人事異動

うちの会社でも10月に職制改正に伴う人事異動があって、9月中旬に発表になりました。

かつては職制改正は8月で、その後いろいろ手続きや準備があって下期が始まる10月に間に合わせるってパターンだったのですが、その辺は全社ITシステムの恩恵なのか、9月中旬の発表になって10月に間に合うようになったようです。

人事異動のお知らせが社内イントラサイトにアップされたので休み時間に何となく見ていたのですが、いろいろな人が昇任、昇格になったりしています。
自分と他人の人生は違うっていう信条があるので、他人が栄転しようが昇進しようがあまり気にしないのですが、ましてや知人や先輩・後輩が昇進したのなら素直に喜べる性格は自分でも気に入っていたりします。

で、その中に大学の後輩のSの名前を見つけました。今をときめくクラウドコンピューティングのデータセンターサービス部門の本部長に抜擢されたようです。

Sは大学を卒業してからすぐに研究所勤務でコンピューターのコアな処理方式とかについて研究していたのですが、その後そういうのがはやらなくなり、いつの間にか異動になってしまって音信不通でした。ところが数年前にたまたま仕事の打ち合わせで出くわしてびっくり。
「久しぶりだなあ。何やってんの、今」
「ハードディスク(HDD)を担当していてRAIDのドライバとか開発しています」
「研究所時代からはずいぶん変わったね。RAIDか。ずいぶん枯れたことをやってんだね」
なんて皮肉を言っちゃったんですが、PCのRAIDなんかは専用コントローラで簡単にできるのですが、汎用サーバのRAIDはその程度では機能も性能も不十分で、製品となるサーバによってそれぞれコントローラとが異なるそうです。
ただ、HDDとかRAIDなんかは、低価格化が進んでいてなかなか売上に結びつかないし、設計職場としては地味なほうでSもちょっとくすぶっている感じがしていました。

ところがここ数年でクラウドがはやりだしてから俄然HDDの性能と機能を支えるRAIDが見直されるようになってSの仕事も日が当たるようになったっていうか忙しくなったのでしょう。あのamazonがクラウド用の数千台のHDDをすべてうちの会社のものにしたっていうのが大きかったようです。

HDDっていまでこそ3TBで1万円ちょっとで買えたりしますが、業務用のHDDはその4倍以上します。モノはほとんど同じなのですが、厳しい信頼性試験でパスしたものものなのでその位するようです。まあ個人のPCで使うだけならそこまで信頼性は必要ないから安いものでかまわないのですが。

最近はやりのビッグデータを扱う巨大なデータセンターとかでは、データベースをすべてメモリ上で動作させる技術とか、Sが地道に積み上げてきた技術が花開いた感じです。
自分の環境や境遇に文句を言う前に、できること、やるべきことを地道にしっかりとやっておくのがやはりいいようですね。

【今日の言葉】 人事で抜擢されるのは運もあるかもしれませんが、やはり日頃の努力が大切かと思います
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター