ENGINE FOR THE LIFE AWARD 2013

明けましておめでとうございます。
ポワシー工場を話題にするブログなんかあるのかって感じのブログなんですが、今年もつらつらとクルマとアイドルとテレビと身近な話題を書いて行きますので、お暇なときにでもお読みいただければ幸いです。本年もよろしくお願いします。

さて、タイトルの通り今日もクルマの話題です。

tvkのカー情報番組「クルマでいこう!」では、毎年年末にTVK大賞を選出しています。これは「新車情報」時代からの伝統みたいなもので、COTとかRCJを意識してのこととは思いませんが、視聴者からの投票で選ぶというのが特徴でしょうか。

年末の放送でそれを見たのですが、「プジョー208の投票を呼びかけようとして忘れていた!」って思ったのは言うまでもありません。トップが1342票に対してプジョー208はわずか88票というていたらくだったのですが、得票率0.6%っていうのは、街でめったに見かけることのない確率と一致していいると言えなくもない、と変な納得をしてしまいました。

ただ、こういう人気投票で上位のクルマがいいクルマとは限らないわけで、好きだから、カッコイイから、話題性があるからという理由で得票が上がるわけで、使いやすいとか乗り味がいいとか雰囲気がいいっていうファクターではなかなか票は取れないでしょう。
しかも上位に来たからって飛ぶように売れるというわけでもないし。ゴルフやフィットは別にしてもポルシェやジャガーFタイプなんかそんなに売れるわけないし。
そういう意味では、全般的に「地味な存在」であるプジョー208が、何も呼びかけなしに88票取れたのは誇っていいのではありますまいか。

で、AWARD 2013は何だったのかって言ったら「マツダ・アテンザ」だったようです。

うーん、最近のっていうかここ10年ほどのマツダ車は苦手です。あのつり目で口を開けたようなデザイン、特にフロントグリルのデザインは、かつてのマツダRX-3のデザインが復活しているのではないかと思わせてしまいます。
いや、マツダ車のデザインは全般的にはかっこいいと思います。しかもエントリーモデルから最上級モデルやSUVまでデザインを統一したアイデンティティで確立しているのは、さながら欧州メーカーのようです。
その統一性はすさまじく、全車種でデザインアイデンティティがしっかりしすぎていて、どれがどのクルマだかわかりません。アテンザとアクセラは名前からしてややこしいし区別がつきません(^_^;)

ただ、展示車に乗り込んだ瞬間がっかりするのです。低いシートで窓が小さく、ダッシュボードは黒くて包まれ感というより圧迫感を感じてしまう。私だけかも知れませんが、乗るだけで気分が「暗く」なってしまうのです。

マツダ車のデザインアイデンティティは「スポーティ」なんですが、そのせいか全般的にロングノーズショートデッキというちょっと古典的な雰囲気を持っているのですが、じゃあクルマはスポーティが一番なのかっていうとクエスチョンマークです。
「かわいい」「使いやすい」「エルゴノミクス」「とにかく広い」などクルマのキャラクターやコンセプトはいろいろあるわけで、軽自動車の家電化を見るまでもなく、今はスポーティがもてはやされる時代ではないと思うのです。

車内が低く狭く暗いのも、スポーティだからそういう演出になっているっていうのならそれはそれでいいのですが、市場としてはニッチなところを狙ったと言わざるを得ないし、プジョー208の使いやすさを知ってしまった以上、マツダ車のこういうところは受け入れることはできないと思っています。

ただアテンザを始めとするマツダ車は、デザイン力とエンジン技術、サスペンション技術は相当なものを持っているので、もっと別のコンセプトで行けば独自の素晴らしいクルマが作れると思います。

【今日の言葉】 あと120票獲得して「208票」だったら楽しかったのに

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

明けましておめでとうございます。

その88票の中には自分の1票も入っています。(^^)
208と208GTiで票が割れてしまったのが残念ですね。
もっとも、両方足しても264票だったので、それほど上位には行きませんが。(^^;

乗ると、いい車なんですけどねぇ。
スペックや外観だけで判断されると厳しいんでしょうね。
かく言う自分自身も、実車を見て試乗するまでは、それほどいい印象を持ってなかったので。

いよいよ、新しいパワートレーンが発表されたみたいですね。
ヒルスタートアシストとアイドリングストップが付いた点は評価されるでしょうけど、シングルクラッチのセミATがどれだけアピールできるのか、ちょっと心配です。

Re: No title

明けましておめでとうございます。
こんなブログですが今年もよろしくお願いします。

>その88票の中には自分の1票も入っています。(^^)
おお、投票なさいましたか。私は忘れてしまいました。でも88も良い数字ではあります。
両方足して264ってことは、208GTiはけっこう入ったんですね。
っていうか205以来のGTi復活だったから、話題性から言ったらもっと入ってもよかったのかも。

そうですね。プジョー208は実車にさわらないとわからない良さが多すぎます。
写真で上質で独特なデザインの内装を気に入り、CGTVやクルマで行こうのインプレでさらに気に入り、アリュールの1.2Lではどうかなって思ったけど、実車試乗では全然問題なくっていうか期待以上によく走るし、ハンドリングが素晴らしかったので即契約してしまった次第。もうあれからそろそろ1年になります。

ヒルスタートアシストとアイドリングストップが付くんですか。これが付けば使いやすさと燃費が大幅に向上しますね。
ただシングルクラッチセミATは、1007のS君もトラブルに悩まされたって話を聞いているのでちょっと心配ですね。ってマニュアル車オンリーだからあまり気にしていないのですが。

ただバリエーションが増えて販売数が増え、街でちょくちょく見かけるようになればうれしいかなと思います。
今はたまに見かけると、ドライバー同士で目が合ってしまうほど珍しいですから(^_^;)

Re: Re: No title

ちょうどはむおさんへのレスをアップしたときのネットの広告がプジョー208でした。
新しいPureTechというやつ。

プレミアムとシエロが1.2Lになって、5速ETGがついて、アイドリングストップがついて、軽量化して、ってことでかなり変わった印象。
って黒いリアスポイラーがなにげにかっこよかったりします。

いよいよアリュールもMTがなくなったのかって思ったら、ラインナップには残っているようです。
が、リアスポイラーがなかったりと、ひょっとして旧モデル在庫のみの扱い?って感じです。

ただ日本ではATモデルが基本だし、パドルシフトとかついているので、その点ではすごく「日本仕様」っぽいので受け入れられるのではないかと思います。

1.2LのEB2 VTiエンジンは燃費がいいのですが、信号待ちが苦手だったので、アイドリングストップはかなりうれしいのではないかと思いますよ。
うちのアリュールにはついていませんが、その気になればエンジンを切ればいいだけの話なわけで(笑)

プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター