ブラジル仕様プジョー208

ちょっと古い記事のようですが、「car.blog.br」というブラジルのサイトでプジョー208の紹介記事を見つけました。リンクはこちら
さすがにポルトガル語は読めないのですが、例によってフィーリングで読むと少しだけなんとなく理解できます。
内容はブラジル仕様の「プジョー208アクティブ」の紹介ですが、見ていると日本仕様のアリュールとかなり違うのが興味深いです。っていうか、アリュールより廉価仕様なのですが、これがわりといいなと思わせてくれたりします。

br208-01.jpg

正面顔で気になるのは、日本仕様の眉毛のようなLEDチューブは使っていないところ。ヘッドライトもプロジェクターではなく普通のハロゲン球のようです。でもこれはこれでいいかもって思ったりします。
フローティンググリルもなんか小さめで、上下に小さいのか、グリル下の隙間が大きいようです。日本のナンバープレートだとグリルに被さってしまうようです。
フォグランプはもちろん装備されていなくて、アクセント扱いになっているようで。
上半分だけカラードされたサイドミラーがちょっとおしゃれで、フロントビューが犬に見えてくる「犬の耳感」がたまりません。

br208-02.jpg

サイドビューは、窓下のクロムメッキモールが省略されているだけで、それほどグレードによる格差を感じさせません。
タイヤは15インチっぽいのですが、スチールにホイールキャップでも割とデザインがいいのでかっこいいようで。
リアドアのウィンドウがスモークじゃないのですが、スモークなのは日本とか欧州仕様だけみたいです。

br208-03.jpg

リアウィンドウもスモークではないので、こんな感じで「丸い窓」が丸出し。これはこれでかわいくもありますが。
でもこの角度から見ても、プジョー208はあまりグレード格差を感じさせないのはすごいと思います。

br208-04.jpg
br208-05.jpg

ブラジル仕様アクティブの内装です。ライトグレーのアクセントがいい感じです。明るくおしゃれな感じ。シートもテップレザーとかでなく普通の布製なんですが、内装のライトグレーとコーディネートされていておしゃれです。
タッチパネルではなく1DINパネルになっているのでですが、ダッシュボードがすっきり広々という感じで悪くないです。

このブラジル仕様プジョー208アクティブは1.5Lエンジンのようです。プジョーに1.5Lなんてあったのですね。
燃費はガソリンで都市モード11.6㎞/L、郊外モード14.3㎞/L、エタノールで都市モード8.0㎞/L、郊外モード9.6㎞/Lということで、計測モードが日本と違うので何とも言えませんが、悪くはないようです。ディーゼルの導入はなくて、ガソリンとエタノールであるところがブラジルっぽいです。

これだけ力を入れて紹介しているところを見ると、このアクティブグレードがブラジルではプジョー208のボリュームゾーンとなるのでしょう。けして高級ではないが、基本がしっかり作られていておしゃれなクルマであることがわかります。
ただ、ブログのタイトルにもあるように、このアクティブが39990レアルって現在のレートで日本円で180万ほどなので、これが安いのかどうか微妙な感じです。

【今日の言葉】 このアクティブは、フランス本国では一番下のアクセスに相当する仕様のようです
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター