpg

もともと変わった飲み物が好きで、っていうかいろいろ試してみるのが好きで、「ドクターペッパー」「ユーフーチョコレートドリンク」から始まって、「冒険活劇飲料SASUKE」とか、近年ではペプシの「アイスキューカンバー」や「あずき」など。

ということで「スパイラルグレープ」にも期待に胸がふくらむのですが、近所のスーパーで98円とかで売っていたので速攻で購入。にもかかわらず買ってから2週間ほど忘れていました。
冷やしてあったのを見つけて、風呂上がりに飲んでみました。

「近年まれに見る最低レベルの清涼飲料水です」
わりとまずいのも我慢できる私が「買って損した、二度と飲みたくない」と思わせる製品で、その点ですごいと思いました。

まず炭酸が強すぎる。飲んだときの刺激としてはこの強炭酸は悪くないのですが、胃に入った後も炭酸ガスを出し続ける。
そう、飲んだ後も胃の中でふくれてくるのですよ。あの胃のバリウム撮影の時に飲む発泡剤さながら。胃がぱんぱんに張ります。
無理にゲップを我慢すると、炭酸ガスは腸の方へ移動して下から出てきそうで慌てます。

強炭酸はよしとしても味が最低です。製品の色はグレープの濃い紫色をメインカラーにしているものの、「色のとおりの味がしない」。何かを加えて味を調整してあるようで、刺激的ではあるのですが、グレープ感があまりない。
なんか、「水で薄めたファンタグレープ」という感じで甘みもかなり少なくて「ドライ」な感じ。
なので後味も良くなくて、清涼感もないという、ただただまずいだけで、半分だけ飲んで残りはとりあえず冷蔵庫へ。胃がふくれて半分飲むのがやっと。これで一日目終了。

二日目の風呂上がりに残りに挑戦。
やはり胃がふくれる不快感と、刺激ばかりでグレープ果汁感のないドライな味は、残りの半分を飲むのも苦痛でした。
っていうか、これほど人を弱らせる清涼飲料水もすごいなと感心したりもしました。
弱ってみたい人は一度遭遇してみるとよろしいかと。

【今日の言葉】 清涼飲料水の「変なもの買い」の趣味は娘にもあるようです。変なところって似るのでしょうか

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター