菅原文太

軽トラックなんていう低価格ゆえに相対的なコストが高い製品のCMなんてできるのはやはりスズキってことで、さすが軽自動車の雄って納得できるのですが、さらにというか菅原文太とはるな愛というギャラも安かろうはずがないタレントを使うところがまたすごく、さらにさらに「軽トラ野郎」なんていうかなりドラマ風の凝った設定をもしていて驚かされます。
恐らくスズキ・キャリーの利益ではペイしないのではないかと心配してしまうクオリティなんですが、メーカーはできるからやるわけで、そういうところも含めてスズキは絶好調なのでしょうね。

keitorayarou.jpg

「軽トラ野郎」のキャッチコピーにもあるとおり、菅原文太さんはトラックが似合うなんていうのは、「トラック野郎」の刷り込みで、CMプランナーもその辺の一般の認識をうまく使っているということなのでしょうね。

ただ菅原文太さんっていうと、「スカイライン」って思ってしまうのは私だけでしょうか。
そうなんです、昔のスカイライン2000GT-Bのカタログに菅原文太さんがモデルとして登場していたのですね。

もちろん60年代の話なのでリアルタイムでは知りませんが、「カーアンドドライバー誌」の中綴じに「旧車カタログ復刻版」シリーズを毎回やっていて、これが大好きで保管していたはずなのですが、20年以上前の話なので探したけれど見つかりませんでした。

菅原文太さんは80歳になるそうですが、まだまだ元気に「男っぽさ」で軽とはいえトラック野郎をしているようで、ちょっとその元気さにあやかりたいほどです。

【今日の言葉】 スズキ・キャリーだから、CMキャラにぱみゅぱみゅを使うかと思ったらMRワゴンで使っていましたね。スズキは抜け目ないです

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター