PowerShot G7 X

ドイツはケルンで2年に一回開催されるフォトキナっていう展示会があるのですが、名前の通り写真関係の展示会、商談会だそうで、デジカメ関係の新製品もこの展示会でワールドプレミアするケースが多いようです。

ことしのフォトキナで、特にキヤノンで期待したのは「S120の後継機」です。
S120は、おそらくこのサイズ、この重量ではベストなコンデジと断言してはばかりません。ニコンはP330/P340とかあるのですが、使い比べてみると周回遅れでS120がいい。ニコンはやっと「前モデルS110に追いついた」という感じですから。

PowerShot Sシリーズのモデルチェンジは9月か10月なので、いよいよ「S130」がフォトキナで発表になるかと思いきや、発表になったのは「G7 X」という「Gシリーズ」の方でした。
Gシリーズはすでに「G1 X Mark II」と言うのが出ていて、大きな撮像素子はいいのですが、ボディがミラーレス一眼なみに大きい。これがコンパクトデジカメと呼べるのかという本格さで、手にした瞬間買う気が失せました(^_^)v

じゃあ「G7 X」はどうなんだって思ったら、Sシリーズのようなデザインでコンパクトにまとめている。撮像素子は1型で2020画素とか。
デザインがS120と同系なので、これがS120の後継になるのかなって思った次第。

canon_g7x2.jpg

キヤノンの製品だし、スペックを見るだけですごくいいカメラなのがわかるのですが、1型撮像素子で2020万画素って、ソニーのRX100系とまったく同じです。キャノンは撮像素子を内作しているはずなのですが、ひょっとしてソニーから購入しているのではないかというほどスペックが似ているのが気になります。似すぎていてRX100ユーザーは期待していいのかよくないのか困ると思います。

レンズはキャノンらしい良いレンズのようで、望遠側でF2.8はとんでもなく明るい。ひょっとするとRX100のカールツァイスよりいいかも知れません。でも「ヴァリオゾナーT*」っていうのはブランドだから、これじゃなきゃだめな人はだめなんです。

ただS120の後継と呼ぶには微妙なのが、本体が厚く、重くなっていること。バリアングル液晶とかもついて、ほとんどRX100M2と同サイズ同重量という感じ。
なんだよ、キヤノン製のRX100M2かって思うのですが、まんざら的外れな指摘でもなさそうです。

でもやはり、基本的にSシリーズとGシリーズはコンセプトが違うので、G7 Xは、デザインこそ似てきたもののS120の後継ではないのかも知れません。
少なくともRX100M2を持っているとこのG7 Xには食指が動きません。
ということで、S130が出てくるのを楽しみにしたいと思います。

【今日の言葉】 RX100はミラーレス一眼EOS Mに負けない良いカメラだと思います。弱点はマクロだけです(^^;)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター