立体駐車場落下事故

皆様にはお正月をゆっくりと過ごされたと思いますが、昨年の大晦日の午後、横須賀の立体駐車場で起きた乗用車落下事故には衝撃を受けた方も多いかと。
5人の方が死傷されたと言うことで、亡くなられた方の冥福をお祈りすると共に怪我をされた方の回復をお祈りします。

この事故があった立体駐車場は、車止め、金属製のバー、金属製のフェンスと三重構造の落下防止がされていたと言うことで、事故原因はもっぱらドライバーのペダル踏み間違えかという意見が大勢です。
車止め、金属製のバーはともかく、フェンスは歩く人のためだと思うので、バーをなぎ倒した時点でかなりな事故だった可能性が高いです。

まさかの事故ではあるのですが、ヒヤリハットとか失敗事例データベース的な考えだと、「地下駐車場なら」とか「5階ではなく3階ぐらいなら」とか何かひとつ条件が変われば起きなかったかなと思うわけで、そこからいろいろ安全のためにどうすればいいか学ぶわけですが、私みたいなマニュアル車乗りには起きる可能性がほとんどない事故なので、それだけに残念です。

今回の事故車両もAT車だったようで、調べてみたらCVT車だったようですね。
っていうか、そもそもCVT車って危険なんじゃないかって思うわけです。

というのは、あるバラエティ番組でやった実験で、サーキットに普通のカローラを持っていき、バックギヤでアクセルベタ踏みするとなんとあろうことか時速100㎞が出てしまう。
CVTはVベルトで繋がれたエンジン側とタイヤ側の二つのプーリーの大きさを変えることで変速する理屈で、バックはギヤをひとつかませて方向を反転させるだけで、変速機構としては前進と同一なので、時速100㎞も楽々出てしまうわけです。

普通のマニュアル車やトルコンAT車は、後退のギヤ比が大きいので、そこまでスピードを出すのは不可能です。

安全性をアピールした自動ブレーキとか自動運転とかやる前に、後退はアクセルベタ踏みでも時速10キロまでしか出ないようにするとか対応するべきだったのではないでしょうか。そうすればこんな事故は起きなかった可能性が高いと思います。

直接的原因がユーザーの操作ミスであっても、そのミスを誘発したり、ミスにより重大な事故の可能性があるのなら先回りして対策するのもメーカーの責任ではないかと思います。

【今日の言葉】 後退で時速100㎞って、その仕様自体がPL法に引っかかる可能性もあるような気がします
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

そういえば昔、フェラーリ vs カローラのバック走行競争を見た記憶がありますが…圧倒的にCVTなカローラの方がフェラーリよりも速かったです。(^^;;

現在、国産車はこぞって自動ブレーキシステムを搭載しているような状況ですが、急発進防止システムを付ける方が先では?と思います。

まぁ、フェンスを突き破って転落するという時点でアクセルワークがオン/オフの操作なんだろうな…と思うわけで、一昔前まではラフなペダルワークを行うとギクシャクするMT車だったのに、今は誰でも運転出来るようなAT車がこれだけ普及した弊害なのかもしれません。

Re: No title

ひろさん、こんばんは。

>圧倒的にCVTなカローラの方がフェラーリよりも速かったです。(^^;;
おそらく同じ番組です。バラエティ番組なのでカローラがフェラーリを負かしたっていうのは笑いが取れるのですが、考えてみれば異常です。カローラ、これでいいのかって(笑)

自動ブレーキにしても、バックしているときも効くようにすれば防げたかも知れません。
後退時の自動ブレーキはまだないので特許になるかもしれません。

>アクセルワークがオン/オフの操作なんだろうな
昔の日産車のATはアクセルを素早く踏み込むとプログラムが急加速と判断してシフトダウンしたり低速ギヤを長めに使って加速するっていう設定になっていました。なのでアクセルの開け方でシフトを操作することができて便利でした。
これを知ってしまうとMTなんかかったるいしなんて言っていた頃です(笑)

とにかくCVTは今のままでは危険だと思います。
といっても、プログラム制御されているはずなので、後退時は速度を15㎞までにするとかやるのはプログラムだと数ステップで済むような気がします。早い話が全然難しくないはずということ。
あるいは駐車場の事故とかは関係ないというのなら、ゲスな自動車メーカーと言われてもしょうがないでしょうね。
プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター