プジョー208購入の決め手(2)MT

プジョーに限らずフランス車のATは、日本では、特に東京では厳しいという話は良く聞くし都市伝説でもありますまい。プジョー208がAT車だけのラインナップだったら、MTしか購入するつもりがない私みたいなユーザとの邂逅はなかったでしょう。

ということで、新しいEB2エンジンを搭載したプジョー208アリュールは、5速MTだけの仕様ということで、営業マンさんのツメがなくても、気持ち的にはもうそれ以外ない状況でした。

ところがこのMT、フランスでは普通なのかも知れませんが、シフトストロークが半端ない。
ギアを入れるというより、レバーを動かす、倒すっていう表現の方がぴったりするほどストロークが大きく、さらにあろうことか「ゴキゴキ」とお下品な音がする。

p208-MT.jpg

ところが慣れってすごいもので、このシフトストロークも音もかえって小気味良く感じるようになるから不思議です。
しかもギヤ比は思いっきり「クロスしていない」つまり「ワイドレシオ」なので、無茶なヒールアンドトーとかしたくなくなるから良いのではないでしょうか。
アルテッツァのときにヒールアンドトーの多用でクラッチを壊したことがあるのでそれ以来禁じ手にしていたのですが、プジョー208でそれをやるのは、壊れたときの修理期間とか考えるとリスクが大きすぎると思います。ヒールアンドトーはやらないでくれって取扱説明書には書いてないのでやってかまわないのですが、アリュールというクルマの性格からそういう運転は似合わないような気がするので禁じ手扱いのままです。

ただEB2エンジンのトルクバンドをうまく使ってシフト操作をすると、このクルマを軽快に「スポーティーに」走らせることができるので、マニュアル車の喜びを普通の速度域で簡単にわかりやすく味わうことができます。

車重が軽量なゆえに、加速・減速・コーナリングともに軽快で、3速4速だけの選択でも十分に楽しく走れてMT車の醍醐味が味わえます。
日本ではATしか選ばない人が増えているらしいですが、こんなにいいMT車があるのに本当にもったいないと思います。

【今日の言葉】 普通すぎる5速MTですが、プジョー208アリュールを買って本当に良かったと思います。お薦めです!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター