英語学習

会社のイントラネットには業務や自己啓発に関するナレッジベースっていうのがあって、社員が蓄積したノウハウとか莫大な情報があるのですが、近年はグローバルビジネスに力を入れいているので語学学習に関するノウハウも多いようです。

暇なときに覗いたりするのですが、これは会社の業務システムの一部なので、遊んでいるようでも大いばりで時間つぶしができます(^o^)
で、海外研修、海外勤務の多かった人が英語学習のコツをワードファイルにまとめていたので読んでみましたが、「英語がある程度できてもやはり英語は難しくマスターは困難」っていうのがわかっただけでした。

内容は社外秘なので掲載しませんが、困難さはこんな感じです。

・ネイティブっぽい発音をすると、ネイティブだと思われて早口で話されてしまいわけがわからなくなる。
・自分が知らないことは聞き取れない。スーパーのレジで「Paper or plastic?」って聞かれて、紙袋かレジ袋か客が選ぶという文化を知らないと聞き取れないらしいです。
・リスニングCDのCMで、ある日突然英語が聞き取れるようになるっていうのはウソ。英語脳なんてのもウソ。
・会社の英語研修はためになるが、役に立つとは限らない。

TOEIC850点以上の人でもこれなんだからやはり英語は難しいのでしょう。単語を続けて発音されると訳がわからないのはマイケル・ジャクソンの歌を聴いているとわかります。

「Beat It」の歌い出し「デットーヒッドチュエバ カマラン ヒーァ」を「ゼイ トールド ヒム ドント ユー エヴァー カム アラウンド ヒア 」「They Told Him Don't You Ever Come Around Here」って聞き取るのが困難なのは火を見るより明らか。
これを聞き取れるような人と話をするのは無理だろうってわけで。

ということで、英語が好きでかなりできる人でもネイティブと話をするのに、まだまだ莫大な時間と労力と資金を掛けているのを見ると「英語のマスターには絶望しかない」というのがわかります。早々にあきらめて、洋楽の歌詞や映画の台詞の一部を聞き取れたからってよろこんでいる程度の英語力で満足しちゃいましょう。

仕事で英語が必要になったら、うちの会社では総務部にいる「英語屋」を呼ぶのがいいようです。仕事のために英語が必要になるだけであって、英語のために仕事があるのではないのですから。

【今日の言葉】 あらためて英語の勉強を続ける人のモチベーションには敬服します
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター