CPUクーラーとケースファン

毎年夏になるとPCが不安定になるので、今年こそはCPUクーラーとケースファンを新調しようと思っていました。

そういう時に、奥さんが自分のPCのファンがうるさくていやだっていうので、ケースファンを買うことに。一緒にCPUファンもということで購入しました。

CPUクーラー

ファンは流体軸受の静音系で、左が奥さん用。右の3個あるのが自分用で、8センチ用のエリアに9.5センチのファンがつけられるっていうし、1500回転ってことで静かそうなので購入。
上のでかい箱2つは、よく冷えてコストパフォーマンスが高いと話題のサイズ社製カブトというCPUクーラー。

まず奥さんのケースファンの交換。交換して電源投入したら明らかにファンのメカニカルな音が静かになったのですが、ケースのふたを閉めたらサーっという空気が流れる音が。

「全然静かになってないじゃん」って痛烈なコメント。

うーん、ファンノイズの原因は電源のファンの方にあったかも。電源のファンって交換できるのですかね。

次に自分のPCのファンを交換。日立製で奥さんと同じ機種なのですが、このところかなりうるさかったものの、同様にファン交換の意味がないのではって心配したのですが、こちらは明らかに交換のこうかがあったようです。こちらのノイズはベアリングへたりによるメカニカルなものだったので効果があったようです。ただ1500回転って風量がちょっと心配。

次にいよいよCPUファンの交換。2台買ったのは、Phenomマシン用とCore2Quadマシン用。

まずはPhenom用から。AM3のクーラー取り付けは大変って良く聞きますが、まったくその通りで苦労しました。
片方を引っかけて、もう一方をぐいと押して引っかけるのですが、ぐいと押してあと0.5ミリが届かなくて指が痛くなりました。なんとかマザーボードを壊さないように体重をかけてこなしました。
このカブトっていうクーラーの巨大さにビビリますが、アイドル状態ではほとんどファンが止まっているか、ゆるゆると動いているだけなので静かでいいです。そのせいかアイドル状態ではリテールクーラーより温度は高めになります。

次にCore2QuadのLGA775。こちらはAM3とは違って、アンカーというピンを4本ポチンを押し込むだけで簡単なので、これは楽勝って思っていたのですが、片方のアンカーが入ってももう片方が入らない。それではって入らない方から入れるとやはりその反対側が入らない。なんで?マザーボードの穴の位置がおかしいのかって思いましたが、リテールのファンは入っていたわけだし。しばらく悩んでましたが、なんとクーラーが巨大すぎて電源と干渉していりることが発覚。どういう方向に取り付けても電源と干渉してしまいます。とりあえずあきらめました。

ということでサイズのカブトが1台余ってしまいました。どうしようかな。

【今日の言葉】同じものを二つ買わないで、大小とかバリエーションで買った方が良かった。そうしようかと思ったんですがね。

スポンサーサイト

テーマ : 自作・改造
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター