桜三月散歩道

今日は午後からカラオケに行ってきました。

例によってJさんのお父さんが作詞したこの曲を歌ってきました。

通信カラオケは曲のシーンに合わせて(おそらく曲の属性に合わせて)映像を組み立てて配信しているのですが、今日の機種であるDAMは素朴な映像がとてもいい感じでつい撮ってしまいました。

DAM

田舎の高校生が川の流れを見ながらラムネをのんで談笑というシチュエーション。

三つ編みおさげに学帽ってとても現代と思えないので「回想モード」なのかもしれません。

この曲は個人的には定番なのですが、なぜかDAM版は途中で「せりふ」があってびっくりします。
しかも結構ながくてまたまたびっくりします。
井上陽水のオリジナル版にはせりふはなかったと思いますが。

【今日の言葉】 せりふも含めて長谷先生が作詞されたのでしょうか
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

そのはずです

選曲ありがとうございます。

あの歌の場合、どのレコードに収録されているものがオリジナルか
というのは考え方で違ってきますが、やはり井上陽水のLP「氷の世界」ではなく
赤塚不二夫"無"責任編集の雑誌「まんがNo.1」の付録ソノシート
に収録されているものがオリジナルでしょうね~。

で、「セリフ」はそのどちらにも入っていて父が作詞したものです。
「セリフ」はLPでは短くされてしまっているのですが、ソノシートでは長い。

なのでカラオケでもし長いバージョンが流れているとしたらかなり驚きですね。

付録ソノシートのオリジナルバージョンが流通したのは、ソノシート以外だと
つい2年くらい前に出たまんがNo.1の復刻版に付録でついてきたCDくらいのもので
ほとんど世の中に出ていないはずだからです。

あれ?付録のCDどこにしまったかな…(笑)
昨日で引っ越しして一年なのですが、引っ越しあとすぐ
1ヶ月半出張に出てしまったので、嫁さんがCD、DVDを整理してるんです(笑)
あとで探しておかないと…

Re: そのはずです

「Jさん」どうもです。

井上陽水の持ち歌としてオリジナルは「氷の世界版」だと思っていますが、「まんがNo.1」があるというのは何かで聞いたことがあります。ただそのときは「同じもの」という認識だったのであまり気にしなかったのかもしれません。

> で、「セリフ」はそのどちらにも入っていて父が作詞したものです。

あ、やはりそうでしたか。

> なのでカラオケでもし長いバージョンが流れているとしたらかなり驚きですね。

DAM収録の曲は、せりふが約30秒で、学校から帰ると白いシャツを着て、工場のようなところに集まって影ふみをするっていう内容なので「氷の世界版」なのでしょう。

> あれ?付録のCDどこにしまったかな…(笑)
> 昨日で引っ越しして一年なのですが、引っ越しあとすぐ
> 1ヶ月半出張に出てしまったので、嫁さんがCD、DVDを整理してるんです(笑)
> あとで探しておかないと…

機会があったら是非聞きたいですね~。

といいつつ、「氷の世界」のアルバムって「捨て曲」がないほどの井上陽水の代表作なので、MP3にしていませんでした。つーか、ほとんどの曲がフォークギターを始めたころの練習曲で、今でもコードが体に染み付いているほど。陽水の曲はAmで始まる曲が多く、それとE7、F、C、G、Dm7あたりを覚えればほとんど弾けちゃうんですよね。吉田拓郎の「C」基調の曲と対照的。
LPは持っているのですが、ちょっと探すのが大変すぎ。プレーヤーも出さなきゃならないし。

ただ、桜三月散歩道・氷の世界版には「せりふ」があったようです。

あのセフィーロの「お元気ですか」の声であのカラオケのせりふを聞いた覚えがありますし。

【今日の言葉】 今度カラオケに行ったら3回は歌おうかなと思います
プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター