新型スイフト2017

年末にスズキのスイフトのフルモデルチェンジが発表され、年明けに発売になりました。え?もう新型になったの?って感じたのは私だけではないと思います。

スイフトは前のモデルもスズキらしいまじめさでよくできていたので、他の欧州モデルのように7年ぐらいは売り続けるだろうって思っていたのですが、世はハイブリッドとか自動ブレーキとかヘッドライトやポジションランプをLEDにしてデザインを強調するとかクルマの本質とはあまり関係のないところが必須みたいになってしまって、それらは技術っていうよりはマーケティング用語みたいなものなので、販売戦略上どうしても必要なものと判断したのか、それらを携えてフルモデルチェンジという感じです。
まあこれほどよくできているプジョー208が思いの外苦戦というか、ここへ来てほとんど売れていないのはそういうマーケティング上の「武器」がないからだと思うのですが、それらを搭載したところですぐに販売が好転する保証もないので、同じマーケティング手法に乗らない方が賢明なのかも知れません。

年が明けてから発売ということで、ディーラーの初売りに合わせてすでにかなりのCMが入っているようです。この10年ほどスズキは年始の初売りに力を入れているようです。
CMはレッドとブルーの新型スイフトが走り回るのですが、両方ともとても美しい色でかなり好印象なCMですが、個人的には前モデルの飛行場で「ストレートドリフト」するイエローのスイフトスポーツの方がかっこよかったと思います。

swift2017.jpg

CMを一目見て気付かれたと思いますが、新型スイフトのフロントはプジョー208によく似ている。
欧州風デザインにしてアウディから始まったフロントグリルをバンパーしたまで下げるデザインにするとどうしてもプジョー208に似てしまいますね。これまで2代続いたスイフトの顔と変わってしまいましたがいい感じでまとめていると思います。
ただ残念なのはサイドからリアのデザインで、もう少し練り込んだデザインにして欲しかったです。

今回特に目を引くのは、リアドアのドアハンドルをピラー位置に持ってきたことで、メーカーとしてはそのかっこよさを強調していますが、アルファロメオや新型トゥインゴ、ホンダ・ヴェゼルのようで、マネをしてどうするって思います。ドアハンドル用の穴を開けない分だけコストが安いのでしょうか。使いにくそうなので個人的には反対です。

排気量は1.2L自然吸気と1.0Lターボのようですが、1.2Lには5速MTが設定されているところはさすがスズキです。
ただ5ドア車ながらプジョー208よりひとまわり小さなクルマなので、リアシートのニースペースはゼロでしょう。でもこのクルマはそれでよくて、広さを求めるのならソリオとかミニバン系を買えばいいわけです。
かなりきびきびと元気に走りそうな印象ですが、スズキ車はリアサスペンションの煮詰めが甘いのが再三指摘されてるので乗り心地がちょっと心配です。リアサスがイグニスのキャリーオーバーだとしたら最悪でしょう。

ただデザインはかわいいし、最新の技術で作られた製品なのでかなり期待はできそうです。

試乗には行きませんが、ネットでインプレが上がるのを待ちましょう。「モーターファン別冊」とかのムック本が出たら買おうと思います。

【今日の言葉】 国産車は消去法でいくとスズキしかないので、スズキの新型車には目を離せません
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

208を買う前に競合のハッチバックMT車をいくつか試乗しましたが、国産車で一番好印象だったのが先代スイフトスポーツでした。
硬めではあるけれども不快な突き上げ感のない足回りと、ちゃんとアクセルを踏み込んだだけ加速してくれるギア比のおかげで、今時珍しい「走りが楽しい」車でした。

Re: No title

akaさん、こんばんは。

うちの場合は前車はアルテッツァだったのですが、娘が結婚して出ていったので夫婦二人にはちょっと大きすぎるし燃費も良くないし、12年を超えてかなりくたびれていたので買い換え時でした。そのさい次はコンパクトカーにしようって決めていました。
夫婦二人が乗れればいいので、広くなくていい、っていうか狭いクルマの方が運転が楽しいっていう「ざがあとの法則」があって、候補はフィットRS、スイフトスポーツ、ヴィッツRSだったのですが、そこへ199万円のプジョー208が出てきて少し悩みましたが、フィットはデザインで落ち、ヴィッツは販売店で落ち、残ったのはスイフトだったのですが、ラゲッジスペースの狭さで落ちました。
別にラゲッジスペースは広大である必要はないのですが、スイフトは買い物1回分もきびしい感じでした。普段の買い物でリアシートを倒すのはダメです。
ということで、プジョー208にしましたが、予想以上のハンドリングと乗り心地、乗り味のよさで、スイフトを選ばなくて良かったと思っています。そればかりか直進安定性、燃費、静粛性、疲れないという性能などいずれもこれまで乗ってきた国産車以上で満足しています。
ただ、スズキ車は、特にスイフトは完全に欧州向けとして作られているような感じで、モデルチェンジ毎にレベルを上げてきているので目が離せません。GMグループ時代に、オペル・アジーラの開発でいろいろとノウハウを勉強したのだと思います。

プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター