フランス車にはまるワケ

うちの奥さんはプジョー208が大好きなんですが、使っていて気に入っているのは、取り回しのしやすいハンドリングと乗り心地のようです。どちらもフランス車ならではの特徴なんですが、特に乗り心地が気に入っているようです。

プジョー208の乗り心地は、単にダンパーが柔らかいだけでは実現できないもので、高いボディ剛性、よくできたシート、たっぷりとしたホイールストロークのサスペンションジオメトリーがあって初めて成り立つのだというのは乗っていて分かります。乗り心地、乗り味というのは、足回りというユニットだけでできるものではなく、クルマ全体のシステムとして初めて表現できるというのが理解できます。

プジョー208は道路の継ぎ目とかマンホールとかでもドライバーの腰までガツンと来るショックを伝えることはまずありません。タイヤが、ダンパーが、ボディが、シートが、それぞれ協力・分担してショックを吸収してくれます。

そりゃ日本ではクラウン、ドイツではメルセデス・BMW、イギリスならジャガー、アメリカならキャデラックと素晴らしい乗り心地のクルマはたくさんあると思います。が、プジョーの乗り心地は、絶対的には高級車には劣るのでしょうが、一度その味というかクセを知るとはまってしまいます。江戸っ子でいう「粋」に近い感じです。ちょっとがさつだけどいなせでしゃれた乗り心地にはまるわけです。

乗り心地がこれだけ柔らかいと、ちょっとスピードが乗ったコーナリングではめいっぱいロールするのですが、ロールしながらさらに奥ではしっかりと踏ん張るセッティングで、これもフランス流のようです。トヨタのクルマなんかも柔らかい足回りを持っているのですが、その先の「しっかりと踏ん張る」って領域を持っていないので、最後までただふにゃふにゃなだけです。

高速での直進安定性と静粛性が素晴らしいのもフランス車の特徴と言われます。乗り心地とセットで、高速運転の「疲れない性能」が素晴らしいです。

フランス車はボディにくらべてエンジンが小さい、出力が弱すぎるなんて指摘が以前からあります。その少ないエンジンパワーをうまく使って走らせるのもフランス車の楽しみで、そういう意味ではMTを強く推奨したいと思います。

カタログでしかクルマの性能を語れない人っているもんで、「プジョー208って82馬力しかないんですか。これじゃ全然走らないじゃないですか」ってツッコミ、いやディスりを入れてくる人がいるのですが、そりゃ乗り心地やボディ剛性、シートの良さ、静粛性、直進性、コーナリングでの扱いやすさ、疲れない性能などカタログには書いてありませんよ。
カタログだけで自動車を断じることの無意味さをフランス車は教えてくれます。
国産車がカタログを飾るための性能、装備に躍起になっていることの方がばかばかしいと思います。

トヨタ・オーリスが「トヨタが作った欧州車」なんてキャッチをやっていますが、自虐的に聞こえるのは私だけでしょうか。本当の欧州車を知っている人は「いや、トヨタが作ったただの日本車だろう」ってオーリスを選ばないと思います。トヨタが作った「欧州車」ってなんなの、何をもって「欧州車」と呼ぶのかって突っ込みたくなります。
「欧州のみなさんへ。これが欧州へのトヨタの回答」ぐらいやらないとダメだろうって思います。

その昔、日産パルサー(N11型)が「パルサー・ヨーロッパ」のキャッチで、パルサーの向こう側に欧州の大衆車をずらりと並べたポスターを作ったのですが、欧州車に対してかなり挑発的ではありました。
その後N14パルサーGTIやアルテッツァに乗って、「欧州車ってこんな感じだ」なんて思っていたのですが、プジョー208に乗ってみて全然違うことが分かりました。国産車と欧州車は工業製品としての大差はなくなって来たかも知れませんが、その奥にある自動車としての思想はまったく違うっていうか、いまだに歴然とした差があるようです。

【今日の言葉】 奥さんが堅いドイツ車に乗りたくないっていうので、次もフランス車になりそうです
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは。お久しぶりです。

私も、フランス車の直進安定性は素晴らしいものがあると思います。
普通、高速を走っていてスピードが上がっていけば、それに比例して緊張感や恐怖心も上がっていくのが当たり前だと思うのですが(今まで乗っていた国産車は…)、私の車の場合、運転していて逆に安心感があります。緊張もあまりしないので疲れないです。
解りやすく例えるなら80km/hで走行していても60km/hで走っているような安定性や安心感という感じでしょうか。

先日、休暇で家族と旅行に行って、レンタカーを借りたんですが(カローラフィールダー ハイブリッドでした)、本当に運転し辛くて、高速でもかなり集中して運転する感じで、とても疲れました。それにあのブレーキのタッチは怖いです。もうハイブリッドには乗りたくないって思いました。

旅行から帰ってきて自分の車に乗って、やっぱりフランス車は良いなって再認識しました。

私も次に乗り換えるときもフランス車だと思います。でも、まだまだ今の車を乗り続けますが(^^)

Re: タイトルなし

隼さん、こんばんは。お久しぶりです。

以前記事にも書いたのですが、プジョー208で高速道路を走ってビックリしたのは、100㎞/hで走ってもエンジンの回転があがっているだけで風切り音などのノイズは速度分だけ増えるだけできわめて静粛性が高いのです。
これまではパルサーGTIもアルテッツァも、高速に入るとこもり音とかエンジンノイズがひどくてオーディオのボリュームを上げないとダメでした。こういう音とか振動とかが与える緊張感がいかに疲労につながるかがプジョーに乗ってよく分かりました。

CGTVで松任谷さんが、世界中のクルマで一番直進安定性が優れているのはフランス車だと思うって言っていました。その松任谷さんがお気に入りのフランス車がプジョー309と聞いてぶっ飛びましたが(笑)

カローラフィールダーのハイブリッドはそんなに疲れましたか(笑)
個人的には、プリウスはかっこ悪いし、大きすぎるし、見切りが悪いしで、デザインとかパッケージング的には最悪と思っていて、クルマとしてはカローラの方が上と思っていたのですが、やはりトヨタ車ですね。
やはり高速道路130㎞/hの国のクルマとは勝負にならないのでしょうね。

カローラというと対抗となるドイツ車はゴルフ、フランス車ならプジョー308とかメガーヌなのでしょうが、値段違うしとか思っていたのですが、カローラもいつのまにか250万円クラスになっていたのですね。それならゴルフや308を選んだ方が確実にお得だろうって思います。

やはりフランス車の良さは、乗ってみて分かる、乗らないと分からないってところが多く、拙ブログを見て興味を持って、208に乗ってみたら良かったので購入しちゃいましたっていう方が沢山いてうれしいです。
記事では大したことは書いていないつもりだし、書けないのですが、皆さんがフランス車に興味をもつきっかけになれただけで、本当にうれしいです。

No title

はじめまして、akaと申します。

今年のゴールデンウィークに近所の外車中古車ディーラーが試乗会をしていた際にたまたま現行の208styleがあり、試乗で一目ぼれしてしまいとうとう(中古車ですが)前期型ALLURE 5MTを契約してしまいました。

208関係のレビューやブログはいろいろ参考にさせていただきましたが、ざがあとさんのブログが一番参考になり、背中を押されるきっかけになりました。ざがあとさんが度々書かれているとおり、スペックシートでは冴えない車ですが乗ってみて初めて分かる奥深い車だと感じます。納車は月末の予定ですが大事にしたいと思います。

Re: No title

akaさん、こんばんは。初めまして。

プジョー208アリュールのご契約おめでとうございます。
GWに試乗して今月末に契約って相当期間があるようですが、かなり悩まれたのでしょうか(^o^)

3ドアアリュールは拙ブログでも紹介しているとおり、GTと共通のテップレザーのシートはものすごくとんでもなくいいです。
うちも納車3年半を過ぎたのでそろそろ報告しようと思っていたのですが、このシートを含めプジョー208は、ヘタリとかヤレがものすごく少ないので、中古車でも走行距離次第ではかなり買い得と思います。
グーネットとかでも100万そこそこの3ドアアリュールが出ていたりしますが、これはねらい目ですよ(笑)

納車は月末ということでシルバーウィークの後なのがちょっと残念ですが、ぜひ高速道路をクルーズコントロールで走ってみてください。うわ、やっぱり欧州車すごいやって思うはずです。しかもこの静粛性、直進性、乗り心地は、うわ、やっぱりフランス車すごいやって思うはずです。

EB2というエンジンは、トルクを思い切り低速に振っていますが、吹け上がりは自然吸気DOHCそのものなので、MTを上手に使ってそのレンジを活かしてスポーティに走りましょう。まずは練習っす。5速MTが使いこなせれば本当に楽しいクルマです。

うちの方(神奈川西部)はやまゆりライン(http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=87487a7388dfe69827502f8143bb4ca7)っていう広域農道があるのですが、こういうところは本当にアリュールは気持ちいいです。
足柄峠とか乙女峠はちょと頑張らなくちゃなりませんが、これまでのパルサーGTIやアルテッツァより楽しく走れています。

楽しいクルマかどうかはカタログでは読み取れませんからね(笑)

MT好きな家族

はじめまして!
一昨日プジョー208 style5ドアMTを納車しました!!
当方30代の子持ち、夫婦揃ってMTを運転したくて少ない選択肢の中から208を選び抜きました!!

以前はドイツ車に乗ってましたがMTがないのが最初からひっかかってたんですが、車自体は気に入っていたし1年半乗ってたのです。しかしヨーロッパに行きMT車をレンタカーして夫もわたしもMT好きが止まらなくなりました。

まだ遠出などしてませんが、運転が楽しいです!これからもっといい相棒になってくれると思うとワクワクします。

Re: MT好きな家族

ライオンママさん、こんばんは。初めまして。

女性のMTファンは珍しいっていうか、うちの奥さんもMTしか乗らないって言っているから珍しくないのかって思うのですが、MT自体が日本では少数派だからやはり珍しいのでしょう(^o^)

シビックSIRとかトヨタ86とかアルトワークスなんかならMTで乗るところなのでしょうが、MTってこんなに楽しいのにどうして「普通のクルマのMT」がないのってワケで、プジョー208に行き着くんですね。

プジョー208のノンターボEB2エンジンは、3気筒なので吹き上がりが元気ですが、超低速トルク型でAT向きか、なんて印象はあるのですが、どうしてどうして、ワイドレシオながらこの5速MTで上手にパワーを使うと楽しいし静かだし快適に走れるんですね。

足柄、箱根、十国峠とか走るとMTにして本当に良かったって思います。ATだとタイトコーナーの急な上り勾配なんかぎくしゃくしっぱなしでがっかりですから。別に飛ばさなくてもMTだと楽しいのです。

まだ遠出したことがないそうですが、プジョー208はMTながらクルーズコントロールが付いているので、高速道路では是非使ってみてください。こんなに楽ちんで靜かで燃費が良いの、って感動するはずです。

プジョー208は普通のクルマって言いましたが、元気に気持ちよく走らせるのもMTの使い方次第っていうところにやりがいを感じますよね(^o^)
慣れれば渋滞も苦になりませんし、AT車の楽ちんというメリットを選んだためにクルマのおいしいところを捨てていたのだっていうのがよく分かります。
せっかくのMT車ゲットなのでじっくり楽しんでください。

お返事ありがとうございます!

ざがあとさん
お返事ありがとうございます。
MTやっぱり楽しいです!!そうなんです、スポーツ系だったり走る仕様にしてあるクルマのMTじゃなくて普通の乗用車でMTが欲しかったんです。プジョー208が普通なのかといえばわたしにとっては特別な車ですけど(普通って表現は難しいですね)
色はカラドブルーでアロイホイールはARGON、キャップはボディと同色、シフトノブとハンドブレーキをアルミのオプションに変えました。室内も落ち着いていてとても運転に集中しやすいです!

エンジンのことなどお詳しくて勉強になります!
わたしはあまりそこらへん詳しくはないのでこちらのブログで208の魅力をもっと知りたいと思ってます!!
わたしはクラシックミニクーパー、パジェロ、ロードスターなどMTをメインに乗ってきたので女性の中では車好きな方だと思います。ATに乗ってたこともありますが、やっぱりつまらないーーーーーーーーーーー😨涙

今度高速を運転するので楽しみです。
明日208で初めて幼稚園の送り迎えします!!送り迎えが楽しみすぎますーーー!!!
そもそも娘がライオンマークを気に入ったことが最大の後押しとなり208に出会えました。

また遊びにきます!

No title

先日コメントさせていただいたakaです。
本日ようやく納車され、自分自身の慣らしを兼ねてワインディングと高速道路を走ってきました。

軽い車体とハンドリングのおかげで街乗り・ワインディングがすごく楽しい車ですが、本領発揮は高速道路な気がします。
1km/h刻みで設定可能なクルーズコントロールはもちろん便利ですが、いつの間にか120km/hあたりまで平気で出てしまう高速性能・静粛性・直進性はスペック表からは読み取れないので、興味のある方にはぜひ食わず嫌いにならずに試乗してもらいたいと思うポイントですね。

ただ、渋滞10km/h程の渋滞をノロノロ走る場面では、(自分自身が独特のクラッチのミートポイントをつかみきれていないためか)ギクシャクしてしまい少し苦手な印象です。

しばらくは気候のいい時期が続くので、近所の広域農道なども走って208の奥深さを堪能したいと思います。

Re: No title

akaさん、こんにちは。

プジョー208アリュールの納車おめでとうございます!
早速楽しんでらっしゃるようで、国産車にはないフランス車の魅力を堪能なさっていますね(^o^)

プジョー208は本当にクイックに曲がるので、交差点を左折するだけでも楽しかったりします。低速トルクがあるので3速で左折できたりして、「おお、3速だったか」ってビックリします。
高速で100㎞/hに達しても、国産車大衆車のようなこもり音、風切り音はあまり高まらないし、直進性が良くて乗り心地もいいから緊張感があまりありません。なので思わぬスピードになることがあるので要注意です。っていうか1.2リッター82馬力のクルマの走りじゃないですよね。クルコンだけでなく、スピードリミッターを上手に使うと良いかもしれません。

渋滞ノロノロ運転でぎくしゃくの話は、「MTというのはそういうものです」(^o^)

クラッチのミートポイントがわりと手前なので、慣れるまで時間がかかるのはしょうがないです。
私なんか3ヶ月以上掛かかりました。ワイドレシオのミッションを思い通りにスムーズに使えるようになるまで半年かかったかも(笑)

これから使っていくといろいろプジョーらしい魅力が分ってきますので当分退屈しないと思います。
ワイパーやライトのオート機能とか、デイライトとか、パワーを活かした運転とか、低燃費に走るコツとかいろいろ試して楽しんでください。
プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター