ダイヤモンド富士2014

私の住んでいるところで春のダイヤモンド富士が見られるのは4月上旬で、ちょっと話題としては遅くなってしまったのですが登場です。

4月から会社の始業と終業が10分シフトして17時20分が定時になりました。
ちょうど定時になったときに席を立ったら、自席から富士山のシルエットが見える。そこを太陽が沈もうとしている。

おお、ダイヤモンド富士だ。

ってわけで、部下に声を掛けたら「うわ、きれいですねー。ダイヤモンド富士って言うんですか」
ってお前知らないのかよと驚きました。

二人で美しさに感動しながら、私はカメラを取り出して撮影。

dfuji1401.jpg
dfuji1402.jpg
dfuji1403.jpg

「へえーカメラ持って歩いているんですか」って言われたけど「ああ、桜も満開ですしね」なんて納得していたようで。

ただ職場は、っていうと私ら二人以外は特にダイヤモンド富士なんか興味がないようで、定時後の休み時間をデコ寝とかして過ごす人ばかりでちょっと悲しかったです。
もう明日には見られないかも知れないのに。

実際次の日からしばらく天気が悪く、次に夕日が見られたときはかなり富士山からずれていました。
やはりダイヤモンド富士が見られるのはラッキーなのです。

【今日の言葉】 ああ、今年の春もダイヤモンド富士が見られました。満足

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

会社から富士山が見えるとは、素敵な職場ですね。

いつも当たり前に存在していると、ついついその有難さを忘れてしまいがちです。
私も瀬戸内海(と家族)を愛していきたいと改めて思いました。

Re: No title

ぶーちゃんさん、こんばんは。

>会社から富士山が見えるとは、素敵な職場ですね。
神奈川西部で田舎過ぎてよく富士山が見えるだけなのですが、それ以外で素敵かどうかは微妙です(^o^)

確かにおっしゃるとおり、住んでいるあたりでは富士山ほど珍しくないものもないので、ありがたさが薄れているようです。
東京出身なので、東京23区ではほぼ全域で富士山は見えるのですが、空気が悪いので天気のいい夕方でないと見えなかったりしますが、見えるだけでありがたかったりします。なので東京には各地に浅間神社とか富士塚とかあって、富士山信仰が根強いようです。
「富士見」という地名が多いのも富士山を愛していた証拠でしょう。

こちらに引っ越してきて、富士山の大きさと「仰角」の大きさに驚きました。東京よりはるかに高い位置に富士山が見えるわけで。
歴史的にもこうしていつも富士山に見守られて暮らしてきた人が富士山を信仰していたのだなあと納得できます。
私も富士山に見守られているんだと思うことにします。そう思うと気分だけですが、ちょっとうれしいですね(^_^)
プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター