燃費偽装問題

燃費偽装問題と言えば三菱自動車なんですが、ついうっかりなんてもんではなく、ずっと以前から同社が出しているほとんどの車種で、悪意のある偽装をやっていたとのことで批判されました。

企業として組織的な不正をやると存続さえ危ういよって、リコール隠しのときに学んだと思ったのですが、まさに心配したとおりとなって日産自動車に吸収されることになりました。日産は三菱というブランドを残すって言っているようですが、ブランドなんか残ったって会社がなくなるのではお話にならないでしょう。
日産はブランドにはあまり頓着していないようです。スカイラインGT-Rが日産GT-Rになったことを思えば。旧プリンス自動車関係の方は悔しいと思います。

三菱自動車の燃費計測データの偽装でマスコミが大騒ぎだったときに、スズキの鈴木会長が「競争があるからなかなか厳しいものがある」とか三菱を擁護するような発言をしていたのですが、それからまもなくスズキも燃費計測のやり方がおかしいと大問題になりました。技術畑の経営者が辞めたり鈴木会長がCEO職を辞したりするということは不正事実を認めて責任を取ったと言うことでしょう。

ところがちまたでは、スズキの燃費計測は国交省のやり方で再計測したらカタログ値よりも良くなった、なんていう噂が。この噂を聞いてスズキを賞賛する声もでたとか。
もちろんこれはデマだそうで、スズキ側もそういう事実はないと否定しています。

カタログ掲載の燃費性能数値なんか「まったく信用していない」私なんかは、今回の事件はどうでもいいのですが、企業としての信用はフィーリング的にはかなり落ちているのも事実。

今回の三菱・スズキの事件で、次期候補のスマートフォーフォーは三菱製エンジンだというので候補保留になったし、もし国産車を買うのならって、国産メーカーを消去法で選んでいくとスズキしかなかったので、やっぱり国産車ならスズキかなあと決めたていたところに今回の事件。
本当に残念です。

というか、JC08燃費計測って、カーボンバランス法だったはずで、実際のやり方はガイドライン的なものはあるものの、第三者機関ではなく各メーカーで計測するのだからそこには各メーカー独自の工夫とかあるのも当然かと。
国交省も燃費計測はこうやれっていうのなら、監査とか査察をすべきではなかったかと思います。三菱自動車の体たらくは国交省の体たらくでもあるのでは、と納税者としては思います。

こういう事件があってか、国交省主導かどうかわかりませんが、燃費計測の国際基準に準拠しようという動きが出てきたようです。
っていうか10年ほど前から、先進国だけでなく、韓国・インド・ブラジルなんかも含め燃費計測の尺度を共通化しようという動きがありました。
実燃費に一番近いのはアメリカの計測方法だというのですが、そのままではそぐわない国があるのでなかなか悩ましいという話を聞いています。
エンジン排気量が大きく、レギュラーガソリンで、クルマのスピードも遅めなアメリカと、小排気量、ハイオクガソリン、超高速の欧州では、まったく別のクルマが走っているようなものなので、同じクルマでも燃費に大きく差が出るようです。

ちなみにハイブリッドや軽自動車は「アメリカ方式」の方が燃費性能は有利らしいです。

【今日の言葉】 紆余曲折があって、結局大昔の「60㎞/h 定地燃費」になったりなんてことにならなければいいですが
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター