S660

ずいぶん前ですか、ホンダはビートの後継となる軽のスポーツカーを出すであろう情報はありました。ダイハツのコンペンがずっと頑張っていたから、ホンダもオープンカーで来るであろうという予想。

で、モーターショウでワードルプレミアしたのが「S660コンセプト」。個人的にはクルマって「センチリットル」を使うから「S66」の方がふさわしいなんて思っていたのですが、このクルマは新型NSXコンセプトと同系統のデザインで、ホンダ的でかっこいいと思いました。その後これを「S660」としてほとんどそのまま発売するということになりました。

この手のクルマが出るとモータージャーナリストっていう人たちはテンションを上げて褒めまくるのは想定内でした。
「こういうクルマを待っていた」とか「ホンダだからできた」とか。
でも現在ほど「モータージャーナリストと一般ユーザーのクルマに対する嗜好の乖離」が激しい時代はないのではないかと思います。
モータージャーナリストの人たちって、元々クルマ好きな人がやる職業だから、スポーツカーとかハイパワー車、高級車が好きなんですね。普通の話にクルマになってしまうと、ラゲッジスペースが広いからいいとか、後席のニースペースはこぶし3個とか言うだけで、「このクルマはこういう風に使うと便利でハッピーになれる」とかユーザーの立場に立って上手な使い方の提案とかはしてくれません。インプレを見ても、なんだこの程度のことしか言えないのかって思うことがしょっちゅうです。
結局「単なるかっこいいクルマ好き」「購入しない者の身勝手さ」「メーカー迎合の提灯持ち」っていうのがモータージャーナリストの現実みたいです。

そんな感じなので、モータージャーナリストのテンションとは裏腹に、わりと冷静な目でS660を見ていたのですが、このクルマは個人的に買いたいクルマとは大きく外れている感じでした。「軽ダメ、オープンダメ、2シーターダメ、ラゲッジダメ」の4NG。さらに居住性と価格の2NGも付いて6NGってことで、麻雀ならハネ満です(^o^)

その昔オープンカーに乗っていた経験から、乗る楽しさと裏腹に、生活の中のクルマとしてはかなりの不自由を強いられるし、幌を開けられない真夏と真冬は苦痛といえるほど。さらに軽自動車で荷物も積めず、2人乗りでは、趣味というかおもちゃとしてしか使えません。
そんな感じだったので、このブログでもぜんぜん話題にするつもりもありませんでした。

それでも発売してみたらものすごい人気で、ディーラーでは試乗の予約が殺到しているとか。試乗するのに何時間待ちとかいうディーラーもあるとかで、「こんなのは初めてです」ってディーラーマンもうれしい悲鳴とか。
でも「販売の予約」ではなく「試乗の予約」で悲鳴を上げてどうするって思いますね。

てなことで、S660にはネガティブ振りまくりって感じだったのですが、カーグラTVとかで詳細がわかってくると
「おお、これはなかなか良いじゃないか」
って175度評価を変えてしまうざがあとのていたらく(^_^;)

S660-01.jpg
S660-02.jpg

まず、シートの作りが国産車とは思えないほど良さそうだったのが高評価になりました。
まったくプジョー208アリュールにしてから、シートがクルマにとっていかに大切なパーツであるか知ってしまい「シートフェチ」になってしまったのですが、S660のシートはかなり良いようです。

ハンドリングもホンダらしくクイックそうだし、たぶん乗り心地はこれまたホンダらしくダメでしょうが、あたかもバイクのように楽しめそうなクルマではあるようです。

これはちょっと試乗したくなりました。っていうか展示車でいいからシートに座ってみたくなりました。もちろん買いませんが。はっそうか、そういう人がたくさんいるのか(^o^)

それにしてもS660の話題性、ジャーナリストの盛り上がりを見ていると今年のカーオブザイヤーは確定ですね。
ってホンダではCR-Z同様に「カーオブザイヤーを取るとまったく売れない」っていうジンクスがまた来そうでブルーになるかもしれませんが。

【今日の言葉】 試乗のためのクルマを開発したのかって思うとホンダの中の人は悲しいですね。「市場」のために作ったのにって。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは。
私もCGTV観ました。かなりの高評価でしたね。
ホンダもかなり気合いを入れた車のようで、今の時代に本気でこういう車を作ってしまうところは、さすがホンダと思ってしまいます。売れる売れないは別として(^^;)
私も時間があれば試乗してみたいです。

あと、ホンダにはF1でも頑張ってもらいたいです。

オープン

こんばんは。
空熊です。

copen、road star、S660 と、オープン2シーターの新型がたて続けにリリースされましたね。
自分も、過去にオープンに乗っていた身としては、メーカーにはよく出してくれたと喝采を贈りたい気分です。

ただ、どれもかなりスポーツに振っていて、そこそこのお値段ですよね。
もっとカジュアルで気軽に買えるオープンもあれば、個人移動用にと割り切って買うこともできそうなんですが、、、
まぁ、無いものねだりですね。^_^;

Re: タイトルなし

隼さん、こんばんは。

「市場ではなく試乗のためのクルマ」なんて揶揄してしまったのですが、本当に乗ってみたいですよね。

昔のビートの時も、軽にこだわらなければ国際商品だなんて言われていたのですが、ケータハムセブン160がある現在は、この660ccのままでもユーロNCAPが通ればヨーロッパで大人気になるのではないかと。

っていうか、ホンダはアメリカでも人気が高く、ファンも多いのでバカ売れするのではないかって思いますが、おそらくアメリカではおもちゃ扱いかもしれません。

でも「クルマ好きが夢を語れる商品」であるところが一番すごいのかなとも思います。

もちろん私は「買わずに試乗派」ですが。って、ホンダディーラーとコネクションないし。プジョーでホンダに行くとへんな顔されそうで(^o^)

Re: オープン

空熊さん、こんばんは。

>ただ、どれもかなりスポーツに振っていて、そこそこのお値段ですよね。
そうなんです。シティカブリオレみたいに「スポーティとは真逆な」「おしゃれ度、注目度、爽快感優先」のオープンがあってもいいのにって思います。ビートルのカブリオとかあるのですが、値段高いし。

ジル・ビダルさんは、208でCCはやらないって言っているのでちょっと残念ですが、プジョー208アリュールのように頑張り過ぎないクルマのオープンがあると楽しいかもって思います。
数年後に「次期208」でやってもらえると買い換えタイミングで邂逅できそうですが、うちの奥さんは紫外線が嫌いなので購入は難しそうです。

こんにちは。ホンダのS660ですが確かに話題になっているようですね。 ただ個人的にはS660を出すよりシビックタイプRを国内生産で復活させた方がいいんじゃないかと思いました。 というのもたまたま雑誌を読んだら今度のシビックタイプRは欧州でも日本円にすると500万円を超える価格で販売されるとか。それのどこが「市民のクルマ」なんだろうかと元ホンダ乗りとしては疑問に思った次第です。

Re: タイトルなし

MMDさん、こんばんは。

10年ぐらい前でしょうか、2005年だから10年前か、高校の後輩でホンダに行っているのがいて、何かでシビックタイプRの話をしたことがあります。当時のタイプRは英国からの輸入車で、どうして国内で作らないのかって話。
早い話が儲からないそうなんです。当時からシビックシリーズの人気がいまいちで、各グレードをトータルしても採算が厳しい状態だったらしいです。

価格ですが、ホンダはやりだすととことんやるので、しかも欧州のエンジニアって、やっていいよっていうことこれまたとことんやるので500万という価格になってしまうのでしょう。
ゴルフとかRCZとか含めて「Rグレード」って一定の性能・仕様・装備のレベルがあるようで、それをクリアするにはそういう価格になるのでしょう。
確かにゴルフもRCZも「R」は500万級ですよね。
プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター