MT車がやばい

先日代車でプジョー208プレミアムを貸してもらったのですが、やはり5ドアはいいと思いつつも、アリュールとは微妙に違う仕様やATにはとまどいまくりでした。そのクルマのATの挙動をよく理解しないとやはり使いにくいわけで、そうなるとやはりMTの方が自分の意志でいろいろできるので楽しいと言うことになります。

ところが、です。日本国内で販売される自動車の99%がAT車だそうで、いよいよMTが風前の灯火かって感じです。
2年前にプジョー208のMTを選んだときでMT率は3%とか言われていたのですが、いよいよ1%を割り込んで、コンマ何%っていうレベルになろうとしているようです。これはゆゆしきことっていうかやばいです。

MTの設定がないハイブリッド車と軽自動車が大きなシェアを持つことが原因だと思います。
誰が何を買おうと自由なのでしかたがないとは思うのですが、恐れているのはメーカーが「MTは売れない」と思って作らなくなること。
ひとつの車種シリーズでも、グレード等の比率が5%を切ると製造をやめるって話もあるし。過去のカローラ/サニーのクーペや2ドアセダン、スタンダードグレードがそうだったように。

欧州輸出をねらう世界戦略車はMTの設定が残るのですが、国内専用車はカタログにもMTがなかったりします。
特にミニバンとかはATだけだそうです。こういうクルマこそMTの方が燃費に有利だと思うのですがね。

私も東京に住んでいた頃は「クルマはATに限る」なんていいうAT派だったのですが、ATで足柄峠とか箱根とか十国峠とか全然面白くないのですよ。
ドリフトとかしなくても峠ではMTの方がぜんぜんいいです。上りのパワーコントロール、下りのエンジンブレーキはMTだと本当に楽しいです。

MTは渋滞がいやって言う人が多いのですが、ATだって渋滞はくたびれます。「渋滞を走りたいからATにしたんだ」っていうのなら反論しませんが。のろのろ運転だって、1速にたたき込んでクラッチを上げ下げするだけで特に面倒とは思いませんが。プジョーのようにシートのホールド性がいいと、渋滞時のクラッチ操作での腰の負担が少ないようです。プジョーに乗ると疲れないっていうのはこういうところに秘密があったのですね。国産車のやわなシートではクラッチ操作で腰が疲れるのかも知れません。

プジョーを含め欧州車は、シートばかりでなく、ボディ剛性も足回りもハンドリングも、とにかく走る曲がる止まるの基本性能をしっかり作り込んでいるので、ATでクルマまかせに乗るのはもったいない。
MTでエンジンの、ハンドリングの、ブレーキングのおいしいところを楽しむのがいいと思います。

といいつつも、新型プジョー308やアーバンSUVのプジョー2008にMT仕様がないのが残念。
プジョー208アリュールの次のクルマを検討するまでに是非日本でこれらの車種のMTを導入してほしいものです。

地元のちょっと大きめの自動車修理工場で、「構造変更登録サービス」のメニューに「オートマミッションからマニュアルミッションへの乗せ換え」っていうのをやっているのですが、これのお世話になるようになったらもう世も末かもしれません(^o^)

【今日の言葉】 っていうか、プリウスを構造変更でMTにしちゃうっていうのも面白いかも
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

この間、初めて箱根ターンパイクを走ったんですが、MTサイコーでしたよ。
変速機ってエンジンの回転数を調整する機構で、
高回転ならパワーを引き出す、低回転なら燃料消費を抑える、
要はパワーと燃費のバランスを調整する機構なんですね。
MTってのは状況に応じてパワーをガンガン引き出してもいいし、とことん燃費に振ってもいいし。
自分で車を動かすならば、自由度が高い方がいいに決まっています。
「とにかく楽に受動的に車に乗りたい」ならATですが、
積極的に車を走らせたいならMTですね!

Re: No title

エディさん、こんばんは。

おお、ターンパイク行きましたか。
距離の割に値段が高いからその分クルマが少なくて気持ちよく走れますよね(^_^)v

なだらかなカーブの丘陵地帯は高めのギヤで、下りのワインディングはシフトダウンして、って感じで、「自分が気持ち良いと思う走りをイメージして」それに近いドライビングができたときの気持ちよさったらありません。

本当はMTってもっと奥が深くて、コーナー手前でフル減速、ヒールアンドトーでシフトダウン、コーナーを抜けたらフル加速っていうのがあるのですが、アリュールのシンクロメッシュがどこまでキャパシティがあるかわからないし、シフトレバーのピッチが大きいし、ブレーキが利きすぎて制動コントロールが難しいし、フル加速といってもEB2はおとなしい方なので、こういう運転はキャラクター的に無理かと。まあそういう運転は「208GTi」に任せるってことで、アリュールはおとなしくMTを楽しみましょう。せいぜいシフトダウンでダブルクラッチを使うぐらいにしておきます。
っていうか、高回転域はわりとフラットトルクなので、頻繁なシフトチェンジはあまり意味がないような気がします。っていうかそういうキャラクターのクルマなのでしょう。

とにかく、走る曲がる止まるという基本機能がしっかり作られていれば、普通のクルマでもMTで十分楽しめるのだってことで、そういうところをもっとたくさんの人に知ってもらうっていうか気付いてもらってMTの減少に歯止めを掛けたいです。

といいつつも、AT車からMT車に乗り換えたときに、「これからずっと、数年はこんな面倒くさいクルマにのるのかよ~」っていうブルーになる気持ちはよくわかります。うちの奥さんがそうだったし。
でもすぐに慣れて楽しくなるから大丈夫です。レッツMT!

2回目のコメです。

本日車の入れ替え無事に成功!
残念ながら「青猫号」1007君とはお別れ致しました。
さてデーラーから走り出してまず「力有るわ!」です。皆さん仰るように仏製1.2Lやりますね。
次に「変速のスムーズな事!」 1007の加速をスムーズに乗り切るために変速のたびに少しアクセルを戻す(これはこれで楽しいのですが)が全く不要です。

さて「ショッカーライダー」の名前ですが、二輪のSNSで使用しているハンドルネームです。
正義の為とか誰かの為に眉間にしわを寄せて走るヒーローより週に一度自由気ままに走っているショッカー戦闘員の方が楽しそうに走っていると思いこの名前にしました。

なにしろバイク海苔です。加速に酔いしれスピードに酔いしれるのも良いですが一番の楽しみはクネクネ道。
2速→3速→4速→3速→2速を繰り返し山道を駆け抜けるのが最高の楽しみです。
バイクのシフトダウンは、Nがありませんのでクラッチを握ってほんの少しアクセルをあおってシフトダウン。吸い込まれるようにギアが入る瞬間、顔がにやけています。
と言うことでマニュアル変速は二輪で。四輪は少し楽をさせてもらってます。
本日一日だけの感想ですが「この自動変速器イイぞ!」とこちらでもにやけております。

No title

ざがあとさん 、こんばんは。
以前からこのブログは拝見しておりますが、書き込みは初めてです。
自分も先日、208Allure(MT)が納車になりました。
購入にあたってこちらのブログは随分と事前参考にさせていただきました。
5ドアのETGが3ドアMTかで迷いがありましたが、
最終的にディーラーが去年秋に入れたMTの試乗車のフィーリングでアリュールMTとなったしだいです。

そのAllureですが、
さりげなく新イヤーモデルになっていました、車台番号から2014年10月後半製造、
主な違いは2つ、
トランクのゴムバンド廃止(車検証はシートバックポケットへ入れてます・)
ESCを利用した空気圧センサーのボタンが追加

それ以外にも細かいフィーリングがディーラー試乗車(去年秋の登録車なのでかなり新しいのですが)と比べても変ったと思っています、
(試乗車の感触はこちらのブログで以前書かれていた内容どうりでした。)
個体差や慣れもあるのでしょうが、
シフトとクラッチの反力が多少強くなった、
(試乗車は拍子抜けするほど軽く手ごたえがやや物足りない感じでしたが、バネの重さのような感じが増えました。)
ブレーキの初動タッチがマイルドになり、べダルの油圧感が増した。
(試乗車はペダルの踏み加減にやや気を使う感じでした、)

この3点が自分が試乗車と比べた印象の違いです、
残念ながら現時点で試乗車は無くなってしまったので正確に比較する事はできませんが。



Re: 2回目のコメです。

ショッカーライダーさん、こんばんは。

無事に納車が済んで何よりです。
1007乗りだったのでしたら、ディーラーから出るときに「いきなりワイパー」はなかったかと思います(^_^)v

新しい5ETGは、ファイナルは別にしてミッションのギヤ比は5MTとまったく同じらしいので、クラッチ操作とシフト操作を自動化しているのかと思います。電子制御でシフト操作ができるのなら、MTもドライブバイワイヤーができそう。っていうか是非やって欲しいほどアリュールのシフト感はいまいちです。

>週に一度自由気ままに走っているショッカー戦闘員の方が楽しそうに走っていると思いこの名前にしました。
こういう感覚はわりと好きです。
自らの掟に忠実で、目標をしっかりと持ち、組織で行動し、常に改善・努力をし、失敗してもめげずに頑張り、よく笑うのがショッカーです(^_^)
サラリーマンの鏡。

そうですね、バイクはドグミッションみたいなもので、常噛みってやつなので、クラッチを切ったときに回転を会わせるいわゆる「シングルクラッチ」ってやつでスムーズなシフトダウンが楽しいですね。

クルマはATでもしっかりと練習してその挙動を覚えればイメージ通りに走らせられると思います。
っていうか、5ETGってデフォルトはパドルによる操作で、「オートモード付」だったはずなので、是非パドルを使いこなしてください(^_^)

先日代車で1.6LのAL4のプレミアムを借りましたが、峠道はわりと楽しかったです。そこは1.6で4000回転付近のトルクがキチッと出ていて、悪くはなかったです。ちょっとノイジーだったのですが、嫌いじゃないから。

プジョー208は国産の1.2Lとはできが違うので、楽しく走れると思います。安全運転で楽しんでください。

Re: No title

vertinさん、初めまして。コメントありがとうございます。

プジョー208アリュールの納車、おめでとうございます。

アリュールも日本で発売して2年を経過するので、そろそろマイナーチェンジまでは行かないが、原価低減とか部品改良とかやっているだろうことは予想していましたが、いろいろ情報をいただきありがたいです。

やはりゴムバンド、なくなったのですね。個人的には「これは傑作だ」ってことで自慢の装備だったのですが。
それならトノカバーの裏にでもポケットをつけてくれると車検証がしまえるのですが。
それとも他の国では車検証っていうものがないのでしょうか。
っていうか車検証もICカードにしてもいい時代ではあると思うのですがね(^_^)v

>ESCを利用した空気圧センサーのボタンが追加
このボタンの使い方がよくわからないのですが、ちょっと調べてみましょう。

ディーラーの試乗車とフィーリングが違うとのことですが、良くなったのなら問題ないですね。
クラッチが重くなったとか。この操作感が変わるとだいぶイメージが変わりそうです。ちょっと心配です。

私が試乗したときは、アルテッツァからの試乗なので、ペダル自体の重量が軽いと思いました。
しかもゴムペダルで滑らないので、その分操作しやすいと思いました。なので、ゴムペダルはちょっとチープなのですがとても気に入っています。

>(試乗車の感触はこちらのブログで以前書かれていた内容どうりでした。)
こういっていただけると本当にうれしいのですが、逆にあまり曖昧なことは書けないなとも思います。
ただ、本当に208はいいクルマなのだと知っていただきたいと思って書いているので、うざいかも知れませんが今後もその調子でいきます(^o^)

vertinさんが「新型」に乗って受けた感想なんかをコメントしていただけるとうれしいです。
今後ともよろしくお願いします。

※タイヤはミシュランエナジーセーバーのままなのでしょうか。エナジーセーバーは市販版では新型が出てますよね。
あと208乗りの皆さんにお勧めしたいのはHIDです。208のプロジェクターは暗めなのでHIDは本当にいいですよ。

No title

ざがあとさん 、早速のお返事ありがとうございます。

空気圧センサーはESCの回転数検知を利用してその差が規定値
(取説では空気圧の変動が20パーセントとあるのでそれに見合った差分なのでしょう。)
を越えたら警告を出す仕様のようです、
ボタンは空気圧の基準状態でのプリセットに使用します。

クラッチは重いというほどではありません、適度に反発力が出て踏み応えとしては好ましいと思います、シフトレバーも同様です。
(自分はDYデミオのMTのクソ重いペダルの感覚から変ったので大抵の車は軽くられると思いますが、試乗車よりは多少足応えが増している気がします。)

自分が一番うれしかったのはブレーキのタッチです、
試乗したアリュールもETGのシエロも初動タッチはやや過敏(というかパッドがすぐに食いつくという感じです、)で踏み応えもやや軽く初動コントロールに慣れが必要だと思いましたが、自分のアリュールはそこがマイルドでかつペダルの踏み応えが増したおかげでブレーキの踏力コントロールが非常にやり易く感じました。(踏み込めば同じようにグッと効きますので制動が落ちたわけではないと思います。)

タイヤはミシュランエナジーセーバーのままですね、
海外では+は販売が無い国もあるみたいなのでその辺の兼ね合いとかもあるかもしれませんし、新しい製品なので無印からの切り替えが落ち着くまでリテール向けを優先しているとか、あるいは、たとえ+と付くマイナーチェンジでも自動車メーカーとしてはタイヤの組み合わせの再テストが必要になるのであえて旧型のままということもあるかもしれませんね。

Re: No title

vertinさん、こんばんは。

>ボタンは空気圧の基準状態でのプリセットに使用します。
いまいち何のためのボタンをつけたのか解せませんが、必要だからつけたのでしょうね。
ユーザがあまり使わないとしたらいずれ消えたりして。そうするとついているのはレアになるかも。
ゴムバンドみたいに(^o^)

アリュールのクラッチペダルについては、私は軽い方だと思いました。
っていうか、ゴムのペダルがことのほか踏みやすかったし、シートが腰をしっかりと支えてくれるので、踏むのが楽っていうのがあったかも知れません。

ブレーキは、踏みしろより踏力で調整できるのがフランス流と思いました。走り屋ではないので、シビアでデリケートなブレーキングはしないのですが、山坂道でも普通に使って信頼性が高いブレーキであるのがわかり気に入っています。
ただブレーキシリンダーが左ハンドル仕様のままなのがちょっと不安ですが、何十万台と右ハンドルの208が走っているので大丈夫だろうとは思います。

ミシュランエナジーセーバーも208とのマッチングがいいみたいです。いつか記事にしたことがあるのですが、ドイツの試験機関でのテストでグリップ、ウェット性能、省エネ性能、耐久性ともかなりレベルが高いタイヤだそうです。
195/55 R16って言ったら一昔前なら十分スポーティなタイヤだったわけで、プジョー208のサスペンションもこのタイヤに最適化しているのかも知れません。性能には十分満足しています。
っていうか、45タイヤは耐久性とコストで避けたかったっていうのがホンネです(^_^)v アルテッツァで懲りました。

とにかく眺めても208はかわいくていいのですが、走るとそのすばらしさがよくわかるという、本当にいいクルマです。

No title

プリセットボタンは回転数の基準値を決めるために必要です。
磨耗やインチupあるいはタイヤ銘柄による差異など外径の変動がありますので、
(ESCを利用しているため直接空気圧を図るわけではないので)
基準値を固定してしてしまうとタイヤ交換したら常時警告が出っぱなしとかになりかねません。

ブレーキシリンダーが左ハンドル仕様のままなのは人によって気にする様子ですが、最初から右ハンドルで設計されていても全く足応えの無いブレーキの車もあるので左右の構造の問題は個人的には気にする必要は無いと思っています、シリンダー容積やキャリパー、パッドの特性からペダルのストロークや支点位置など複雑な組み合わせの結果なので。

>ブレーキは、踏みしろより踏力で調整できるのがフランス流

これでも206のような旧プジョーに比べるとまだ踏みしろがあってタッチも柔らかいと感じます。
と言うか旧プジョー車の場合踏みしろがほんとに少なく、じかにペダルの裏でパッドを押し付けているような感じです。
(そのためかブレーキの効きが最初弱く感じますが、慣れてしまえば大変扱いやすいです。)もっとも現状ぐらいの方が万人向けで良いのかもしれませんが。

>45Rタイヤ 
個人的には一般車に50R以下は不要だと思っています、
むしろallureを15インチ65Rに落としてどう変るか試してみたいです。
(16インチ55Rはフランスだとオプションタイヤのようですから。)
このサイズだと1インチダウンでバネ下1kg程度の違いになるようですが。
スタッドレスを買う時にでも15インチで様子をみたいと思ってます。

Re: No title

vertinさん、こんばんは。

>プリセットボタンは回転数の基準値を決めるために必要です。
うちのアリュールにはついていないし、必要かどうかわからないのでコメントできないです(^^;)

ブレーキシリンダーについては、先ほども書いたように、右ハンドル仕様にも多くの出荷実績があるのでに心配しているわけではありません。っていうか、グローブボックス、ヒューズボックスを含めた「プジョーの右ハンドル対応の甘さ」が笑い話になっているだけで。プジョー206のころから比べると、ようやくワイパーが右ハンドル仕様になったって感じで(^o^)

ホイールサイズについては、ブレーキディスクのサイズを見るとどう見ても15いや14インチだろうって一時話題になりました(笑)
っていうか、208envyって15インチだったと思います。なので問題なくはけるのではないでしょうか。
みんカラあたりではいてみたっていう人のコメントがあったような気がします。よく覚えていませんが。

No title

ざがあとさんこんにちは^^

MT車、ついにそんなにも少数派になってしまいましたか。

確かに今は昔と違ってMTだから燃費がいいとかってほぼ無いので、技術の進歩とモノグサ人口の割合の進歩に伴って減ることはあっても増えることはないんでしょうね。

ただ、ここ岩手に住んでて思うのは、都市部ほどMTは少数派ではないってことですね。
雪道運転が多いと、例えば2速であまりトルクをかけずにホイルスピンをさせないよう気を使いながら発進させたいとか、運転を機械まかせにさせたくない、させられない事情があるので、フツーのおばちゃんのワゴンRがフツーにMTだったりしますw

逆にATは怖くて運転できないから、今乗ってるクルマが潰れたら次はATになるよって脅されてるからwだから大事に乗ってるんですよ~なんて人もいたりします。

でもやはり若い子はATが当たり前、クルマは家電感覚で燃費がいいのがエラくてだからプリ、アク。って都市部とあまり変わらない現状はあるかもです。

あ、あとクルマをいじって乗りたいタイプの人は、若いかそうでないかに関わりなく車高上げたジムニーにやたらと乗ってたりしますww


ホイル15インチ化の話題が出たので乗っかりますと、僕は納車されて3週間で1500キロほど走りましたが、納車段階で15インチのスタッドレスでしたので、ノーマルの16インチのミシュランの乗り味をいまだに知りません(^^;
現時点で平均燃費が19.2キロなのでノーマルタイヤに戻すとあと1キロほどは伸びてくれるのかもしれませんね。

こっちではスタッドレス履かす時にはインチダウンは当たり前らしく、商談の時も当然のように「15インチですとこのお値段に・・」なんて感じでした。
圧雪路はかなりゴリゴリした悪路になるので、扁平率を上げて乗り心地を上げるというのがセオリーのようです。

ちなみに208のブレーキのタッチはマスターバックすら存在しないtype1に乗ってる僕の感覚から言っても、いい具合に踏力で調整できるブレーキかと思います。
車体が軽いのでマスターバック自体の倍力加減が少な目なのかも?と感じました。

Re: No title

decoさん、こんばんは。

>MT車、ついにそんなにも少数派になってしまいましたか。
国産車のMT車は風前の灯火状態ですが、それなら輸入車にすればいいや、とは思いますが、プジョー、シトロエン、ルノーにはまだわずかにMTが残るものの、VWあたりは日本仕様はDCTばかりです。BMWにもMTはあるのですが、手が出ないのであまり関係ないです。

VWのUP!なんかも、黒いボディなら「ドロボウひげ」も目立たないだろうなんて思ったのですが、本国にあるMTは入ってこなかったのであきらめました。UP!にMTがあったらUP!にしていた可能性も高かったりして。写真ではチープだと思っていたけど実物はよくできていたから。あれで150万円台は軽なんか乗っている場合じゃないだろうって思いました。が、いまいち苦戦しているようでもあります。

やはり普通のクルマでMTっていうのが理想だったので、プジョー208アリュールは渡りに船という感じでした。

3週間で1500㎞はすごいですね。しかも19.2㎞/Lってこれもすごい。
空熊さんが2年で4万㎞越えなんですが、強敵が表れた感じですね(笑)
たくさん走る方にはアリュールの低燃費は助かりますね。

ブレーキは、アルテッツァから乗り換えた直後は「効き過ぎ」て違和感がありました。が、1日で慣れました。
っていうか、このタッチはアルテッツァより全然いいと思いました。
リアはドラムなんですが、サーキットで大減速するわけでもないのでフェードもそれほど心配する必要がないし、何しろ軽くてダストが出ないだけ有利だなんて「前向き」に考えたりしています。

っていうか、バイクでドラムブレーキのフェードを経験しているのですが、恐かったです。
足柄峠の下りでブレーキが利かない怖さは思い出すだけでブルブルガクガクです。
あの頃のバイクはフロントもドラムだったなあ(遠い目)

やっぱり、MT がいい

 お久し振りです!去年から、208の購入を計画し、今月3月5日に納車されました。ドライブ楽しんでいます。色はもちろんブロッサムグレー。
 さて、実は色々あって、ETG になりました。(MT の割合を減らしてしまって、ごめんなさい)

 試乗の時にも感じたんですが、オートマの時は加速時のガクンとなるのが嫌で、もっぱらMT モードです。
 タコメーターやモーター音を聞きながら、スムーズに加速していくのが、たまらなくいいです!

 ETG で便利なのは、減速すると自動的にシフトダウンしてくれるのが、楽かな。

 ETG ですが、MT 車を応援しています!


 

Re: やっぱり、MT がいい

ジュディさん、こんばんは。

プジョー208アリュールの納車おめでとうございます。

>色はもちろんブロッサムグレー
おお、やりましたね。かわいい色っていうかいい色ですよね。光の加減によって眩しくも渋くもなる色です。
っていうか、プジョー車はトリコロールの赤白青がよく似合うし、定番のガンメタ、ホワイト、シルバー、ブラックの無彩色系も、ライオンマークを含めたクロムメッキ加飾の美しさが引き立つのですが、ブロッサムグレーは「一番プジョーらしくない色」なだけにまた楽しいですね。
ソリッドのグリーンやイエロー、ベージュといった「カングーみたいなルノーっぽい色」もあれば楽しいと思うのですが、208には似合わないかも知れません。

ETGになさったそうで、事情っておそらくはご家族とか恋人さんがATじゃなきゃ、とかだと思います。
MTモードでパドルなら使いやすいかも知れませんね。大昔あった「オートクラッチ」と同じですね(^o^)

ETGはギヤ比からするとトランスミッション自体はMTと同じみたいです。
したがって、クラッチ操作とシフト操作を電子制御で自動化したのだと思います。
パドルでシフトができるのだから、ドライブバイワイヤーのシフトレバーが実現できると思うので、MTのストロークの大きいシフト操作感は何とかなりそうとも思います。ただ、シフト操作をドライブバイワイヤーにすると、コスト的にはETGとあまり変わらなくなるので、低コストというMTのメリットがなくなります。
シフトの操作感なんか、最初は私も酷評しましたが、慣れちゃえば「手応えが確実でいい」なんていう二枚舌状態になります(^_^)

>ETG で便利なのは、減速すると自動的にシフトダウンしてくれるのが、楽かな。
アクセルを戻すと減速していると判断してシフトダウンするのはフランス流みたいですね。AL4の時もそうだったような。
このクセをうまく使うときびきび走れるのかも知れません。

プジョー208アリュールの最大の特徴はMTであることではなくて、軽量、低速トルク、なめらかな吹け上がり、粘るサスペンションと優れた乗り心地、シートの快適さ、ハンドリング、内装の上品さ、溶接やガラスなどコストを掛けたディテールなど書けばすぐに10行ぐらいになったしまうほどたくさんあるのですが、まずは半年は楽しめます。
高速道路に入るとプジョー208のもう一つの素晴らしさがわかりますが、是非クルーズコントロールも使ってください。なんだこれは、と思うはずです。

プジョー208購入にあたり、拙ブログを参考にしたという方が増えていて内心びくびくなんですが、とりあえず買って後悔したっていう方はいないようなので安心しています。
っていうか、プジョー208アリュールを買って後悔はあり得ないだろうって私は信じています。

コメント返信ありがとうございます!

 ETG になったのは、実は家族の反対とかでなく、私のちょっとしたミスだったんですがね。ただ、これもなにかの縁なのかもと思ってます。

 独身の時に乗ったのもミッションの車で、いかにスムーズに加速するかにこだわっていました。シフトは、シフトレバーで慣れるほうが私にはやり易いです。

 加速がスムーズで気持ちいいです。
スピードアップしても、滑らかでいつのまにかこんな速度!とビックリすることも。
頑張って、という感じでなく、何でもないような感じで実はすごい走りを見せてくれる、そんな感じですね。ますます気に入りました。

 クルーズコントロール、試してみます!

 ボディーカラー、本来はビビッドなんですか。ブロッサムグレーのほうがフランスっぽい、上品でおしゃれでカッコいいと思いますが。

 日々、新しい発見をしながら、アリュール208とのカーライフ楽しみます。

Re: タイトルなし

ジュディさん、こんばんは。

プジョー208ETGのレバーは短いので使いにくいかもなんて思ったのですが、メーターナセルにインジケータ表字するから、何速に入っているかわかるのでしたね。
MT車の場合も、「そろそろシフトアップしろ」って催促してきます。何速に入っているかシステムは認識しているのですね。

以前当ブログのネタにも書いたのですが、試乗で2速の時にインジケーターに「3^」って出てきて、これを「3人」と呼んでしまい、ちょうど3人乗っていたので「どうして3人ってわかるの?」って驚きましたが、後で真相を聞いて恥ずかしかったです(^^;)

>加速がスムーズで気持ちいいです。
EB2エンジンは、NAながら、DOHC・4バルブ・可変バルタイ機構のメリットを思い切り低速域に振っているので、2000回転から4000回転ぐらいまで、まるでターボのようなトルクがでて気持ちいいです。普段使いでいちばん使用頻度の高い領域でトルクフルにしているようで、良心的でまじめな設計に感心します。アルテッツァみたいに7000回転で鬼トルクが出てもあまり意味がないのです。まあ楽しいことは楽しいのですが(^o^)
EB2はしかも1.2Lの3気筒なので、ひとつのシリンダーの燃焼で得られるトルクは1.6Lと同じなるわけで、1.2Lとは思えないドライバビリティを発揮します。1.5L4気筒より使いやすく感じます。

プジョー208アリュールは、購入後1年経ってもまだ驚かされることもあったりするので楽しいです。
いろいろな機能を使ってみて楽しんでください。
プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター