EB2ターボ

プジョー208が新エンジンEB2を搭載して発売になるときに、エンジニアのメルクスさんが、今後はターボかスーパーチャージャーで過給することもあり得るっていうか開発中ってカミングアウトしたのですが、先に紹介したプジョースペインのサイトでの情報では、ターボ過給して110PSになったEB2が2014年に発売になるようですね。

恐らくはフォルクスワーゲンのTSIをにらんでのことだと思いますが、過給エンジンで1.2Lで110PSというスペックは割とおとなしめではあります。ということは環境対応のターボ、つまりもっと排気量の大きいエンジンに置き換えるダウンサイジング用なのでしょうか。

ということは、現行208ばかりでなく、308の次期モデルにもエコエンジンとして搭載される可能性が大きいようで。

VWゴルフが1.2トンほどのボディに1.2Lエンジンを搭載しているので、TSI、つまり過給が必須で、次期プジョー308も流れからこの1.2LのEB2を過給して搭載するのでしょう。ボディが重くなると全域である程度のトルクが欲しくなります。

現在プジョー208アリュールに搭載されている82VTiというEB2エンジンは、ディーゼルエンジンのような太い低速トルクを持つ使いやすいエンジンで実用上何の不足もないのですが、慣れてくると燃費とトレードオフしても、やはり中高速でもう少しトルクというかパンチが欲しくなります。

EB2ターボは208にも搭載されると思いますが、位置付けとしてはどうなるのでしょう。
これまで1.6Lだったアリュールターボ(日本では208GT)がダウンサイジングして1.2Lターボになるというのが普通の予想です。

ただそれが日本仕様で導入されるかどうかはまだわかりません。
プジョー208拡販のために、PCJに頑張って欲しいところです。

ただ日本のユーザー、というか日本車は、使い方がアメリカ車的なので、排気量が小さい車は格下っていう意識がまだあって、日本車は欧州式のダウンサイジングはやらないでしょう。っていうか軽があるからそういうのはいらないね、ってことなのでしょう。

【今日の言葉】 ターボはタイムラグが苦手なので、基本的にNAが好きです

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター