マツダ車

ここのところマツダ車が増えていると思いませんか。
カーオブザイヤーを取ったSUVタイプのCX5やワゴンタイプのアテンザとかよく見るような気がしますが、それよりデミオ(マツダ2)がやたらたくさん走っている印象。各メーカーの量産車種のBセグメント車だから当たり前なんですが、ヴィッツ、フィットが多いといいつつもデミオも何をこしゃくなって感じで走っています。

ヴィッツ、フィットがどんどん新型に切り替わっているのに、モデル末期と言われるデミオの健闘がわりとすごいのではないかと思います。フィットが団塊中心のおじさんたち、ヴィッツが40代以上のおばさんたちっていうユーザーイメージに対して、デミオは30歳前後の比較的若い女性が多いような印象。流線型のデザインの美しさ、グラマラス過ぎないスマートなデザインが若い女性に人気なのかもしれません。

demio2.jpg

私もマツダ車はコストがかかったいいデザインだなあとは思うのですが、窓のエリアが小さかったり、使い勝手よりデザインを優先したようなところがあまり好きではありません。
それより、前にも書いたことがあるのですが、マツダ車の内装が嫌いで乗ると気分が暗くなるのです。どうしてでしょうか。着座位置が低いからかなって思います。包まれ感より閉塞感が強い。

それでもデミオがよく売れているのは、スカイアクティブっていうエンジンテクノロジーのおかげかもしれません。
ロータリーエンジンやミラーサイクルエンジンを量産化した技術を持つマツダなので、エコに対してもエンジン技術で切り開こうってわけですね。結果的に、余計なものを積むハイブリッドよりコストダウンが図れ、しかも手頃な価格で提供できるっていう戦略が成功している感じです。

デミオはそろそろ新型に切り替わるのですが、新型はディーゼルを日本でも導入するとか。ディーゼルっていうとネガティブキャンペーンのせいでイメージはあまり良くないのですが、「クリーンディーゼル」って言葉を変えるだけでかなり印象が変わるから不思議です。この1.5Lのディーゼルエンジンは、ちょっと台風の目になるかも。新しいカテゴリになる可能性は十分にあります。
ハイブリッドの燃費がいいって言ってもガソリン車であることは変わらず、ガソリンが増税その他でより高騰化し距離単価が上がるとディーゼルの時代が来るかもしれません。少なくとも欧州はそういう経緯があったわけで。
デミオディーゼルがある程度成功すれば、待ってましたと欧州勢のディーゼル攻勢が始まるでしょう。プジョーだけでなくVWやフォード、ルノーなんかもディーゼルのBセグを持っているから。しかも経験豊富だし。

電気モーターを使ったハイブリッドはガラパゴス化の状態なので、それに頼っていては国際舞台で戦えないというマツダの企業判断があってのことなのでしょう。欧州のキモチ、北米のキモチ、アジアのキモチ、インド・中国のキモチという「市場」調査によってそういう戦略になったのかもしれません。トヨタ・ホンダ・日産を追うだけでなく、独自のポリシーでそこまでやらないとだめだってことなのでしょう。

マツダ車は日本国内ではまだまだマイナーだけど、国際的にはわりとビッグなのかも知れません。
それにようやく気づいたのか、日本でもじょじょに販売を増やしているようです。

【今日の言葉】 ドイツ人は日本車が大嫌いなのですが、マツダ車だけは別で評価が高いらしいです
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは。お久しぶりです。

確かに、マツダ車は欧州での評価は日本車の中では高いほうですね。
特に欧州ではマツダ3と呼ばれているアクセラは評価高いみたいです。
同じCセグメントの他車との比較テストではよく登場します。

日本のCMでは欧州カーオーブザイヤー2014で第3位とかやってますけど、知らない人はそれで凄い!って思うかもしれません。
ただ、実在のつけられた点数で見ると、1位のPeugeot308がかなりの大差をつけて圧勝しています。

日本車が1位を取る日はくるんですかね。

Re: タイトルなし

隼さん、こんばんは。お久しぶりです。

欧州の日本車評価を見て驚くのは、トヨタでもホンダでもなくマツダの評価が高いこと。ゴルフをコピーした言われる323で、何か欧州の人の好みを掴んだのかも知れません。
ドイツ人が、シュコダを買うならマツダがいいっていうのを何かで読んだことがあります。

プリウスは欧州でもカーオブザイヤーを取ったらしいですが、電気モーターとのハイブリッドを量産したからで、クルマとしての評価はいまいちとか。欧州としてはボディが大きすぎるのかも知れません。アメリカンサイズだから。

どうも欧州と日本ではクルマに求めるものが大きくずれているような気がしてなりません。
それでも「日本車が世界一」って言ってはばからない人がいるのが不思議です。
少なくとも衝突安全性とか高速快適性とかは欧州車にかなわないはず。

2014年の受賞車プジョー308は日本導入が今秋とのことで楽しみです。もちろん見に行きます。見に行くだけですが(^o^)

No title

マツダのお膝元に住んでいるので、よく見かける以上の、そこら辺にいる状態です。
クルマを買い替えるときに、デミオも候補に挙がったのですが、あまりにもいっぱい
走っているので、やめました。

クルマ自体はよくできていると思います。
会社の社用車がデミオですが、全体的なバランスが良く、スピードこそ出ませんが、
コーナーはクイクイ曲がっていきます。

新型はCX-5から続くスカイアクティブデザインですが、あれは今一つ心に響きません。
走りを演出する内装らしいですが、デミオはポップなジャンルも担っているので、
思いっきりカラフルな内装も採用してほしいです。

Re: No title

ぶーちゃんさん、こんばんは。

やはり広島方面ではマツダ車が多いって本当なのですね。

現モデルのデミオは発売になったときに見ました。まさに上の写真の「カメムシ色」のデミオ。
このデミオになったときは、ずいぶんプジョーに似ているなあと思ったのですが、雰囲気は今見ても似てますね。
ただ内装が残念で、センターコンソール周りがなんかカエルみたいでがっかりした覚えがあります。

でもいいクルマであることは確かで、スイフトスポーツかデミオスポルトにしようかなって思っていたほど。
ただ迷っているうちにだんだんモデルが古くなってしまって選べなくなった感じです。

今は全然会っていませんが、秋田に親戚がいて、大のマツダファンで、クルマを買うならロータリーにしろって高校生ぐらいのときから言われていました。ってもうロータリーのマツダ車はないし(^o^)
ただ大学時代に機械実習でロータリーエンジンの分解組立てをやったのですが、構造のシンプルさっていうか部品点数の少なさに感動しました。
これを作ってしまうマツダはすごいと思いました。

マツダというメーカーは日本だけでなく世界的にも貴重かなあと思います。三菱と対極のいいメーカーだと思います。
今度発表するデミオディーゼルだけでなく、ハイブリッドだけではない、環境性能のオルタナティブ・ソリューションを見せて欲しいです。

っていうか、カープの選手の車はほとんどマツダ車って本当なのでしょうか(^_^)
プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター