DAKSのポール・ウェラー

先日フィギュアスケートの中継を見ていたら、スポンサーにDAKSがついていて、そのCMにいきなりポール・ウェラーが出ていてびっくりしました。

DAKS03.jpg
DAKS01.jpg
DAKS02.jpg

DAKSっていうのは、わりとフォーマルでダンディなイギリスのファッションブランドなんですが、「反骨でいつも怒っている」ようなポール・ウェラーをイメージキャラクターに使うとはやるもんだと思いました。

ポール・ウェラーといえば、THE JAMとかスタイル・カウンシルとか知っていれば十分で、THE JAM時代の18歳のポール・ウェラーはかわいくて女性ファンも多かったのですが、歌うのがいつも怒っているようなパンクの曲ばかりで、それがまたかわいいと人気でした。パンクでありながらちょっとアイドル的なところもあったのですが、基本的にモッズとしてまじめな活動をしていたので、他のパンクバンドに比べると評価が高かったようです。

でもポール・ウェラーは50歳を過ぎてから老け方っていうか顔のしわがすごくて、年齢以上の貫禄を感じてしまいます。

私の場合はポール・ウェラーというと「C子」という女の子を思い出します。今回もまずC子を思いだしてしまいました。
この子は、「つきあっていたけど彼女ではない」女の子で、武道館や厚生年金会館とかで、友達の輪から自然にできたロックファンのサークルみたいなものの中のメンバー。友達の友達の友達のって感じの「遠い友達」のひとり。

C子はひと目見て、今で言うヲタ系って感じなのですが、イギリスのグラムロック、ニューウェーブ、パンクが好きだったせいで意気投合することが多く、よく一緒に武道館とか行ったメンバーのひとり。

特に彼女はポール・ウェラーへの思い入れが強く、なかなか来日しないTHE JAMにしびれを切らしてイギリスまで見に行ってしまったほど。

帰ってきてからイギリス土産を貰ったけど、つまらないものだったことだけ覚えていて何を貰ったか忘れてしまいました。

このときは「聞いて!聞いて!」って感じでかなりテンションが高く、
「THE JAMのギグは最高だった!また近いうちにロンドンに行く!」
って言ってたのですが、それから会っていません。

それからン十年、C子は幸せになれたかなあと気になりますが、当時からもう十分幸せだったかも知れません。

【今日の言葉】 ポール・ウェラーの老け方を見ると、あれから長い時間が経ったのだなあと思います

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター