富士花鳥園

ちょっと記事が遅くなりましたが、4月30日に富士花鳥園に行って来ました。

家から東名を使えば御殿場まで30分もかからないのですが、10時30分からのショウが見たいってことでちょっと早めの8時に家を出ました。ところがいわゆるゴールデンウィーク中ながらも一応平日ということもあり道路は空いていて9時半に富士花鳥園に着いてしまいました。

fujikachoen01.jpg

行きは奥さんの運転で、上り勾配が多かったわりには91.5㎞走って18.9㎞/Lの燃費は優秀だぞプジョー208アリュール。依然としてクルコンを含めてプジョー208の高速や郊外での楽ちんさはたまりません。

ショウタイムまで1時間あるのですが、去年行った掛川花鳥園に比べると「1/4ほどの規模しかないのではないか」というほどのショボさが残念で、その1時間でほぼすべて見られてしまった感じでしょうか。

雰囲気は花鳥園として掛川と同じ感じなのですが、展示スペースが実質1カ所しかなくて、掛川のようにオウムとかが数十羽飛び回っているっていうのではなく、オウムはケージに数羽いるだけという感じ。それなりにオウムとのふれあいを楽しめたものの数羽では物足りなかったし、オニオオハシなんかもケージの中でふれあいができないのが残念でした。

fujikachoen02.jpg
fujikachoen03.jpg

ショウは毎度おなじみの内容ですが、掛川と変わらない構成、内容で「カンバっているな感」があって満足でした。それでもいまひとつ盛り上がり感に欠けるのは、おそらく園内が平日モードだったからのようです。

fujikachoen04.jpg

お昼は富士宮焼きそば以外にないだろうってことでお約束のメニュー。ただこの内容で一人前650円は割高感がありますが、ここでしか食べられないご当地ものと思って我慢です。味は普通でした(^o^)。普通に焼きそばを調理して、鰹節パウダーをかければ富士宮焼きそばを再現できるかも知れません。富士山コーラはこれもお約束の組み合わせです。

fujikachoen05.jpg

園の規模が小さいものだから、オウムとのふれあいケージに何回もいったりしました。春ということでちょうど繁殖期だそうで、奥さんは雄のオウム気に入られたのか「ハアハア」されていました(^_^)

fujikachoen06.jpg

水鳥のコーナーもあったのですが、サギ系が数羽、フラミンゴが2羽って、掛川を知っていると「何だこりゃ状態」です。ペンギンプールなんかもあったのですが、こちらも数羽で気分が盛り上がりません。

「鳥」での盛り上がりがいまいちだった分、「花」はかなりいろいろな種類があって楽しかったです。
特にあじさいはいろいろな種類が咲いていて、花が好きな人は十分満足できるかも知れません。

fujikachoen07.jpg

富士花鳥園は、掛川花鳥園の「支店」っていうか「分家」というか「縮小版」っていうかそういう感じがとても残念でしたが、規模は小さいながらも、フクロウ系の展示とか売店とか「花鳥園としての網羅性」は確保されていた感じです。
なので、「能動的に楽しめば」そこそこに楽しめるので、コストと時間を掛けて掛川花鳥園で楽しむのと、そこそこだけど気軽に富士花鳥園で楽しむのはほぼ互角かもって思います。

帰りは私が運転したのですが、まだ時間的に早いってことで「道の駅朝霧高原」に寄ってきました。富士花鳥園からなんと1㎞も離れていませんでした。本当にあっという間に着いてしまいました。

fujikachoen08.jpg

平日ながら思った以上に混んでいてびっくりしました。朝霧高原牛乳のソフトクリームがおいしかったです。

また富士五湖道路をここまで遠出するのもあまりないので本栖湖を見てきました。
子供が小さい頃はわりと河口湖や山中湖に来たし、西湖とかも行った覚えがあるのですが、本栖湖は初めてだったかも知れません。静かできれいですごく良い雰囲気でした。

fujikachoen09.jpg

帰りは奥さんが「東名足柄SA」に寄りたいっていうので、東名で帰ろうと思ったのですが、混雑度は平日でそれほどでもなかったので、一般道路で足柄SA(ぷらっとパーク)に行きました。

一休みとおみやげを買って、お約束の「足柄峠越え」で帰ってきました。本当はこの日に富士花鳥園、翌日に足柄峠、足柄SAに行くつもりでいたのですが、一度に行ってしまってお得といえばお得でした。足柄峠は頂上付近でトラック1台とすれ違っただけのスカスカ状態でマイペースでワシワシと走れて楽しかったです。

足柄峠に着いて奥さんに降りてみるかどうか聞いたのですが、天気があまりよくなく富士山が見えないから降りないというのでそのまま帰ってきました。
この日はおおむね晴れで良いドライブ日和だったのですが、富士山だけは雲がかかってスッキリ見えませんでした。
いつも東側の富士山しか見ていないので、西側の「大沢崩れ」のある富士山を見るのを楽しみにしていたのですが。

fujikachoen11.jpg

ちなみに翌日5月1日、翌々日5月2日はいずれも快晴で雲ひとつない富士山が見られたとか、ニュース番組でやるほどきれいだったそうで、下唇をかみしめて悔しがったのは言うまでもありません。本当に悔しかったです(^o^)

行きは東名を使って1時間半だったのですが、帰りは一般道路でしかも朝霧高原、本栖湖、足柄SAで休みながら、さらに足柄峠越えってことで約3時間半かかりましたが、102㎞走って21.3㎞/Lが出ました。往復で194㎞で20.2㎞/Lは大したものです。ガソリン10リッター使いませんでした。

fujikachoen12.jpg

【今日の言葉】プジョー208アリュールは依然として郊外では走りも燃費も無敵という感じです
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

富士花鳥園はいつか行こうと思っていたんですが、
そうですか掛川が本家なんですね。
入園料はどちらもほぼ同じですから、富士の方が損した気分になってしまいますね。
けど掛川となると結構遠くなってしまうので悩みどころです。

Re: No title

エディさん、こんばんは。

入場料は両方とも同じなので、「ローコスト&1.5時間で行ける富士か、ハイコスト&3時間かかる掛川か」と言うことになります。
掛川は鳥もたくさんいるので、ふれあいで餌代もたくさん掛かるでしょう。

富士はドライブついでで寄れますが、掛川はがっつりと旅行です。場合によっては宿泊も組んだ方がいいほど。そのかわりがっつりな分だけ楽しめます。

ただ規模・内容以外はほぼ同じと思っていいので、一度富士に行ってみるのがいいかもしれません。
富士に行って気に入ったのなら、「いつかは掛川へ」と楽しみが増えるでしょう。

掛川はもう少し行くと浜松、名古屋なので遠いです。高速1000円のころが懐かしいです。

プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター