アイバニーズSR300

使用中のヤマハジャズベースですが、以前の記事のとおり、ロッドとか弦高とか回路のハンダ付強化とかの調整をして使ってはいるのですが、弾きやすいように調整すると2弦3弦で16フレットあたりでビビリ音がします。こういう場所を弾かなければいいっていうのはあるのですが、そこは30年もののジャズベで、ピックアップもへたりを感じるので、これからもベースの練習を続けたいということもあり買い換えることにしました。

楽器購入に当って最初に決めることは予算であることは言うまでもありません。

これからベースを始めるっていうわけでもないので、予算的には「10万から15万の中堅モデル」を狙いたいところですが、この歳になるとこういうところに割ける予算が限られているのでその半分の「5万から8万」の第2新卒ならぬ「第2エントリーモデル」狙い。

楽器はギターからポータサウンド(懐かしい)、エレクトーンまでヤマハと決めているので、エレキベースも当然これまで使っていたものと同じヤマハブランドを中心に検討していたのですが、ネットで調べたり口コミをチェックすると、どうも最近のヤマハのLM楽器は初心者・中級者向けの製品に元気がない。

候補としてはTRBX504、TRBX304、BB424あたりですが、BB424はジャズベでもプレベでもなさそうで何かよくわからないのでドロップ。TRBXシリーズには5弦もあり、「もうベースを買うこともないだろうし、この際だから5弦もいいかな」とも思ったのですが、最近はミュートの難しさを理解しだして、5弦ベースのミュートは超難しいって聞いたのでドロップ。やはりベースは4弦で行きましょう。
4弦ベースのエントリーモデルであるTRBX304は変なレバーのイコライザーが付いていて、こういうのがあるって言うのは、基本機能のピックアップとかがショボそうなのでドロップ。やはりTRBX504になるかなあと。実勢価格55000円は予算的にもコスパ的にもまあまあ。
さらに色々調べていると入門者用のバッカスとかフェルナンデスはあれだけどアイバニーズはなかなかいいらしい。アイバニーズって言ったらマーティ・フリードマンかっていうぐらいの知識はあってとりあえずイメージとしての信頼性は高そう。

で、アイバニーズのベースを調べてみたらSRってモデルが人気で、デザインもヤマハTRBXによく似ていてっていうかヤマハの方が真似をしたのかもしれませんが、ネックの5ピースだったりして一緒。
SR300がエントリーモデルなんですが、TRBX504と似たような仕様。しかも来月にはSR300Eとして回路を強化したというエンハンス版が出るので、ちょうどこの2月に生産・販売が終了になるとか。
「これだ!」と思ったのは言うまでもありません。2010年頃のリリースのようで、設計としてはかなり古くなるかも知れませんが、末期モデルは不具合も収束しているのでねらい目なんです。
来月発売の改良版は45000円ぐらいの価格ですが、改良前モデルは大サービスの32000円。予算の半分以下で決着です。

ibsr300.jpg

注文したらピカピカの新品(当り前だ)が届きました。「リンゴ飴色(キャンディアップル)」はどうかと思ったのですがなかなかよさげです。とくに最近は個人的に新品の楽器購入は珍しいのですみずみまで眺めましたがインドネシア製とはいうものの、しっかりとまじめに作られているのがわかって満足です。

で、早速弾いてみました。
弾きやすいです。ものすごく。自分がうまくなったのではって勘違いしそうなほど(笑)

とにかくボディが軽い。フェンダータイプ系ジャズベの2/3ぐらいでしょうか。しかもネックの厚みが日本人に合わせたのでしょうか、薄めで弦もコンパウンドなのか柔らかくて、ネックがそっていないから弦高も低く、まるでフォークギターの5弦、6弦のようです。
アイバニーズSR系は弾きやすさが最大の特徴らしいですが、まさにその通りという感じ。

音はまだボディの慣らしが終わっていないのか普通です。4弦の重量感不足は、ボディが軽いからかと思いますがちょっと物足りないです。そのへんはイコライザーで調整が必要かも。もっともヤマハのジャズベは4弦の低音が特徴なので、それにかなうわけがないのはわかりきったことでもあります。

とにかくこの弾きやすさは初心者や女性には本当にうれしいかも知れません。ただスタジオならまだしも、ライブでは迫力不足かも知れません。エフェクターとかうまく使って自分のサウンドを作る必要がありそうで、それも楽しみのひとつではあるでしょう。


何かを始めようと購入する場合、「初めてのグローブ問題」っていうのがあって、これから野球を始める子供に買い与えるグローブはエントリーモデルにするかハイエンドモデルにするかという選択の問題。
物を大切にする心を養う教育的効果、練習を頑張るモチベーションとしての効果、買ってくれた親に感謝する気持ちなどから初めて買うグローブは予算内でなるべくハイエンドを選べって言います。

ところが楽器の場合は逆なんです。初心者はハイエンドモデルを買ってはいけない。
特にロックとかLM系の楽器はかっこよさが大切なのでハイエンドは選ばない方が良いようです。エントリーモデルでも上手に弾く人はかっこいいけど、へたな人がハイエンドモデルを弾くのはかっこ悪いです。ロックとかはかっこよさが大事でかっこ悪かったらおしまいですから。
初心者はまずエントリーモデルを手にして、サウンドとか操作とかメンテナンスとか学んで、自分にとってよりよい楽器へステップアップしていくわけで、その踏み台としてエントリーモデルが重要なんですね。

楽器におけるエントリーモデルっていうのはわりとしっかりした市場があるのかもしれません。
なんとなくかっこいいからギターやってみようかなとか、バンドやろうって誘われたからとりあえずとか、将来に渡ってやる予定はないけどちょっとやってみたいとか、そういうユーザーがたくさんいるから楽器メーカーは根性を入れてエントリーモデルを出しているようです。だから「思った以上に良い楽器」が揃っているのだと思います。

だからと言うのでもないのですが、今の自分にはアイバニーズSR300はなかなかぴったりかもって思います。
それでも気に入らなくなったら買い換えればいいのだし。
もちろん奥さんの許可が必要ですが(^o^)

【今日の言葉】 長々と書いたのは、安物を買った言い訳じゃありませんよ(^_^)v
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。お久しぶりです。
208の話題ではなく、こちらに興味津々ということで。
自分は専ら音楽は聴いてばかりで、楽器を手にするきっかけを失ったまま過ごしてきました。ベースの音とかフレーズが好きで、漠然と「手にするならベースかな」などと思ってはいましたが。友人にかなり技巧派な奴がいたこともあって、自分の出る幕はないかなという気もありましたね。

楽器というと、そこそこまともなものはそれなりの金額を出さなければ、という認識でしたが、今回の記事でご紹介されているものでも、なかなかのものですかね。ちょっとばかり興味をそそられるものでした。

Re: No title

dx/dyさん、こんばんは。お久しぶりです。

楽器の記事にコメントをいただけてうれしいです。

現在でもヒット曲としてロックがはやる数少ない国が日本だし、「けいおん」とか人気アニメのおかげでバンドの裾野が広がっているせいかLM(軽音楽)の楽器のエントリーモデルは充実しているように思います。
エントリーモデルって言ってもそれなりに信頼できるものは希望小売価格で5万円ぐらいからなので、これまでまったく楽器と縁がなかった人にはけして安い買い物でもないと思います。人によっては15万でも安い方とか言いますが。

ただ2万円以下のものは、本体やネックの材質も、ペグやブリッジのハードも、ピックアップも、弦に至るまでかなりいい加減だし製造設備や作業者もそれなりだろうから「銭うしない」になるので手を出すべきじゃないでしょう。キチッとした音がでることは期待できません。

ギターはコピーで曲として弾けるし、色々な音が出せて楽しいし、表現も豊かなので楽しいのですが、ベースはドラムのリズムとシンクロすればグルーブ感が楽しめるし、スケールに従ったアドリブは初心者でもやりやすくこれまた楽しいです。

昔バンドで遊んでいたときはギターをやりたかったのですが、へたくそだったのでベースになりました。弦の本数が少ない分やりやすいといえばやりやすいし。もともとベースをやる予定だったKという人はかなり上級者なのですが、ドラムへシフト。練習中にドラムを叩きながら「そうじゃない」って怒られました。

エリック・クラプトンとかのブルース系やディープ・パープルとかのリフ性の強いハードロックが好きならばベースの耳コピは楽しいかも知れません。
私もバンド活動をやる予定はまるでないのですが、毎日楽しく練習しています(^o^)

No title

こんばんは。
たまたま置いてあるピアノなんかを、サラッと弾けるみたいなのもカッコいいんですが、
どうも、ベースやドラムといったリズム方面に関心が向かいます。

ところで、SR300Eを海外サイトで見ると、なかなか渋いカラーが揃っているんですが、
日本だとカラー・ラインナップが違うんですね。黒と水色は同じで、あと白と赤みたいです。
こういうもんなんでしょうか。

Re: No title

dx/dyさん、こんばんは。

アイバニーズのSR300も海外では日本仕様にはない渋いグレーとかあってかっこよさは有名なようで、大手楽器店だとこの海外仕様を輸入していますね。ただ値段が倍以上にるようでちょっと手が出ません。
しかもその値段でSR300を買うか微妙です。もっと上のグレードのモデルか、フェンダーの下のモデルに手が届きますから。
ただ、円高になればもう少し安く入ってくるかも知れませんね。プジョーとか輸入車と同じですね(^o^)

SR300はボディが軽量でネックの厚みもそれほどないので弾きやすくて気に入っています。
が、ベースって体でも振動を受けとめて楽しめるので、やはり重量級ボディのジャズベースもたまには弾きたくなりますね。
プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター