自動開閉キャップ

LUMIX DMC-LX7は素晴らしいカメラでありながらレンズキャップが手動という仕様の欠点を持つのですが、ユーザの間ではアフターマーケットで出回っている「LX7用自動開閉キャップ」を使うのがお約束のようになっているので早速amazonで購入。

lx7cap011.jpg

っていうか、この商品のamazonのユーザー評価を見ていると笑えるのは、この自動開閉キャップをつけるためには、デフォルトで付いているリングを外さなきゃいけないのですが、それができないがためにこの自動開閉キャップの「商品としての評価」が低くなっているっていう面白さ。使い方がわからない人が購入して使えないと文句を言っている面白さ。

まあ確かにこのリングを外すのはコツがいるっていうか、思い切りがいるっていうか「新品で購入した大切なカメラ」なんて思っている限りは外せないところがまた面白い。

レンズ回りは絞り値とか撮影サイズとかを設定できるリングがあるのですが、問題のリングを外すのに力を入れすぎると設定のリングを壊すリスクもなきにしもあらずで、そのリスクを超えないと外せないということで、LXユーザとして「試されている」みたいなとことが面白いのです。
えいやって感じでリングを外してみるとこんな感じです。

lx7cap02.jpg

で、さっそくつけてみたのですが、こんな感じででかくて「マジうざい」ですね。

lx7cap03.jpg

電源を入れる前にキャップを外したりしなくていいので便利なのですが、その動作を見ていると「割れたところから何かが出てくる」みたいで「マジきもい」です。

lx7cap04.jpg

機能的には何も問題がないものの、もっと美しく優雅に開くことはできないのでしょうか。

と思ったのですが、1時間したらもう慣れてしまいました。見ていてもうざくもなんともなくなりました。

【今日の言葉】 人間、とかく便利さには弱いものだと再認識した次第

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

…なんかプレデターとかエイリアンの口っぽい(笑)

でもアフターパーツが販売されているあたり、同じ不満の人がかなりいたんでしょうねぇ(^^;;
amazonの評価を見てたりするとたまに両極端な評価の商品があったりしてなかなか面白いですよね(笑)

Re: No title

ひろさん、こんばんは。

>…なんかプレデターとかエイリアンの口っぽい(笑)
そうなんです(^o^)
ぱかっと「割れて」レンズではない他のものがでてきそうで緊張します(笑)

このカメラは、キャップをしたまま電源を入れると「エラーになる」のですが、仕様として問題あるだろうって突っ込みたくなります。飛び出すレンズの外側にキャップがあるからなんですが、本当に不思議な設計ではあります。

わざわざエラーにする設計にするなら、そのエラーを回避する設計にすべきってのが常識だと思うのですが、エラー原因をユーザ操作のせいにしているところがすごいを通り越して面白いです。

それよりもっと面白かったのが、この自動開閉キャップのamazon評価で、問題のリングを外せなかった人の悔しさがにじみ出ていて楽しいです。
思わぬところに思わぬ面白いことが転がっていたという話題でした(笑)


プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター