奥さんのお気に入り

あんなに輸入車を嫌っていたうちの奥さんなんですが、プジョー208アリュールには試乗して以来のとりこになってしまっている感じです。

特に内装の質感とかシートのでき、ハンドリングの良さとブレーキの効き、数々の安全装備と、かわいいエクステリアデザインと自分のこだわりで選んだブロッサムグレーのボディカラーが気に入っているようです。確かにセクシーというか女子っぽい色ではあります。

先日出かけたときに、アリュールの乗り心地が走行を重ねる毎にまろやかになるね、って話をしたら、

「この猫足が好き。もうこれ以外考えられないかも」って言う。

え?そうなの?って驚きました。

シートとか内装とか、プジョー208は国産同クラスに比べればとんでもなくいいのですが、VWのポロとかゴルフも同等の品質を確保しているというか、多少方向性は異なるものの、十分対抗できるレベルで、次のクルマ選びで品質で選ぶのならVWも十分検討する価値があるという状況です。

でも、猫足となると、もうプジョーとかルノーとかしかないわけで、次もフランス車にするしかないのかと思うと少しゾッとします。

猫足って、乗り心地がいいということなのかっていうと、かなりいいには違いないのですが、これ以上の乗り心地もあるかもとは思います。が、この猫足って表現は、乗り心地とはちょっと次元が違っていて、良い悪いを超えた「乗り味」なのではないかと思います。
けして高級ではなくても、猫足という魅力的な乗り味が実現できているのがフランス車ということになります。
「乗る人をとりこにする乗り味」こそ、日本車が一番苦手とするところではないでしょうか。
サスペンションの構造を単にコピーしても、猫足という官能に働きかける感覚は実現できないのではないでしょうか。足回りだけではなく、シャシーやボディも含めた、まさにクルマというシステム全体、さらには車作りの歴史があって始めて実現できるような気がします。

ようするに猫足というのは、サスペンションジオメトリがどうの、ダンパーの減衰率はどうのっていう技術的要素の積み重ねでは表現しきれない「テイスト」なので、フランス料理独自のソースを和食で表現できないのと似ているかも知れません。
乗り味が気に入って猫足にこだわったらもう他のものを選べなくなるかも知れません。

【今日の言葉】 三本和彦さんとかフランス車のとりこになっている人は多いのですが、やはり猫足の呪縛なのでしょうか

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re.猫足

こんにちは
ずっと以前から拝見していました、こちらも208アリュールに乗っています。(奥さんが)2月上旬契約、4月下旬納車でした。色はリオハ・レッドで、現在4800km位乗っています。
で、昨日奥さんから借りて100km位乗りましたが、納車直後よりクラッチ、アクセル、乗り心地
も含め非常にまろやかになっていて、いい車だなぁと関していました。
フランス(ヨーロッパ?)の人は、車に対する考え方が違うのかなと思っていたところに、今日のブログです。まさしく、同じように感じていたので、思わずコメントしてしまいました.
文章が下手なのでコメントすることは少ないかもしれませんが、これからも読んでいますので、車の記事を楽しみにしています。

Re: Re.猫足

チップさん、こんばんは。

コメントありがとうございます。
思わずしていただくコメントが一番うれしいです。

リオハ・レッドのアリュールにお乗りだそうで、この色は「プジョーライオン」のエンブレムがくっきり見えて美しいのですよね。今度出たGTiのメインカラーでもあるし。
4800㎞とのことで、取扱説明書の「5000㎞までは燃費がわるいことがあります」っていう制限解除がもうすぐで羨ましいです。うちは通勤買い物主体なので5000㎞はもうちょっとかかります。来月かな。

っていうか、ご夫婦でさりげなくマニュアル車に乗られているのが良い感じです。
マニュアル車フェチの奥さんってうちだけじゃないんだってわかってうれしいです(^o^)

本当にプジョー208アリュールは、試乗の時、納車の時より、走行距離を重ねる毎にずっと良くなってくるのが素晴らしいです。
しかも心配していたトラブルも全くないし。
こういうまろやかなクルマに乗ると、運転も変わってきたように思います。
スポーティセダンのアルテッツァなんか乗っていたときは無意識に「らしく走る」くせがあったようですが、今は余裕でエコっぽい走りをしていたりしてます。ねじ込むようなスポーティな走りをするより、4速ギアで猫足を楽しむ方が気持ちいいのです。

東京、横浜を始め都会ではプジョーはたくさん走っているようですが、どちらかというと私のところみたいな、広域農道(出た!)がある田園地帯の方がプジョーにはお似合いかも知れません。
イメージ的にはボルドーとかなのですが、そういうところを走ったら気持ちいいでしょうね。

今後もお気軽にコメントをお願いします。

No title

こんばんは。
おっしゃるとおり内装の質感という意味では本当に208はよく出来てると思いました。
とか言いながら、最近の軽にも劣る!?くらいあっさり内装のトゥインゴに乗ってるので余計にそう思います(笑)
まぁ、あの素っ気無さがルノーらしいとも言われているようですが(笑)
しかも、ディーラーさんが鍛造ホイールやら社外サス(KW)、アンダーブレースを奢った仕様の車をそのまま購入したため、いわゆる猫足なのかどうかもちょっと分かりません。(猫足と言うには硬すぎる気も、もちろんよく走るのは確かですが)
ちょっと濃い目の味付けを施したフランス料理とでも思いつつ乗ることにします(笑)

Re: No title

MAXさん、こんばんは。

トゥインゴとかメガーヌのエクステリアは、スポールっていうかスポーツ仕様に振っているように思います。
したがって内装も足回りもスポーティなのだと思います。
それとバランスを取る形で、ルノーは「癒し系」のカングーをラインナップしていると思っています。
日本でもカングーは人気で、コンパクトカーとしてもミニバンとしても使えて、国産のミニバンみたいに貧乏くさくなくないのが人気の秘密でしょうか。

MAXさんのトゥインゴは、ブレースとかダンパーとか導入して走りの仕様になっているのですね。だから猫足感がないのだと思います。それでもルノーって技術的に独特なものを持っているので、いろいろ勉強して試してみると面白いかもです。

猫足も楽しいのですが、フランス車的にスポーティな足回りにもちょっとあこがれますね。
日本車のスポーティは、ドイツ車風かアメリカ車風で堅くてがさつですから。

No title

初めまして。
プジョー208の記事を探していて偶然このブログを見つけ、以来ちょくちょく読ませてもらっています。
208は前からいいなと思っていたのですが、今日試乗して気に入ったのでその場で契約してしま
いました。ちなみに購入したのはアリュールではなくGTiです。
試乗した感想ですが、下からトルクがあって結構乗りやすく、営業の方が踏んでみてくださいと言
うので踏んでみるとかなり速かったです。乗り心地も今の愛車(シビックTYPE R)よりも良くて好印象でした。
インテリアの質感は国産車とは比べ物にならない位いいですね。
納車が10月下旬から11月上旬になるとのことで今から楽しみです。

Re: No title

MMDさん、初めまして。

プジョーご契約おめでとうございます。試乗即契約ですか!うちと同じです。おそらく最初に乗りこんで感動されたのではないでしょうか(^o^)

GTiとのことで、やはりこの小さなボディに200馬力は魅力ですよね。ハイプレッシャーターボとのことなので、全域トルクの固まりみたいなエンジンらしいです。
以前記事にも書きましたが、アリュールより100万高いのですが、アリュールに100万円掛けてもGTiにはできないのでお得なのではと思います。

シビックTYPE Rはエンジンもミッションも足回りも本格的すぎて、気軽にコンビニとか行ける仕様ではないと聞きます。以前「クルマでいこう」で言っていました。
プジョー208GTiなら、固めてあっても基本は猫足らしいので、気軽にコンビニも行けるかと(^_^)

納車がかなり先のようですが、その辺は輸入車の常みたいなものとあきらめつつ、楽しみにする時間がたっぷりあると考えてみてはいかがでしょう。

記事では勝手なことばかり書いていますが、今後もよろしくお願いします。

プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター