ドライブ・バイ・ワイヤ

プジョー208のスロットルシステムはドライブ・バイ・ワイヤという技術を使っているそうです。

つまり、アクセルペダルとスロットルがワイヤーケーブルで直結ではなく、電気信号線でつながっているってことだそうです。「ワイヤ」っていうワードがややこしいのですが、要するにアクセルペダルの踏み量をデータとして電気信号でスロットル量に変換して空気の流量を制御する電子制御になっているわけで。

p208-abc01.jpg

ワイヤーケーブル直結と違うのは、アクセルの踏み量を単にスロットルの開度に変換するだけでなく、それを情報としてバルブタイミング制御やインジェクタの燃料噴射量に活用し、出力と燃費の最適化を図っているようです。

クルーズコントロールを使用したときの「超低燃費っぷり」は、この電子制御スロットルが最適な開度を調整していたからなのですね。

そういうドライブ・バイ・ワイヤのスロットルシステムなので、アクセルの電子コネクタに中継させる改造パーツが販売されているようです。スプリントブースターとかいって、主にアクセルレスポンスと出力を改善させるというふれこみ。

仕組みは単純なようで、アクセルペダルの踏み量情報のゲインを変えたりして「増幅」して出力しているものと思われます。

確かに簡単にスポーティなチューニングが可能なような気がしますが、アクセル開度情報がエンジンやその他のシステムに利用されていることを考えると、クルマというシステム全体のバランスを大きく損なう可能性があり、ちょっと恐くて手が出せません。
それこそエンジンの異常高温とか排ガス規制に不適合とか副作用が心配されます。

でもそういうことも含めて、考えてみれば技術的にすごい時代になったなあと思います。
こういう仕組みってジェット機のフラップ制御ぐらいしか知らなかったもので。

【今日の言葉】 ステアリングも手応えが変わるのでバイ・ワイヤかと思ったのですが、こちらは違うようです

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ステアリング・バイ・ワイヤは来月発売される新型のスカイラインに搭載されますね…国内発売前に米国でリコールなってますが(^^;)
ギヤボックスが不要になるなどの理由でコンパクト・軽量化が可能なのでメリットは多いようですが、電気信号で繋ぐという事で何かあったときに操舵できなくなる可能性もあるのでメーカーは慎重になっているみたいです。

クルコンvs足で燃費は±0.2km/Lとそれほど変わらない値を叩き出すことは何とかできましたが、同じ回転数・速度でも瞬間燃費は明らかにクルコンの方が高かったですね(^^;)

Re: No title

ひろさん、こんばんは。

発売前リコールって、確か軽自動車DAYZでやったはずで、また日産ですかって感じです。

ただ、ステアリング・バイ・ワイヤは、路面からの情報をステアリングに伝えられるのかちょっと気になります。
まさか、昔のゲームセンターのリッジレーサーみたいにステアリングの「反力を作る」なんてことはしないでしょうね(^_^;)
そういう意味ではどんな出来なのか気になります>ステアリング・バイ・ワイヤ

「クルコンvs足」というバトルには受けました。
はなから足ではかなわないと決めつけていたので、こういうバトルは思いつきませんでした。
っていうか、足>アクセル開度>インテーク空気流量>燃料噴射量に対して、速度から算出した空気流量>燃料噴射量っていうロジックの短さでは「足」はかなわないと思っていましたから。
それにしても、対クルコンで±0.2km/Lは大したもんです(^o^)

プジョーのクルコンは本当に便利です。
プジョーでは基本的にMTも含め標準装備らしいですが、ドイツ車とかはついているんでしょうか。


Re: No title

確かにステアリング・バイ・ワイヤはどれだけの情報をフィードバックしてくれるか非常に気になりますね。私は208に始めて乗ったときに電動パワステですら違和感覚えた位だったので(^^;;

クルコンと戦う為にはどれだけ燃料カットを働かせる事ができるかがポイントになりますね。かなり早く燃料カットが行われるから可能な技なのかもしれません(笑)

ドイツ車で208の比較対象として最適なVW PoloだとBlueGTのみがクルコン付いてるみたいですね。Golf7でも付いていないグレードもあるようです。この辺はお国柄なのかもしれませんね。

Re: Re: No title

ひろさん、こんばんは。

先のモーターショウでもそうですが、自動車技術の方向性として、燃料電池車や自動運転やエマージェンシーブレーキなど結構なのですが、「クルマが楽しくなるような技術じゃない」のが残念です。このステアリング・バイ・ワイヤもそんな予感がします。

エコだ安全だと言っているうちにクルマがどんどんつまらなくなる。これって問題ですよね。

かと言えば、こんなコンセプトで楽しいクルマを作りますなんて言って、レクサスLFAレベルのスポーツカーだったりする。こんなもの買えないしって。

どうして普通のクルマでパワーはそこそこだけど、きびきび走って楽しいってクルマを作らないんだろうって思います。
だから輸入車への関心が高くなっているのかも知れません。
だからこそアリュールの5速MTは残した方が良いかと。あるいはプレミアムのMTを出して欲しいところです。

そうだったんですね!

初めまして。
今は2016年式のアリュール(6月納車)で"しし車"ライフを楽しんでおります。
208の先輩として、ざがあとさんのブログをよく拝見させて貰っています。
因みに、昔は若気の至りで中古の406クーペに乗っていました。ピニンファリーナのデザインに憧れて。
あの頃のクルコンは、アクセルペダルが"勝手に"動いてましたが、208は動かない!
…って事はバイ・ワイヤーだったんですね、プジョーのくせに♪
って事は気筒休止も可能?

余談ですが、最近の飛行機はフライ・バイ・ライト(光ケーブル)らしいですよ。
車もそんな自体が来るのかもですね。

Re: そうだったんですね!

crosscircleさん、こんばんは。初めまして。

6月納車のアリュールってことはピカピカの新車ですね。1ヶ月の点検を終えたところという感じでしょうか。
ターボでアイシンAWの6速EATで、しかもアリュールは内装が上質なので、これまた上質な猫足の乗り味を楽しんでらっしゃると思います。

406クーペはTVKの新車情報かくるまのツボかで見た覚えがあります。
406のセダンとは別物の、まさにピニンファリーナの「もっとも美しいクーペ」だったようです。
クルコンでアクセルペダルが動いていたってことで、アクセルのワイヤーハーネスを動かしていたんですね。

プジョー208のアクセルのバイ・ワイヤーは、おそらくボッシュのエンジントータル電子制御の一部だと思います。クルコンだけでなく、チョークとかエアコンオン時のアイドル制御とか全部やっている感じです。っていうか今はそういうものみたいです。

そういえば20年ぐらい前ですが、エンジンユニットとその他のユニットをLANで繋ぎたいけどできますかって相談を受けたことがあります。そんなことを言ってくるのはおそらく日産だろうって笑ったのですが、TCP/IPでやる必要あるの?OSI参照モデルに準拠する必要があるの?って回答したらそれっきりでした。
ただ日産は「自動車制御ネットワーク」とかキーワードをバズってカタログに載せていましたが(^o^)
現在のその辺の技術はボッシュが握っているようですね。専門じゃないので思いこみかもしれませんが。

>余談ですが、最近の飛行機はフライ・バイ・ライト(光ケーブル)らしいですよ。
>車もそんな自体が来るのかもですね。
コストに余裕のある観光バスとか大型トラックから採用されてくるかもしれません。
プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター