エレキ練習4ヶ月

昨年の年末に、ギタリストYが会社を辞めるのでYのところに遊びにいってエレキギターやベースに触って来たのがきっかけで、何十年ぶりかでしまい込んでいた自分のエレキギター、ベースギターを出して年明けから練習しているのですが、なんだかんだと4ヶ月が経ちました。

結論から言うと、この4ヶ月間毎日触っていただけあって昔より確実にっていうかかなりうまくなりました(^_^)v
昔ではとうてい弾けなかったものが「それなりに」弾けるようになっているし、左手の指先も硬くなってからまた柔らかくなって来たのですが、いくら弦を押さえても痛くなくなりました。しかもあれほど動かなかった左手小指が割と自由に動かせるようになったし、ギターの基本の色々なスケールも弾けるようになりました。

2ヶ月目ぐらいまではギターやベースを弾くのが楽しくてしょうがないのですが、それを過ぎると、もう少し複雑な表現をしたくなったりして、それができないことが壁になったりして、それを越えるとまたちょっと楽しくなったりします。

ただ問題もありました。
中高年は左手の腱鞘炎に気をつけろとあるサイトに書いてあったことは話題にしたのですが、モロそれが来て苦しみました。
フェンダーデザインのジャズベースって、手の大きな外国人に合わせてあるのか、手が小さくて指が開かない私なんかには弾きにくいことこの上なしという感じですが、ちょっと無理して練習していたらみごとに腱鞘炎が来ました。親指付け根に激痛が走ったので初めは関節炎かって思ったのですが、人に話したら「これなむ関節炎」ってことでした。

ところがこのジャズベがネック反りでかなり残念な状態だったので、これまた話題にしたようにアイバニーズのSR300というベースにしてみたらあら不思議、ネックが薄く弾きやすいのでみるみる腱鞘炎は改善しました。

ベースは3ヶ月目が過ぎると、ディープパープルであるとかビートルズであるとかマイケル・ジャクソンであるとか、サザンオールスターズであるとかコピーをしていても飽きて来ます。
バンドとかやれば、他のメンバーによる刺激とか入って楽しいのですが、バンドっていうのは、そのバンドが主張できるものが必要で演奏に対する目的意識、目標がないと実現しません。音楽や演奏を通じて何かをしたいっていうモチベーションは中年になるとなかなか持てないものです。っていうか自分が楽器を弾いてもその先に何があるかわかってしまっているからです。自分達の曲が大ヒットして大金持ちなんてことはありえないのです(^_^)
いや、バンド組むなら身の程を知らなさすぎる夢でも持たないとつまらないってものです(^_^)v

なので、普通に「一緒に楽器を弾いて堅いことは一切言わずに楽器で遊ぶ」仲間が欲しいところですが、この歳になるとなかなかいなかったりします。
だからひとりで楽器演奏を楽しみ続けるっていうのはなかなか大変なことなんじゃないかって思ったりしています。

ひとりで好き勝手なことができるのなら、ちょっと変わったことをやってみようってわけで、最近はベース練習でクラシックの曲を弾いたりしています。

http://slapbass.jp/kanon-tab.html

この「パッフェルベルのカノン」は1日30分ほどの練習で一週間ほど掛かりましたが、中年になっても新しいことに挑戦してやれるものだと自分でも驚いています。

エレキベースやエレキギターでクラシックをやって楽しいのかどうかはちょっとよくわからないのですが、お手本となる原曲のピアノ演奏とか管弦楽演奏で聴いてみると、クラシックもいいなと思うようになりました。
元々ボーカルのないジャズとかが好きだったので、クラシックは交響楽以外ならそれほど敷居は高くないと思いました。

【今日の言葉】 カノンは「バロック以前」とのことなので、今度はモーツァルトを弾いてみたいなと思いますができるでしょうか
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター