日産レーシングエンジン

もうすでにご存知の方も多いと思いますが、日産、というかニスモが、ルマン用と言われる新型レーシングエンジンを発表しました。

nismo01.jpg

直列3気筒で重量は超軽量の40キロとかで、ニスモの社長が抱えている写真も発表になりましたが、40キロを軽々と抱えられるわけもないので、恐らくシリンダブロックとヘッドだけではないでしょうか。

3気筒エンジンに過給器を付けて1.5リッターながら400馬力以上ってことでさすがレーシングエンジンって思うのですが、それがこんな感じの未来的なボディに載るのですね。

nismo02.jpg

なんか既にレーススポンサーがついているようで、ミシュランとトタルのロゴが見えます。「フランス車かよ!」ってツッコミたくなるのですが、日産はルノーの子会社だからフランス系なのでした。と言っても作っているクルマはフランス車とはほど遠いのですが。

で、エンジンの話に戻りますが、なぜ3気筒?3気筒ってそんなに旬なのかって思ってしまいます。
って、3気筒エンジンが載るノートやマーチっていうクルマを欧州で売りたいから、レーシングエンジンも3気筒を採用したのでしょうか。

プジョー、フォルクスワーゲン、フォード、三菱、日産、トヨタ・ダイハツと軽を除く3気筒エンジン搭載車メーカーは多いのですが、ダウンサイジング、エコの観点からの3気筒採用はまだ始まったばかり。新型BMWの1シリーズが1.5L3気筒になるそうですが、3気筒も次の世代に入るとよりリファインされるのでしょう。
3気筒エンジンがレギュラーポジションを獲得するのもそう遠くなさそうです。

【今日の言葉】 プジョーのEB系は3気筒のパイオニアに近いですが、かなり完成度は高いと思います

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター