メルセデス・ベンツ

プジョーを中心にクルマの話題が多い当ブログですが、フランス車以外にもフォルクスワーゲンなどのドイツ車もたまに引き合いに出したりしています。中でもBMWの評価が高いと思っている方も多いかと。BMWは情緒的なものは別にして、機械としてのクルマ作りには敬意をもって評価しています。品質に対する取り組みも大したものです。最新型のi3やi7にもしっかりと右ハンドルを作るところもさすがBMWと思っています。
それほど評価しているBMWに対してメルセデス・ベンツをほとんど評価していないことに気付かれた方も多いかも知れません。

じゃあざがあとたうんではベンツをいいクルマと思っていないのか、というとそんなことはありません。
っていうか、メルセデスのクルマ作りは、理想を追求しつつ、モデルチェンジのたびに最新の技術を惜しみなく投入するということについてはBMW以上とも思っています。
特に1000万円を越える車種は、理想のために相応のコストが必要なのだという言わんばかりのできの良さ。まさに安かろう悪かろうの逆。三本和彦さんが昔から言っているように「メルセデスのクルマは、世界中の自動車メーカーのお手本」だそうで、メルセデスがやると、1モデル送れて世界中のクルマがその技術をまねする。ABSしかり、衝突安全性しかり、エアバックしかり。

じゃあ何で評価しないのかっていうと、価格が高すぎることが一番でしょう。要するに、購入できないクルマは視界に入らないってわけです。ベンツだけでなくマクラーレンMP4-12Cなんかもいいクルマなんでしょが、買えないクルマなので憧れてもしょうがないと。

子供時代とか若い頃なら「いつかは買えるかも知れない」ってことで憧れるのはわかるのですが、中年を過ぎると無意識にあきらめているのかも知れません。
メーカーやディーラーも、私らのような「買えない人」を客とは思っていないと思いますし。

じゃあ、誰が買うんだっていうと「お金持ち」に決まっています(^_^)v

最近「お金持ちは何を考えているのか」っていうWebマガジンの記事を読んだのですが、「税金を節約すること」と「子供世代にいかに財産を残すか」しか考えていないとか。
そういえば金持ちの人はやたら税金でいくら持って行かれたって話を悔しそうにしますね。私ら貧乏人からすれば、たくさん稼いでいるんだから税金をたくさん払うのは当然だろうって思うのですが、金持ちはそれがばかばかしいというか悔しくってしょうがないらしい。

なので、自分の事業を法人化して、子供に株式を持たせたり、自家用車をやめてクルマを法人の所有にして経費にするとかいろいろ「節税ノウハウ」を使っているそうです。なのでクルマは「できる限り高価なクルマがいい」らしいです。だからEセグメント、Fセグメントの、ベンツやBMWの最上級グレードになるそうです。
ようするに「高ければなんでもいい」って言わんばかりで、中にはクルマなんかわからないっていう人もいるのかも知れません。

そうなると、ディーラーは高いクルマが売れれば何でもいいかもしれませんが、メーカー開発者は微妙でしょうね。
苦労して最新の技術を投入しても、「あ、それはどうでもいいから」ってスルーされたらたまらんだろうなと思います。

【今日の言葉】 頑張れば手が届くかも知れないAクラスやCクラスは、楽しさっていう魅力がないのが残念です
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター