マツダ車展示会

会社は郊外っていうか田舎にある開発センターっていう事業所なので駐車場が広い。ゆえに自動車通勤者も多いってことで、ボーナス時期とかには地元の自動車ディーラーが昼休みに展示会をやることがちょくちょく。

10月ってことで、ディーラー展示会にはちょっと季節外れながら、新型アクセラが出るっていうので地元のマツダ販売店が単独で展示会をやっていたので見てきました。

ルノールーテシアによく似ているというウワサの新型アクセラが目当てだったのですが、展示車はなく、まだ予約受付中とのことで残念でした。でも出ても見てもいないクルマを予約する人なんかいるのかなって思ったのですが、いるらしいことを聞いてびっくり。

お目当てのクルマがないので、並んでいるクルマを見てきましたが、ミニバンを除くとアテンザのセダン、ワゴンとモデル末期で枯れてきているデミオだけ。

アテンザっていうのは、昔のカペラに相当する中型セダンらしいですが、全幅1800㎜を超えるかというサイズは大きすぎるだろうって。運転席に座ってみましたが、国産車の例に漏れずシートは柔らかいだけで「自動車の操縦席」っていう機能は低め。マツダ車は内外装ともスポーティな雰囲気でまとめてくるので好感度が高いのですが、どうも黒系の内装と丸眼メーターは暗く感じます。こういう機能最優先の理詰めで来る設計思想はドイツでは人気らしいです。ドイツ人の日本車嫌いは有名ですが、マツダ車だけは別らしいですね。

家族二人でこの巨大なアテンザはあり得ないので、次にデミオに乗ってみることに。プジョー208と同じBセグなのでしっかりとチェックしてきました。
登場以来長らく販売しているデミオは枯れているのですが、デザインは悪くないです。どちらかというとプジョーっぽいし。サイズも手頃です。タイヤがちょっとヤワすぎますが、エコに振っているのだろうと理解。
ただ座ってみて残念。っていうか、ぶわぶわなシート表皮は、国産車のこのクラスってこんなものなのでしょうか。
内装の質感も、120万のクルマに高級感を求めちゃいけません的なもの。販売員さんは、デミオについている高機能ナビをしきりに自慢していました。ナビがどんなに素晴らしくたって、それはマツダの技術力や商品力と関係ないだろうって思うのですが。
リアのニースペースや、ヘッドクリアランス、トランクスペースもチェックしましたが、ほぼ208と同格。
これが120万円で買えるそうなのですが、シート取り替えて、ステアリング取り替えて、タイヤ・ホイール取り替えて、サイドやカーテンシールドエアバッグを付けて、オートライト、オートワイパー、クルーズコントロールやその他もろもろを80万円で付けてプジョー208アリュールと同じにしてくれって言っても無理だろうと。

やはりプジョー208アリュールは買い得だったのだろうとデミオの展示車に教わった感じです。

【今日の言葉】 プジョー・シトロエン車は、とにかくシートだけで20万はすると思っていいかも

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは^^
最近のマツダは決して悪くはないと思うのですが、なんだか同じ顔ばっかりになってきたような…。
テイストを同じにしつつも、もう少しBMWみたいに上手に作り分け出来なかったのかと思ってしまいます。
デミオも最初は検討したんですが、ちょうどマツダの向かいがプジョーで、アリュール乗ったら一瞬で候補から消え去ってしまったという経緯があります(笑)
エクステリアの空力のよさそうなフォルムは割と好きではあるんですけど、インテリアが…。
その後、アクセラとCX-5も検討には上がりましたが、サイズが大きすぎて無理でした。(アクセラも結構大きいんですよね…)
それにしても、マツダのショールームから見る向かいのプジョー(アルファとフィアットも併設)は本当に眩しく見えました(笑)

Re: No title

MAXさん、こんばんは。

マツダ車なんですが、最近はフロントグリルの形を各車統一してきましたが、デミオとか出た頃は「つり目に大きな黒い口」で、なんとなくプジョー207や308の前期モデルに似てて、マツダとプジョーは似ているなんてイメージがありました。

ここへきてマツダ車も変わってきたし、プジョーも508から新しいアイデンティティになっているようでだんだんかけ離れてきました(^o^)

おっしゃるとおりマツダ車のエクステリアデザインは洗練されていて、デミオのデザインは素晴らしいと思います。割と大きいクルマなんですが、前後絞込みとシャープなラインでコンパクトに見せています。
一方アクセラ以上のクラスになると、最近のトレンドからするとちょっとノーズが長めなんですが、スポーティでかっこよくこれまた洗練されています。煮詰め不足見え見えのホンダ車とはだいぶ違うのが比べるとわかります。

ただインテリアデザインが残念で、メーターパネルはスポーツカーのようにアグレッシブではあるものの、コンサバっていうか古くささは否めません。プジョー208を見ているとなおさらそう思います。
奇抜なデザインより使いやすさを優先するドイツ人には人気のようですが。

あたらいいアテンザにコモンレールディーゼルがラインナップされたのは大歓迎なんですが、300万円超の価格設定はあり得ないだろうって思います。ディーゼルは振動やドライバビリティを犠牲にしても燃料費を安く上げたいっていう、いい意味での貧乏人グルマのはずなので、装備をはしょってもいいから少なくともガソリン車より安くして欲しいものです。

その昔「ゴルフD」ってクルマに乗ったことがあるのですが、それがそんな感じのクルマでした。

うちのディーラーであるプジョー小田原はシトロエンとMiniが併設です。いちばん元気なのがMiniみたいですが(^^)/

プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター