ブーン/パッソ

三菱自動車が燃費データのねつ造で大変なことになっていますが、自社の存続もやばい感じながら、日産自動車も売るべき軽自動車がないってことで、ダメージははかり知れません。
個人的にはJC08燃費なんかはなから信用していないしどうでもいいのですが、数値によってエコカー減税を受けられるかどうか決まるそうで、それが販売に直結するってことで、やはりJC08燃費は「いいほどいい」ってことなのでしょう。
エコカー減税とは無縁だったプジョー208乗りには理解しにくいところです(^o^)

そんな日産・三菱の大騒ぎを横目に、トヨタ・ダイハツ陣営はコンパクトカー新型ブーン、パッソを発表して盛り上がっているようです。
「軽じゃないK」なんて言って、軽自動車販売に懐疑的なトヨタはAセグメント車パッソを強くアピールしています。
ダイハツはダイハツで、「軽の技術で、コンパクトを変えていく」って、軽からコンパクトへのシフトを狙っているような。

今回のブーン、パッソの発表は、トヨタ・ダイハツでタイアップしているようで、同じメインカラーの2種のデザインで2社がCMを入れています。安田顕とマツコ・デラックスというインパクトのあるキャラクターを起用して。
それにしてもブーンの「OO」のところに安田顕の目が来るのですが、この目線が印象的すぎてCMの効果は抜群です(^o^)

daihatsuboon.jpg

新型ブーンはフロントのデザインが個性的でいいと思ったのですが、ダイハツが軽自動車開発のノウハウを投入したと自慢するように、キャビン以降のデザインはないに等しい低コストを狙ったもので、かなりがっかりです。内装もかなり残念で、やはりコスト的にはぎりぎりこんなものなのか、あるいは日本のAセグユーザーはこの程度でいいと思っているのかも知れません。

ただトヨタが軽自動車を向こうに回してAセグ車を売っていこうっていう心意気は評価したいと思います。日産やマツダ、ホンダは時前でAセグ車を立てられなくて軽自動車に流れましたから。
Aセグ車ならわざわざダイハツ製を持ってこなくても、トヨタ系列が欧州で生産している「アイゴ」を輸入すればいいのにって思うのですが、軽自動車に広さで負けるだろうし、第一かっこ悪いので(^o^)、日本ではこのブーン/パッソになるのでしょう。

軽自動車が強い日本ではAセグ車の販売は難しいとはいうものの、かつてストーリア/デュエットをそこそこ売っていた販売力があるトヨタとダイハツなので、今回もそこそこ売れると思います。そういう意味では、フォルクスワーゲンup!やスマートフォーフォーがいまいち日本でぱっとしないのは販売に問題があるからなのかも知れません。

っていうかフランスはルノーのAセグ車トゥインゴが、先のモーターショーでは大々的に3月発売予定なんて言っていたのですが、いまだに出てきていないのはどうしてでしょう。おそらく日本仕様の装備とか価格設定、メンテナンス体制の整備とかに手間取っているのかもしれません。
モーターショーですごくいいクルマであることは確認済みなので、早く出てきてほしいと思います。
できればup!、スマートと一緒に日本でAセグメント車ブームが起きたら楽しいのにって思います。
「旬は、0.9Lターボさ」なんて(^_^)v

【今日の言葉】 Aセグ車がもっと出回れば、軽自動車に近い税制に変わるかも知れません。っていうか変わって欲しいです
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター