プジョーワールドツアー

プジョー小田原のスタッフブログで、毎度おなじみの「影武者O」こと太田さんが「PEUGEOT World Tour」の紹介をしていました。リンクはこちら

プジョーイタリアが企画したツアーで、2008で世界を回るキャンペーンらしいですが、太田さんの記事にツアーの2008の写真がありました。

これを見てびっくりしたのは、すごく安いグレードであったこと。

2008は、日本仕様ではプレミアムとシエロがあるのですが、このツアーのグレードはプレミアムより3段階ほど低いグレードではないかと思ってしまいます。

アルミアロイホイールではなくスチールだし、タイヤも65が70っぽいし、フォグランプもついていなさそうだし、ドアハンドルに塗装がなく黒いまんまで、ドア下部のメッキモールも付いていません。
もちろんルーフレールなんかもなくて、ツーリング用のキャリアーが付いています。ってこれはツアーに合わせた仕様なのかも知れません。

この夏休みはインドアで過ごし、暇なので世界中のプジョーのディーラーとかユーザー情報とか見ていたのですが、そこでわかったのは、「日本仕様のプジョー車は上位グレードしかないのだな」ということ。
どこの国も一番売れ筋は「スタイルより下」のグレードで、アクセス、アクティブが普通に売れまくっているようでした。
っていうか、プジョー208はそういうクルマなんだということで。それを贅沢に乗れる日本のユーザーは恵まれているのか、わかっていないのか(^o^)よくわかりません。

今回のイタリアプジョーのこの2008を見ると、ああ、こういう風に「普通の道具として使うのもカッコイイな」と思ってしまうのは私だけでしょうか。

【今日の言葉】 それにしてもこの2008は、日本のライトバンレベルの仕様のようで、最初はビビリました(^o^)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは。お久しぶりです。
プジョー小田原のブログの写真拝見しました。
確かにカッコいいですね!
商業用とか日常の道具として使っているような安いグレードなのに、国産車みたいにダサくなくて、普通にカッコいいと思います。
フランス車のデザインの質の高さを感じます。

Re: タイトルなし

隼さん、こんばんは。お久しぶりです。

そうなんです、「働くクルマ」「道具としてのクルマ」がプジョーだったりすると何気にかっこいいのです。

その昔、東京の実家の近くのクリーニング屋さんのクルマがシトロエンHバンでした。
これがむちゃくちゃかっこよくて、バネットとかタウンエースが情けなく見えます。

ただ、クリーニング屋のおじさんは、このクルマは運転しにくいし、故障が多いなんて言ってましたっけ。
それでも輸入車のバンにのるなんて、それだけでかっこよくてしかたがありませんでした。
目立つクルマなのでお店の宣伝にもなっていたようです。

それなのに今は軽のバンばかりで寂しい限りです。
プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター