リコー GR

以前デジカメカテゴリの記事で、リコーGRの購入は来年の夏以降かななんて書いたのですが、勢いで購入してしまいました。衝動買いというのかも知れません。

来年5月で発売2年になるので、そろそろ次期GRである「GR6」が出る頃になれば現行の「GR5」は6万円を切るだろうなんて思っていたわけですが、某量販店で付加されるポイントを入れると実質56000円ぐらいになるのであわててというかすっとというか気がついたら購入してしまった次第。しきい値を越えると自動的に動作するプログラムみたいなものです(^o^)

ricohgr01.jpg

カメラについてそれほど詳しくもない私なんかが言うのも口はばったいのですが、このGRは究極のコンデジだと思っています。デジイチの主流であるAPS-Cという大型イメージセンサーをこの小さなボディに詰めただけでもすごい。

イメージセンサーの大きさだけなら、ソニーのRX1というコンデジがフルサイズセンサーを採用しているのですが、大きな筐体と20万を超える価格は気軽に文鳥や花を撮ったりするには大げさすぎ。RX1はマニアの持ち物で、私が言うコンデジの範疇にありません。
最近LUMIXのLX100というフォーサーズセンサーを搭載したコンデジが出ましたが、LX7を持っているので食指が動きません。

このGRが出た頃、ソニーのRX100が安くなるのを待っていたのですが、コンデジではRX100が最高って思っていたのにこんなの出しちゃってって思ったのですが、発売当時は10万円近くしていたので視界から外れました。その後RX100の方は、7月モデルチェンジでマーク2になって75000円で発売になり、10%引きの67500円で購入。マクロは苦手なものの、RX100は価格以上のパフォーマンスがあったことはこのブログでも紹介しました。
その後GRの噂をちらほら聞きましたが、どうやらRX100以上らしいってことでずっと気になっていました。

と言いつつも、このGR、購入して実際に手にしてみると意外に軽く「紙でできているんじゃないの」ってほど重量感がありません。滑らない大型グリップは良いのですが、ゴムのニオイぷんぷんでチープ感丸出しという感じ。
軽いのは筐体にマグネシウム合金を採用しているからで、十分お金をかけているのはわかるのですが、伝統のGRデザインが古めであることと、仕上げが今ひとつという感じで、標準価格が10万円するわりには他社のハイエンドコンデジのクオリティレベルに達していないのが残念。

ricohgr02.jpg

とはいうものの、操作面のボタン類を見ればわかるとおり、銀塩時代のGRからの伝統を踏襲した操作性は凝っています。
エフェクトボタンなんかボディ左側面にあるし。他社なら「画面のメニューに追加」って感じでソフトウェアで片付けてしまう機能もちゃんとボタンで独立させたりしているのは、手間とお金が掛かっていてクロウト好みなのでしょう。

操作は、起動もAFも高速にさくさくと動きます。
ちょうどGRの少し前に「ニコンクールピクスA」というGRとよく似たASP-C搭載単焦点レンズコンデジが出たのですが、大型センサー採用によるAFの遅さがネックとなって人気がいまいちとか。
GRは筐体の軽さと動作の軽快さがマッチしていて使っていて気持ちいいです。ちょうどプジョー208アリュールみたいな感じで(^o^)
シャッター速度・絞り優先AEとかフルプレススナップとかGR独自の機能も多いので、楽しみながら使っていこうと思います。

カメラは大きくて重いほど写りがいいっていうのは常識なんですが、センサーサイズを大きくすれば筐体もレンズも大きくなるってことで、コンデジとしてはAPS-Cは限界かなと思います。
このGRを一生もののコンデジと言ってはばからない人もいるそうで、実際に「購入できる範囲では」これ以上のコンデジはないと思うので大切に使っていきたいと思います。

【今日の言葉】 APS-Cコンデジといえど、RX100の「1型」、マイクロフォーサーズなどであれば「ぼけ感」は大差ありません。もちろんカメラはぼけ感だけではありませんが
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター