エイジハラスメント(ネタバレなし)

会社にある社内イントラネットの製品トピックスによると、自社製品の多機能電話機がAXのドラマ「エイジハラスメント」のオフィスのシーンで使われているので皆さん是非ご覧になり探してみてくださいって話題があったのですが、ハラスメントっていう穏やかでないタイトルがついているし、社内トピックスで話題になったから見るっていうのはドラマファンとして名折れだなんて変な根性があったので見るのはパスしていました。
ところが7月の初回放送の後、社内でちょっと話題になっているようで。「あのドラマはありえないっしょ」って感じで、ようするにあまり評判が良くない。

一般の人がそういう評価をすると逆に見たくなる、これまた変な根性に自分でもあきれるのですが、武井咲は嫌いじゃないし、昔から稲森いずみのファンだったしってことで第2回から見てみました。

舞台は日本を代表するような名門商社ってことで、ドラマ設定からしてコンプライアンスなど法務関連の対応は業界でも随一と思うのですが、総務部という職場にもかかわらずあらゆるタイプのハラスメントが起きまくっているっていうのは、やはりあり得ないと言わざるをえない設定。ドラマとしてはちょっと雑というか無理がある設定。でも内舘牧子のドラマってわかりやすさ優先が多いからこんなものかとも思います。そんな無理な設定も、慣れてしまえばそれなりにドラマとしての面白さがわかってきます。

このドラマも毎回最後に武井咲扮する吉井英美里が怒り心頭に発し「てめえ、五寸釘ぶちこむぞ」ってブチ切れして突っ込むのは、NTV系の花咲舞の「お言葉を返すようですが」と同系統。視聴者の溜飲を下げるオチでスッキリしてもらおうという魂胆みたいです。やはりな、ってことでドラマとしてはあまりレベルは高くありません。武井咲でなかったらそれほど評価されなかったかも知れません。

ところが見ていたらぴかりと光る女優がいました。高橋心音役の内藤理沙という女優さん。

eihara01.jpg

ドラマではなんかちゃらい役をやっているのですが、なんかそのちゃらさが板についていない。ひょっとしてこの人地味系じゃないのって思ったらその通りの地味系美人でした。しかもものすごくスタイルがいい。

eihara02.jpg

いままでどうして知らなかったのだろうって思ったのですが、オスカープロモーション所属だそうで、ああそうか、武井咲のバーターなのですね。一緒に出てくる野田ミカ役の原幹恵なんかもオスカープロモーションなのでバーターなのでしょう。
と言いつつも武井咲自信も数年前のCX系ドラマ「GOLD」で初登場したときは天海祐希のバーターだったはず。それでもGOLDでは武井咲の存在感がすごかったから一躍売れっ子女優になったようです。
地味系の女優が売れることは少ないようですが、ちょい役でも出てきたら応援しようと思います。

このドラマは、武井咲と小泉孝太郎のハラスメントをネタにした一本道のストーリーかと思いきや、稲森いずみ、竹中直人、要潤、杉本哲太、麻生祐未、大倉孝二、瀬戸康史、原幹恵などそれぞれに毎回エピソードを設定しているところは、わりとよくできていると思います。
考えてみればこのキャスティングはAXのドラマとしてはかなり贅沢で、最近のAXはさすがだなって思わせてくれます。

【今日の言葉】 この手のドラマのルーツは映画「バカヤロー!」シリーズだと思うのですが、懐かしいですね

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター