スマート・フォーフォー

現時点ではプジョー208アリュールに満足しているので長く乗りたいと思うのですが、次期導入車に向けて情報収集は欠かしません。
昨年の東京モーターショーでも、スマート・フォーフォーに触れてみて、その品質の良さを確認したのですが、次期ルノー・トゥインゴと姉妹車ってことで、まずトゥインゴを見ないことにはなんともって思ったわけですが、発売予定の2016年春を過ぎても何の動きもない状態。ちょっと寂しいです。

ところが先日、飼っている文鳥の健康診断に藤沢まで行ったのですが、病院手前で信号待ちしていたら、目の前のメルセデスベンツのディーラーがあって、スマート・フォーフォーが展示されていました。

「あのクルマ、かわいくていいね。209万って安!」
って小さくてかわいいクルマが好きな奥さんは、かなりスマート・フォーフォーに興味を持ったご様子。

CMに嵐の相葉くんを使ったり、メルセデス生まれって素性の良さをアピールしているので女性のハートを掴みつつあるようです。
内装とかも、トヨタIQと比べてもおしゃれでプレミアムになっているので、いっそのこと「スリーポインテッドスター」いわゆるベンツマークを与えてもいいと思うのですが、その辺はメーカーの思惑があるのでしょう。

家に帰ってから奥さんはネットで色々調べたようで、安全ボディとかエアバッグとか、7速ツインクラッチとか、リアエンジン・リアドライブで前後でタイヤサイズが違うとか、「女性でそこまでチェックできれば上出来」っていうほどの勉強ぶりに感心。

「エンジンが三菱製ってどうなの?」っていうのですが、
「ルノーのターボエンジンよりエコで燃費がいいはず。三菱自動車はエンジンの供給メーカーとしても有名で、かつての韓国車や現在も多くの中国車が三菱のエンジンを積んでいる。サイレントシャフトとか独自の技術を持っているのでエンジンメーカーとして評価が高いし、自社のクルマが売れなくてもエンジンメーカーとしてやっていけるんじゃないかな」

という感じで、スマート・フォーフォーをめでたく次期導入車にノミネートしました。

ところがここへ来て昨今の三菱自動車の不祥事です。

工業製品には設計・製造の不具合はつきもので、それからユーザーを保護するためにリコールという制度があるわけで、そういう仕損費用も製品価格に織り込まれているからケチる必要はないのですが、三菱自動車はリコール隠しをしてしまいました。まさに企業としては一番やってはいけない「アカンヤツ」。
そこへきて今回は「燃費データの偽装」。まあ個人的には「JC08モード燃費なんかほとんどウソみたいなもの」とは思っているのですが、モード燃費を計測するルールを守らないのはダメでしょ。
それで大騒ぎになって、燃費データ偽装による各種補填費用が雪だるま式にふくらんでいるとか。あげくの果てには日産自動車に吸収合併されるとか。やっぱり企業存続の危機だったわけです。

うちが気に入ったスマート・フォーフォーのエンジンは大丈夫だと思うのですが、曲がったことの大嫌いな奥さんの心証は最悪です。
スマート・フォーフォーに三菱製以外のエンジンが載るモデルがあればいいのですが、スマートはやめてトゥインゴになってしまうかもしれません。

【今日の言葉】 三菱自動車を吸収する日産はルノー傘下なので、トゥインゴのエンジンも三菱製になるかも知れません。そうなったら詰みです
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター