ミシュラン・エナジーセイバー

購入したプジョー208アリュールにはミシュラン・エナジーセイバーが着いていました。
他のブランドであることもあるそうですが、ミシュランファンなので正直うれしかったです。

かねてから自動車評論家の三本和彦さんが、一度ミシュランにすべしと良く言っていたのですが、前車アルテッツァもブリヂストンからミシュランに替えたときの変貌ぶりにただただ驚くばかりで、いっぺんにミシュランファンになったという次第。
値段も高かったのですが、お値段以上の価値有りで、さすが「初めてラジアルタイヤを作ったメーカー」って思いました。最新テクノロジーはドイツ、アメリカって言いますが、枯れた技術ですごいのはフランスなのかもしれません。

で、そのミシュラン・エナジーセイバーですが、ドイツの団体テュフズードでで比較テストをしています。テスト対象は195/65で、データは2009年とちょっと古いのですが参考になります。

tirebench01.jpg
tirebench02.jpg
tirebench03.jpg
tirebench04.jpg

ミシュラン・エナジーセイバーは「乗り心地が良く、グリップが良く、耐摩耗性が高い」といういいことずくめ。
プジョー208アリュールに採用されるだけのことはあるということでしょうね。

実はアルテッツァは45%扁平率のタイヤだったのですが、タイヤを買い換える度に気分はブルーになっていました。ミシュランパイロットスポーツにしたときは13万ぐらいかかったし。その前のブリヂストンプレイズの時も10万超。次は絶対に45%はやめようと思ったのは言うまでもありません。なので208はGTが魅力だったのですが、ガラスルーフと45タイヤであきらめました。このふたつがなくて240万ぐらいなら間違いなくGTを選んだと思いますが。

それほど避けていた45タイヤなのですが、アリュールの絶妙な足回りを知ってしまうと「ちょっと45タイヤを履いてみたいな」なんて思います。45タイヤだとどういう挙動になるのかやってみたいと。勝手なものですね。
アリュールで45タイヤを履いている方は、よろしければリポートをお願いしたいと思います。

【今日の言葉】 うちのミシュラン・エナジーセイバーはなぜかドイツ製です

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

208 Premiumのはむおです。45タイヤのリポートじゃなくてすいません。(^^;

前に乗ってた1007は、195/50R16という少し変わったサイズだったので、タイヤの選択肢が少なくて困りました。だから、次に買い替えるときは普通のタイヤサイズの車にしようと思っていました。その点、208は普通のサイズなので安心です。しかもミシュランだったので、得した気分です。(^^)

自分にとって、もう一つ問題になるのがタイヤチェーンです。たま~に雪国に出かけるのでチェーンが必要なのですが、特殊なタイヤサイズだと適合するチェーンがなかったり、適合するチェーンはあっても実際には装着できなかったりといったケースがあります。

いつも「イエティ・スノーネット」というチェーンを買うので、これが装着できない車は自分にとってアウトです。車種別マッチングリストを見ると、残念ながら208が載っていないのですが、同じタイヤサイズの207はOKのようなので、たぶん大丈夫でしょう。ただ、45タイヤの207 GTは、適合するサイズはあるのですが「装着不可」のようです。この辺が難しいところですね。

あと、ミシュランのサイトを見ると、「エナジーセイバー・プラス」という新商品が出ているようですね。どの程度違うんでしょうかね。ちょっと気になります。(^^)

ちなみに、うちのエナジーセイバーはスペイン製でした。

Re: No title

はむおさん、こんばんは。

1007は195/50R16って本当に珍しいですね。50タイヤ自体今となっては珍しいかも。しかも195で16インチって。
私も昔シティカブリオレっていうのに乗っていたのですが、当時は60タイヤが「超扁平」って言われた時代なんですが、なんと175/60R13で、ほとんど売っているのを見かけませんでした。何と言っても13インチって(笑)
タイヤ交換をすることなく、2万㎞でS13に乗り換えちゃいましたが。

タイヤチェーンは悩ましいですね。おそらく大丈夫っていうのは不安っていうか、大丈夫でないことが多いのがマーフィーの法則だし。きちっと確認してからご購入を。

エナジーセイバーは、おそらくプジョー208でなかったら面白くも何ともない普通のタイヤなんですが、208と相性がいいのかある程度のスポーツドライビングはちゃんとこなしてくれます。っていうか、208の足回りがタイヤの性能をうまく使っている感じ。
話では、エナジーセイバーは同クラスのタイヤではかなり軽量のようで、それが低燃費に効いているとか。
また新製品「プラス」は、転がり抵抗低減とウェットグリップを向上させ、安心安全をプラスってことらしいです。

アルテッツァの時はPilot Sports 3でかなりの散財だったのですが、208での履き替えはまたエナジーセイバーで行こうかと。ただ55%までしかないようです。別にかまいませんが。

> ちなみに、うちのエナジーセイバーはスペイン製でした
へー!そうなんですか。なんかタイヤは国際的ですね。208GTのブリヂストンはオーストリア製とかという噂があるし。

エナジーセイバーっていう普通のタイヤの話で盛り上がれてうれしいです(^_^)v
またコメントお願いします。

No title

お久しぶりです。
208GTiが納車されてから2週間がたち、600kmほど走りましたが特に気になる所はありません。しいて言えばちゃんと使えるカップホルダーがないことでしょうか。
燃費は特に気を使った訳でもないのですが、ほぼ通勤のみの使用で12.4km/Lほど走りました。前車のシビックが9~10km/Lぐらいだったので満足しています。あと国産車と違って燃費計と実燃費の誤差がほとんどないのもイイです。
ちなみにタイヤですが確認してみたら自分のGTiもミシュランでドイツ製でした。
プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター