タイヤワックス

前回洗車したときにタイヤワックスが終わってしまって、そのうち買わなきゃって思っていました。
ずっと使っていたのはシュアラスターのタイヤワックスで、専用スポンジが付いているのでお気に入りでした。なくなったからと言って今すぐに必要なものでもないのでamazonさんで何か購入するときに一緒に注文しようかと思っていたのですが、ビーバートザ○っていうホームセンターに行く機会があったので探してみました。

バブルの頃まではホームセンターやディスカウントストアのカー用品の充実っぷりはすごかったのですが、今はだいぶ売場もシュリンクされて、ビーバー○ザンのカー用品コーナーもほとんど「ソフト99」シリーズで統一されていました。

タイヤワックスを探したわけですが、これまでのシュアラスターを使っていた経験から、大体1000円ぐらいの価格帯が信頼できるということで探したら「タイヤにぬりぬり」と書いた商品が。商品名は左下に「小さく」書かれていて「ブラックマジック」というらしいです。
最近家庭用品とか最寄り品はこんな感じで機能をでかでかと書いたパッケージが多いですね。まあわかりやすくはあるのですが。
ビーバ○トザンの販売価格1050円(税抜き)ってことで、目的の価格帯でもあるしってことで購入。

BlackM01.jpg

ボトルの口にスポンジが付いているのでそのまま「タイヤにぬりぬり」できる優れものです。

BlackM02.jpg

早速使ってみたのですが、スポンジから出てくる液体は墨汁みたいでさらさらしていて塗りやすいです。
しかも塗った直後はてらてらなのですが、そのあとはわりとすぐに乾いて手で触ってもさらりとして手が汚れません。
乾いてしまえばツルピカで、シュアラスターのワックスより機能的には満足度が高い感じです。しかもひと月ぐらい効果が持続するらしい。これまでのタイヤワックスは1週間持てば良かったのでその点はうれしいです。

BlackM03.jpg

で、タイヤがツルピカになって
「なんだこれは!」
って気になったのはタイヤ側面のひび割れ。(写真はクリックして拡大すると見やすいかもです)

BlackM04.jpg

特に「MICHELIN」のロゴ部分がひどい。

BlackM05.jpg

この亀裂はクラックというらしいですが、青空駐車で4,5年経過すると経年変化で出てくる現象のようです。
タイヤの山はまだ4分ほどあるのですが、そろそろ交換時期かなあというところ。4年半になりますからね。

ということでこのタイヤ側面のクラックについて調べたのですが、「日本自動車タイヤ協会」の資料によるとうちの場合はレベル3か4ぐらいなのが分りました。
http://www.jatma.or.jp/tyre_psd/safenews72.pdf

要観察ってことなのですが、タイヤのカーカスは丈夫なのでレベル5でも普通に使う分には問題ないそうです。

ただ、3分山を過ぎるとタイヤ性能も落ちてくるっていうのでそろそろタイヤ交換を検討しようと思います。

【今日の言葉】 208GTにしなかったのはタイヤメンテナンスコストだったのを思い出しました。45タイヤは高価過ぎます(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター