続・新型プリウス絶好調

前回の記事では新型プリウスをぼろくそに言ってディスりまくりじゃないかって思われた方も多いと思います。確かにその通りなんですが、ココロはというか本心はそうでもないのです。

自動車において、今できる環境への最良なソリューションはガソリンエンジンの負担を軽減できるハイブリッドシステムだと思います。
だからVWもメルセデスもBMWもプジョーシトロエンもそれぞれのハイブリッドシステムをやっているわけで、その中で最大の量産を誇るトヨタは評価されるべき実績を上げているわけですが、そういうビジネス面だけではなく便利さと楽しさという自動車文化面ではもう少しがんばって欲しいところです。

個人的には電気モーター併用ハイブリッドへの期待は大きいし、ホンダのようにモーターアシスト的なハイブリッドではなく、次世代の燃料電池車につながる本格的なシステムにしたトヨタを高く評価しています。

で、言い尽くされていることではあるのですが、今できることのベストは「プラグインハイブリッド」じゃないかと思います。
普段通勤とか買い物で使う距離はプラグイン(充電)で走って、休日に遠出するときはやむなくガソリンも併用(ハイブリッド)するという使い方。

電気自動車の日産リーフは、機能、性能、価格、パッケージング、デザインなどすべてにおいて中途半端です。もうクルマに対する思想から言って古い。この程度の電気自動車ならプラグインハイブリッドの方がはるかに未来を感じさせます。

プラグインハイブリッドはドイツ勢が先行している感じですが、商品性においてもトヨタにがんばってもらわなきゃ。
プラグイン(電気自動車モード)でまず60㎞は走れて、価格は250万円以下。300万超は現実的ではありません。
もともとトヨタは「走り」の部分はコストとしてカットしているんだから、もう一歩踏み込んでスペックダウンしてもいいから何とか250万円以下で作って欲しいです。新型プリウス以上にかっこ悪くていいから(笑)、っていうかこれ以上のかっこ悪さは無理か(笑)
とにかく一番コストが掛からないデザインでいいし、装備も最低限でいいからやってみれば賛同する人はたくさんいるはずです。
それをベースに、モデルチェンジごとにプラグインで走れる距離を80㎞100㎞120㎞と伸ばして性能アップしていけば、20年後には限りなく電気自動車のスペックに近づき、万一の場合だけガソリンがあれば安心っていうクルマにできると思います。

いや、その頃にはほとんど電気自動車として機能して、万一の場合はカセットボンベがあれば20㎞は走れるなんてことになるかも知れません。ホンダの耕耘機がカセットボンベで動作するから(^o^)
当然カセットボンベを使うとなると、揮発油税的な議論も必要になるかと思いますが、そこのところは政治の話なので。
っていうか、今の電気自動車は道路建設財源であるガソリン税を払っていないわけで、さらにエコカー減税や自治体の補助とか不公平過ぎます(^o^) 道路財源にガソリン税って理屈では、電気自動車は走る権利がないってことで、極論ですがね(^_^)v

そういう近未来に一番近いクルマであるプラグインハイブリッドを量産しているのが、トヨタとBMWとVWなわけで、私たちユーザーにどういう未来がくるのか提示して欲しいです。
またプジョーシトロエンを始め、他のユーザーは、たとえば圧縮空気を使うとか、オルタナティブなソリューションをアピールして環境問題への取り組みを盛り上げて欲しいと思います。

【今日の言葉】 ただ、プラグイン(充電)する電気が石油を燃やす火力発電ではなんか微妙な気もします
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター