ウィンカーバルブ

今回のハイビームのハロゲンバルブ交換で、PIAAつながりってことでPIAAのサイトでいろいろ商品情報を見て勉強していたのですが、「ミラーオレンジ」なるものを発見。

ウィンカーレンズがクリアな場合、電球がアンバー色なんですが、それだとかなりルックス的にショボいってわけで、ミラーコーティングしたアンバーバルブがあるという。

morange01.jpg

おお、これはかっこいいな、と思って価格を調査。amazonさんで3000円ぐらいで買えるらしい。
買おうかなって思って何気なくうちのプジョー208アリュールの写真を見たら、

標準でシルバーコーティングされていました(^_^;)

morange02.jpg

プジョー208アリュールは、そういうところもちゃんとコストを掛けていたのですね。

ただ、直射日光下で電球に光が通ると、シルバーコーティングといえどアンバー色が反射板に映ってややオレンジ色に見えたりします。この印象があったからシルバーコーティングされていないと勘違いしたようです。

morange03.jpg

このアンバーのバルブ、ドアロックするときに点灯するわけですが、すごく明るいっていうか色が濃いですよね。

morange04.jpg

【今日の言葉】 明るさと白さのためにいろいろ交換しましたが、ウィンカーとストップランプは電球の方が味があるようです

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは。

電球は、ポゥと点灯して、ほんのりと残光しながら消えるので、特に夜間のストップランプなんかは電球のほうが私は好きです。
ウィンカーはとにかく瞬間の視認性がほしいのでLEDがいいなぁと思いますが、GTiではフロントがラインLEDのウィンカーですね。デザイン含め、気に入っています(^-^)
最近ではLED純正採用も多いですから、光り方含んでデザインされているのでしょうね。大変そう。

Re: タイトルなし

Lotさん、こんばんは。

208GTiが発表になったときに、このラインLEDの方向指示器のかっこよさに皆ビックリしたのですが、日本では認可にならないだろう、日本仕様は普通の電球だろうなんて言われていたのですが、そのまま来ましたね。PCJが頑張ったのかも知れません。

今回ハイビームのハロゲンバルブ交換といっしょにウィンカーのLED化も検討しましたが、電球と置き換えだと1個の値段も数千円から1万円近くしたりします。しかもフロント、ミラー、リアと合計6個もあるので、ちょっと気軽にとは行かない感じです。
ヘッドライトのように、色とか明るさという「効果」が得られるものでもないのであきらめました。

BMWのイカリングあたりから、ポジションランプのホワイトLED化がはやりだして、プジョー208のつり上がった眉毛みたいなラインLEDもかわいいのですが、最近のレクサスやトヨタの高級車なんかはちょっとやりすぎなほど凝っているようです。
っていうか最近のトヨタ車はクラウン以降アヴァンギャルドさや変化を自慢していますが、フロントグリル周り以外は全然変わっていません。

デザインについては、恐らくKOITOとかBOCSHとか専業メーカーが提案する形で進めているのかも知れません。
メーカーとしては、部品メーカーに提案させた方がコストカットの要求を出しやすいそうなので。
プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター