続・リコー GR

前回リコーGRの購入を記事にしましたが、軽量と言うより「軽々しい」筐体と、レンズのリングやケーブル差し込み口やバッテリーのフタががたがたしていたりして「クオリティ感がない」のと、シボ加工によるざらざらがついた表面処理はキヤノンのS120あたりと比べると流行遅れで「仕上げ不足感」が否めず、とても10万円クラスの風格がないのが残念って思いました。

ところが、銀塩時代のサイズに合わせたというボディは、一般的なコンデジと比べると左右で、というか右側で2㎝ほど長い。

gr2-01.jpg
gr2-02.jpg

どうもこれが使いやすさの秘密みたいで、ちょっとGRに慣れてしまうと、S120は薄型なのでいいとしても、RX100はどうしてこんなに持ちにくいのだって思ってしまいます。RX100に後付グリップをつけてもGRの方が持ちやすい。

軽さと握りやすさでかなり使いやすいのですが、28㎜の単焦点レンズなので文鳥とか花を撮るにはかなり寄らないとだめです。
なので必然的に「マクロモード」を多用するのですが、オートフォーカス(AF)が行ったり来たりでかなり悩んでいる。EOS Mよりは速いものの、S120やRX100に比べると遅いし、パナソニックのLX7やGF5い比べるべくもないまったりしたAF。
ピンポイントフォーカスを使って運用でカバーするっていうのもあるのですが、とりあえずファームウェアをネットで確認したら4.0が最新らしい。ところが本体はなんと1年以上前の2.03ではありませんか。すでに2つもバージョンが上がっていました。私が購入したのは長期在庫だったのでしょうか(^_^)

しかもバージョンアップ情報にはAF速度を改善したと書いてある。これはバージョンアップをしない手はないので、早速アップデート実行。
おお、って言うほどではないのですが、行って帰ってまた行くAFが、行って帰って合うようになりました。少なくとも普通に速いAFになったので満足。

室内で撮っていると、何気に写真が暗く感じるのは、F2.8というレンズのせいでもなくて、どうもISOの感度をなるべく上げたがらないせいのようです。要するにノイズを嫌う方向で調整しているようです。

なので、写真は今ひとつコントラスト感に欠ける印象があるのですが、等倍にしてみるとはっとさせられます。
同じAPS-Cサイズのイメージセンサーを使ったEOS Mと同等以上の解像感。
「おお、これがローパスフィルターレスの効果か」と、違うかも知れませんが(^o^)、思ってしまいました。

gr2-03.jpg
gr2-04.jpg

EOS Mっていうのは、ミラーレスと言うだけで、機能的にはEOS Kiss X6iというデジタル一眼とまったく一緒。そのEOS Mと同等以上の写りってことはコンデジとしてはかなりのすごさだと思います。EOS Mでの撮り方がへたなだけなんじゃないのっていうのは置いといて(^o^)

GRのこの解像感はレンズのすばらしさもあるのでしょう。
EOS MのF2.0単焦点も素晴らしいレンズなのですが、このGRのF2.8は、これは何だというほどすごい。これがリコー伝統のGRレンズというやつなのでしょうか。

カメラは大きくて重いほどいい写真が撮れるって前回言ったのですが、この小さくて軽いGRが重量級デジイチと遜色ないということは、カメラ重量あたりのパフォーマンスはダントツではないかと思うのです。
ってクルマじゃないんだからカメラの「パフォーマンスウェイトレシオ」なんて言うだけおかしいのですが、気軽に持ち運べる高性能って言う意味では面白い尺度ではないかって思います。本体100グラムあたりの性能は世界一かもしれません(^o^)

オートブラケット機能も豊富で、露出のバリエーションだけでなくいろいろなパラメータやパターンででき、ひとつの被写体を一度レリースするだけでいろいろな表現が楽しめるので、「人が撮らないものを撮るのが好き」っていうカメラ好きにはGRはぴったりと思います。

使い込んで機能と実力がわかってくるとGRは、「やはり10万円クラスっていうのは納得ができるな」と思うのですが、本体の仕上がり具合はやはり残念です。

【今日の言葉】 RX100やEOS Mを購入したときよりはるかにテンションが上がっているのに気付きました
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター