PowerShot S120

前回名機と言われるLUMIX LX7を手に入れてまだひと月も経っていないし、先日は奥さん用のLUMIX XS3を買ったばかりなのですが、またデジカメを購入してしまいました。

今回購入したのが「キヤノン PowerShot S120」(S120)。これもコンデジ界では、プレミアムコンパクトとしてキヤノンの名機と言われるSシリーズの末裔っていうか最新型。

LX7を購入したときに、増税前にもう一つ揃えたいのはニコンP330だなんて言ってたのですが、XS3を購入して奥さんからニコンP300が戻ってきたのでP330を買う気にならず、っていうか現時点ではコンデジの最高傑作と言われるのががS120なわけで、この2週間価格調査を極秘(笑)に続けていた次第。

価格コムでは割と小さなネットショップが最安値を取ろうと頑張っているのですが、先週中頃からamazonやコジマが安値競争に参入。32000円台から31000円台に移行してもまだネットショップと大手amazonと量販店コジマが頑張っている。31000円を切ったところで、ああ、もうここあたりが原価割れなのだろうなと思っていたら、3月14日未明にamazon、コジマが一気に安値競争から脱落。amazonは39000円台に、コジマはなんと43000円台に大きく後退。
これは当分手が出ないなあと思っていたら、某量販店で30800円が出ていたので、これが底値と判断し購入。

s120-01.jpg

これで、ハイエンドコンデジは、ニコンP300、ソニーRX100M2、LUMIX XF7、パワーショットS120と揃い、自分的な「コンプリート」の完成です。S120はちょっと渋いシルバーもあるのですが、こうして並べてみたくて黒にこだわった次第。

s120-04.jpg

で、このS120。発表当時でF1.8で最薄ってこともあってかなり小さいのですが、表面処理が凝っていてすごく高級感があります。グリップは付いていないのですが、適度にしかもさりげなく滑り止め加工されていていい感じです。RX100M2より高級感があるかもしれません。しかも操作ボタン系は大きく使いやすく、設定メニューも使いやすいということで、「究極のコンデジ」ってオーバーな呼称でもないななんて思いました。しかもよく見たら日本製でしたし。

s120-02.jpg
s120-03.jpg

今までキヤノンのコンデジはパスしていたのですが、正直買ってよかったと思います。
こんな究極を手に入れてしまったので、やはりコンデジコンプリートとしたいと思います。

開放F値1.8のコンデジは、まだオリンパスXZ-2とか、ペンタックスMX1とかあるじゃないかって突っ込まないでください。
これらも十分魅力的なんですが、大きさ、重量、使い勝手がRX100M2とかXF7とかぶるのです。
じゃ、富士フイルムのXQ1は?F1.8で最小、最軽量だぞって突っ込みますか。いや、いいカメラなのはわかるのですが、いろいろ口コミの情報を集めてみると写真が眠いという評価があるし、個人的にはS120の方が上だと認識している次第で。

で、早速使ってみましたが、デジカメを購入して最初のショットはオートで撮ってみるのがお約束になっていて、最初のワンショットの印象が文字通り第一印象になるわけですが、S120の「まったく違和感がない写り」は10数年前に購入した200万画素のCoolPix2500以来です。
普通はどんなカメラもレンズや撮像素子、画像処理にメーカーごとの仕様があるので、、明度や彩度、シャープさ、青っぽい赤っぽいのホワイトバランスにくせというか個性があるもので、場合によっては、自分の好みに合うように調整して使ったりするのですが、S120は必要なさそうです。自分の好みに合っているってことなのでしょうね。

s120-05.jpg

とにかくこの4台をじゃんじゃん使って楽しみたいと思います。

といっても去年の7月にRX100M2を購入して以来、今回のS120まで、1年足らずでコンデジ4台って何なのって思いますが、「究極」を手に入れたのでもう買わないと思います。デジイチにはあまり興味がないので大丈夫です。

【今日の言葉】 それでも一番古いP300に慣れているので、普段の持ち歩きはこれになったりして

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

S120…F1.8+DiGiC6効いていますよね。
コンパクトなボディによくここまで詰め込んだなという感じを受けます。
昨今、コンデジでも有効画素数が2000万画素とか出ていますが、いたずらに画素数だけ上げてないあたり、カメラ界のダウンサイジングって感じです(笑)

Re: No title

ひろさん、こんばんは。

DiGiC6って、・・・マニアなのがばれましたね>ひろさん(^o^)
確かにDiGiC6は素晴らしいです。

画素数ですが、カシオがQV-10を出したときに確か25万画素で、これでは印刷すると普通の写真よりかなり小さくて使い物にならないって言われていました。当時はプロ仕様でも約100万画素だったので、このときに「画素数を上げることが高級化」という刷り込みができたようです。確かにプリントするためには画素数向上が必要だったわけでニーズはあったのですね。

でも1920のハイビジョンでさえ2Mピクセルだし、はがきサイズの2L版のプリントにも2Mピクセルで十分なんです。
6Mとか10Mとか、写真パネルとかポスターとか作らない限り必要ないってことですね。

撮像素子はコストがかかるからサイズ据え置き、それでいて画素数を上げてしまうのではコンデジもひたすら携帯カメラの画質に落ちていくのではないかと心配しています。っていうか買わないですけど。

ただスマホの時代になって、カメラの質も向上し、いろいろ遊べるアプリが出たりして、ただでさえ儲からない普及型コンデジは苦戦しているようです。だからGPSやWi-Fiをつけたりしているのですが、ここに来てコンデジも、XS3のように撮像素子はそのままに画素数を下げて画質を向上させコンデジの優位性をアピールするようになっているようで。

私が今回「集めた」ハイエンドコンデジも、RX100の2000万画素をのぞいてすべて1200万画素以下で、3年前のP300から据え置きの状態。それでいて撮像素子は大きくなっているので、いい傾向なのではないかなって思います。

クルマの世界も、燃費燃費、エコだエコだ、自動ブレーキだ、から一皮むけて、本来あるべき姿、進化に行かなければならない時期がそろそろ来ていそうですね。

※なんか長文で「3倍返し」のレスになってしまいました(^_^;)

No title

デジカメが出始めたあたりと今はかなり状況が違いますからね~。初期のデジカメなんかは性能や値段考えると写ルンですで十分じゃない?って感じでしたし(笑)
個人で普通にプリントする分には本当に2Mクラスでも十分なんですよね。オリンパスのC-2500L買って今までずっとそれで凌いできてたので。(^^;;

コンデジは確かにスマホに押されている感じですね。でも所詮、スマホはスマホで、ここぞって時にカメラ起動しなくて残念な結果になることも多い…というか私のスマホは80%くらいがそんな感じなのでコンデジ買って良かったと思いました(^^)
一般向けであれば現状の画素数を維持し、処理エンジンの高性能化で全体的なパフォーマンスアップした方がいいのかもしれません。

Re: No title

ひろさん、こんばんは。

PCの普及とデジカメの普及がリンクしていて、デジカメで撮った写真をPCで保管したり、レタッチしたり、印刷したりできるって言うのでここまで成長したのですね。

ただ、中には「PCを持っていない」っていう人もいて、写真の鑑賞はモニターで、あたかもデジタルフォトフレームのように使うとか。じゃあ写真の保存は、メモリカードがいっぱいになったらどうするのっていうと、いらない写真を消すんだそうで。
それを繰り返しているうちに、メモリーカードにはお気に入りだけのより抜き写真集ができるんだそうで。すごすぎます。

最近は「PCは使わない。スマホで十分」っていう人が増えてきて、写真の保存はスマホでやるって人も多いから、デジカメにもWi-Fiが必須になりつつあるという流れですね。

競争にさらされている普及版コンデジは、低価格で性能もかなりよくなっているので、買い得だと思います。

逆にPCなんですが、スマホに押されているところにきて、Windows8の評判の悪さ。そろそろ終わるのかってまんざら冗談でもなさそうに聞こえるところが怖いです(^o^)

プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター