Windows2000よ、ご苦労様

Windows2000のサポートが終了になりました。米国時間では今日なのかな。
会社でもサポートが終了になる日まで使いました。
情報システム部門では、今後Windows2000は社内ネットにはつなげないようにするとか。それほどサポートが終了になったOSは恐いんですかね。

Windows2000といえば、初めて使ったのが1999年です。目からウロコのWindowsでした。

当時はUNIXとかLinuxを仕事でも使っていたので、Windows9X系はどうしても見劣りしたし、「ワード、エクセルをやるためだけのOS」という感じでした。とはいえ、そのワードとかエクセルも使っているとよく落ちるので、とにかく16ビットWindowsはへボいなあと思いました。

32ビットネイティブのNTっていうのもあったのですが、NewTechnologyというわりには、周辺デバイスが充実していなくて、一般コンシューマが使えるOSではなさそうでした。

そこへ登場したのがWindows2000で、Windows95のデザイン、使い勝手のまま、カーネルはNTと同じ32ビットネイティブで堅牢で高速と来ている。しかもびっくりしたのは、カーネルはPOSIX準拠で、UNIXコマンドセットをインストールすればUNIXライクに使えるし、ソースレベルでUNIXのソフトを動作させることもできるという本格的なもの。これには本当にびっくりしました。
当時LinuxはSlackwareを使っていたのですが、Windows2000の方がはるかに使いやすかったのでubuntuが出る2006年ぐらいまでLinuxの使用頻度はがた落ちでした。そのくらいWindows2000はよくできていました。

ところが笑っちゃうのがファイルシステム。NTFSってファイルシステムは拡張されたっていうのですが、CドライブってDOSのままじゃんって。CドライブにOSをインストールって固定観念があるからウィルスにねらわれるんじゃんって。
どうしてPOSIX準拠までしておいて、パーソナルコンピュータという計算機として、スパコン、汎用機、ワークステーションと共通した概念を持てないのか不思議でした。っていうか、最新のWindows7でもCドライブがまだあるんでしたっけ。

Windows2000のサポートが終了するからと言って使用できなくなるわけではありません。気に入っている人は使い続けてOKです。ただセキュリティパッチとか提供されないので使い方が限定されるかも知れません。

っていうか、マイクロソフトってば、ウィンドウの見てくれをかっこよくする暇があったら、ウィルスフリーのOSを作れよって思います。コンパイラっていうか開発環境をフリーで提供して、コンパイルするときにオンライン認証する仕掛けを作ればいいだろうって。インストール時、実行時に認証済かOSがチェックするようにすればウィルスは相当減ると思います。

OSを作るメーカーってほとんどないんだからアーキテクチャーを含めてそのくらいのことはやって欲しいと思います。

【今日の言葉】 そういう仕掛けは特許を書いて提出済みです。そういえばそれを書いた頃に出たのがWindows2000でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター