日本で乗るならフランス車でしょ!

なんか変なタイトルですが、プジョー208に乗るようになって心底そう思うようになりました。

言ってよければこう言いたいところです。
「日本で乗るなら、国産車よりフランス車の方が快適!」

いやいや、フランス車にするか国産車にするか悩む人はあまりいないと思いますが、輸入車にしようとしたときに「ドイツ車かフランス車か」悩む人は多いかも知れません。

ゴルフに乗りたいと思っていたが、VWは不祥事もあって信頼感が薄れたし。一方欧州カーオブザイヤーを受賞したプジョー308はかなりいいようだし、このほど発売になったクリーンディーゼルの出来も素晴らしいらしいし。
なーんて方は悩む必要なんかありません。プジョー308にしましょう。
Youtubeなんかでも比較レポートの動画がたくさんありますが、「ゴルフVS308」は割と308が勝っているようです。カーオブザイヤーは伊達ではありません。動画を見て308にしたっていう方も多いらしいです。

フランス車嫌いの人はトラブルの多さを指摘しますが、これまでのトラブルの多くはかつての4速ATである「AL4」が原因だったようです。その点プジョー車はミッションが6速ATになって信頼性が向上したと思います。
アイシンAW製ですが、欧州工場で作っているので厳密には日本製ではないのですが、シェアナンバーワンの企業だし信頼性は大丈夫でしょう。少なくともトラブルとリコールが頻発したVWのDSGよりは安心かと思います。

日本でフランス車をお勧めしたいのは、やはり乗り心地の良さと操安性の高さです。足回りは日本の荒れた道路でも十分な乗り心地を提供してくれます。この乗り心地を知ってしまうと、クルマって飛ばさなくても快適っていうのがあるのだと気付きます。
高速でもフランス車は130㎞/hで最適化しているのか、日本の高速道路なら快適さに余裕までプラスされて疲れないことに驚きます。
アウトバーンへの対応を唱うドイツ車は日本の高速道路ではオーバースペックだし、それによる乗り心地の堅さはあまり快適ではないのではありますまいか。

またフランス車はハンドリングが素晴らしく、ステアリングがスパスパ切れるので峠道ではかなり楽しいと思います。

ボディサイズに比べてエンジンが小さくパワーもそこそこっていうのはフランス車のキャラクターみたいなものなんですが、なんのなんの、プジョー208の自然吸気エンジンは82馬力ながら12.0㎏-mのトルクをめいっぱい低速域で発揮するので、ドライバビリティは1.5Lいや1.6Lなみと言っても過言ではないです。1気筒当たりが1.6Lと同じ排気量の3気筒エンジンならではのパフォーマンス、でしょうね。
低速での太いトルクは、足柄峠とかのタイトな上りカーブでも軽々とぐいぐい走れます。それでいて燃費もいい。
それでも不満っていういのなら、GT-LineかGTiを選びましょう。最近の国産コンパクトが忘れてしまったパッションがあります。

「ドイツ車vsフランス車」をリセールバリューで比較する人がいますが、快適なカーライフとリセールバリューは比較する次元が違う話なので、リセールバリューでクルマ選びを誤るというのは残念この上ないと思います。

【今日の言葉】 モデル末期のポロを買うなら208でしょ、日本では(^o^)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは。

プジョー308の評価で、「足回りが硬くなりドイツ車寄りになって猫足感が無くなった」なんて記事をよく目にしますが、下ろしたてのまだ走行の浅い車の乗り心地を云々言うのはどうかと思います。
それと、「猫足=柔らかい足回り」と勘違いしているかたもいるようですが、それは大きな間違えです。
よく、前に走っている車が段差を越えたときにフワフワと車体が上下している国産車を見かけますが、あんな足回りでよく運転できるなとある意味関心してしまいます。

私の308ですが、走行距離が5000㎞を過ぎたころには足回りのブッシュなどの慣らしも終わり、より乗り味が洗練されたと感じました。
段差を越えたあと車の落ち着きは「猫足」そのものです。

ざがあとさんのおっしゃる通り、日本人にはフランス車が合っていると私も思います。
私はフランス車に乗るのは初めてでしたが、乗り始めから何も違和感は感じませんでしたし、逆に国産車には無い、細かいところまで良く造り込まれている所など、本当に驚かされました。

カタログスペックだけでは、フランス車の本当の価値はわかりません。
気になる方は是非乗ってみてもらいたいです。

連続コメント失礼します(^^;)

この際なので、308の良いところをもう少し伝えたくなりました。
ざがあとさんの308推し記事に、ちょっと火が着いちゃいました(笑)

ディーラーで初めて308試乗したとき、その回頭性の良さにびっくりしました。
ざがあとさんの記事にもありますが、曲がるときにあのノーズがスッと入っていく感覚は本当に運転していて気持ち良くなります。

小型の1.2Lエンジン、アルミ製のボンネット、樹脂製のフロントフェンダーなど、フロント軽量化のおかげでしょうか。

先代よりかなり軽いボディーですが、剛性もかなり高いです。それゆえに、サスペンションがしっかりと良い仕事をしてくれます。

静粛性も高いですね。滑らかな路面だと本当に静かです。3気筒のエンジンも静かなので、大げさですが無音に近いです。

良いところは他にもありますが、私が一番気に入っているのは、やはりその直進安定性です。

余計なハンドル修正も必要なく、高速でも安心して運転していられます。
何より運転していて疲れないです。

良く曲がり、真っ直ぐ走り、静で乗り心地も良く、パワーも有り、燃費もいい。
それに何よりオシャレ。

納車して1年と9ヶ月になりますが、いまだに乗るときはテンション上がります!
本当に言うことなしです。

以上、長文失礼しました(^_^;)

Re: タイトルなし

隼さん、こんにちは。長文のコメントありがとうございます。

プジョーシトロエンは欧州ではシェア第2位だそうで、リリースする製品はどうしても「国際商品」になるわけで、特に308はゴルフと戦う宿命があるので、アウトバーンやアウトストラーダでもある程度のパフォーマンスが必要なので、「フランス車としては」堅めの足回りになるようです。それを「ドイツ車寄り」って表現するのは、フランス車ユーザーには失礼だと思います。ドイツ車がデファクトスタンダードじゃないぞってわけで。そういう評論家の記事はもう読まない方がいいかも(笑)

別にプジョーの中の人が「猫足」にしようとしてサスペンション開発しているわけではなくて、以前208の開発ストーリーをフランス語のサイトで見ましたが(読んだのではなくて見たの(^o^)/)、欧州安全規格クリアのために設定した仕様があるようで、その仕様をクリヤするために乗り心地だけでなくスタビリティや安全性のテストを繰り返していました。その結果プジョー車の足回りは、代を重ねるごとに粘り強く安心感のあるものに仕上がっているようで、まさに開発者の努力の結果のわけで、中の人は堅い柔らかいだけで済まされるのは不満だろうなとも思います。
この開発者のサスペンションの練り込みの努力だけで、それだけで、国産車はかなうわけがないって思ってしまいました。
どうしてそこまで練り込みをやるのって、メルセデスもBMWもFIATもやっているからでしょう。負けていられないからでしょう。

個人的には、通常の走行レベルではしなやかでソフトなのがお気に入りですが、コーナーでロールすればしたで、その先にスタビリティーを確保する領域があるのがすごいと思っています。
アルテッツァなら簡単にタイヤが鳴くレベルでもぐっとグリップしています。それは単にサスペンションだけでなく、ボディ剛性、軽量化などの要因もあるのでしょうが、クルマというシステムでしっかり安全性やスタビリティを確保してくれて、それでいて乗り心地も操縦性もいいのだから国産車はかないません。

プジョー308は、208やDS3など、先行するモデルからノウハウをフィードバックしてさらにグレードアップしているので、軽量化のノウハウも存分に使われているようですね。ボンネットがアルミ製だとは知りませんでした。R32のGT-Rみたいです(^o^) それだけでもメーカーの本気が分りますね。

3気筒エンジンは、MTだとミッションの音と合わせて若干ノイズというか3気筒独特のサウンドが聞こえますが、ATを介すると静かでしょうね。おそらくゴルフ7がとんでもなく静かなクルマなので、対抗上がんばったのかもしれません。

高速での直進安定性については、ブログでも何回も書いたし、CGTVで松任谷さんも何回も言っているのですが、プランス車が1番だそうです。またよくできたシートなどいろいろな要素を重ねて実現している疲れないという性能のすごさも何回も書いているとおりです。
中途半端な自動運転や自動ブレーキとかのつまらない装備より、疲れにくいクルマの方がはるかに安全性が高いと思いますがね(^_^)v

>納車して1年と9ヶ月になりますが、いまだに乗るときはテンション上がります!
この一文がまさに隼さんにとって308が本当に満足できるクルマなのだという証拠ですね。これからも大切に乗りましょう。

それにしてもゴルフ×308のバトルで双方ともかなりレベルアップしてしまって、対応する国産車のカローラは水を開けられっぱなしのようです。カローラも250万クラスのクルマになってしまったので選ぶ理由はなさそうです。中身はヴィッツですから。

No title

ざがあとさん、こんにちは。
以前コメントさせて頂いた、スマートフォーツー乗りのものです。

つい先日、スマートを売却して、中古の白の208シエロ を契約中です。
今から、ワクワクが止まりません♩( ^_^)(^_^ )♩
決心がついたのはやはりざがあとさんの記事が後押しになったからです、ありがとうございます。

ところで、1つ教えて頂きたいことがあります。
2014年にフロント用のサンシェードを新しく購入されてたと思いますが、
よろしければその商品名など教えて頂けないでしょうか。

Re: No title

あなきんさん、こんばんは。お久しぶりです。

プジョー208のシエロになさったそうで、おめでとうございます!
シエロと言えばグラスルーフなので、これからの季節は紅葉とかめいっぱい楽しめますね。。

>決心がついたのはやはりざがあとさんの記事が後押しになったからです、ありがとうございます。
毎回ですが、このブログを見て208を知り、背中を押してくれたとか言われると緊張します。
が、208シエロなら大丈夫です。装備も作りも高級なのできっと満足できると思います。

サンシェードですが、丸いワイヤーが入っているやつでしょうか。
それならば、「クレトム SA-106」という商品で、146㎝×90㎝のサンシェードです。
が、amazonで予備として最後の一個をうちで購入したので今は取り扱っていないかも知れません。

ただこのサイズのサンシェードならプジョー208で余裕で使えるので代替品を探されてはいかがでしょうか。

プジョー208シエロが納車になりましたら、フランス車の良さなどをコメントいただければと思います。
楽しみですね(^o^)

お久しぶりです。
今日ですが208のエンジンを掛けたら警告音とともにMFDに「top up engine oil level」なる表示が出ました。調べたら故障ではなくエンジンオイルが減っていると出る警告ということで急遽ディーラーに行って見てもらったところオイル漏れ等はなかったということでオイルを2Lほど継ぎ足しして処置完了ということになりました。あと2週間持ってくれたら車検だったんですが・・・
ちなみに代車は206になる予定です。

Re: タイトルなし

MMDさん、こんばんは。お久しぶりです。

MMDさんのGTi、ついに警告がでましたか(^o^)
オイルレベル(残量)警告のようですが、今どきのエンジンがそれほどオイルを喰うはずがないなんて思いこんでいる私なんかは「センサーがおかしい」とか思っちゃいそうです(笑)

それにしても2Lって多くないですか。よくオイルレベルの点検でゲージでHとLの間かなんて確認するわけですが、この「HとLの差が1L」とか言います。だから2Lってって思うわけです。オイル全量でも4Lぐらいだと思うわけで。
そう思うと2L減るっていうのはちょっと心配です。

>ちなみに代車は206になる予定です。
車検の時の代車はうちも206だったのですが、古いクルマなのでかなりくたびれていたのですが、デザインも作りもよくできていて感心しました。プジョーらしいというか、これはヒットしたのが納得できるクルマだと思いました。
206に乗るとプジョーの歴史を勉強した気分になります(笑)

http://zagart.blog12.fc2.com/blog-entry-698.html
プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター