ベースの弦高

この正月からギターの練習をやっているのですが、ようやく左手の指のリハビリも進んで、簡単なリフを弾く練習に移りました。

リフと言えばディープ・パープルっていう世代ではあるのですが、やはり弾いて楽しいのはマイケル・ジャクソンだったりします。特にスリラーのアルバムにはハードロックナンバーが多くて弾くのが楽しいです。
ビートイットとかビリージーンがわりと簡単で楽しいのですが、ハードロックナンバーということもありギターのリフよりベースのリフの方が楽しかったりします。っていうかギターとベースを交互に練習しているので、本来がベース担当だったせいかベースの方がノリノリになります。

ということで、マイケル・ジャクソンの曲のTAB譜を見ながらベースの練習をしているのですが、どうも8フレット以上を弾こうとすると弦に指が引っかかる。っていうかスムーズに弦を押さえられない。
やっぱり腕が落ちたかなあと思ったのですが、ちょっと待てよ、です。

やたらフレットと弦の隙間が大きい。いわゆる弦高がありすぎる。

base01.jpg

ネットで調べたら4弦12フレットの弦高で2㎜ぐらいという。おお、ゆうに5㎜はあるなあ。弾きにくいわけだ。
このベースはジャズベースタイプなので弦高は高めらしいのですが、それでもこれは高すぎだろうって。

っていうことで、20数年放置しているあいだに、弦の張力でネックが曲がった、いわゆる順反りの状態のようです。

ギターなんかだとヘッドのカバーを外すとネジ穴が出てきて、それを回して反りの矯正をするのですが、このベースはそんなものはない。あるのは裏側の金具だけ。

base02.jpg

これを外すと何か出てくるのでしょうか。
ってことでビスを外してみたのですが、ビスはすごく長い木ねじで、ネックを固定していました。いわゆるストラトキャスタータイプってこういう構造なのですね。
で、金具を外したらいきなりネックが外れました。それもバコっと。

base03.jpg

おお、ここに反り矯正のトラスロッドが入っていました。

base04.jpg

これをとりあえず1/4回転だけ靜かに回して元通り組上げます。ちょっと足りなかったようなので、またバラしてもう1/4回転やってまた組上げます。

base05.jpg

おお、どうやら矯正できたようです。
12フレットで2㎜ぐらいだから十分でしょう。実際かなり弾きやすくなりました。めでたし、めでたし。

今回はなんとか無事にできたけど、うまくいかなかったら新品のベースを買う覚悟でいたことは内緒です(^o^)

【今日の言葉】 楽器をバラしてメンテしたのは生まれて初めてかも知れません

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター