PhenomII X2 550 BlackEdition(550BE)をシフト

うちの奥さんは、PCユーザなのですが、使い方はライトながら使用時間的にはヘビーだったりします。ネット中心のmixiユーザなので、一番ハードに使うデバイスがキーボードという感じで、最初に使ったノートPCはキーボードが死にました。その後はお古のPCを回したのですが、キーボードとマウスはその後も何回か使いつぶして交換しています。
ところがPC本体は、AthlonXP1800+とかPentium4 2.0Aだったりして、最近のHD動画とかを見ると駒落ちが激しい。
ということで、今回PhenomII X2 550 BlackEditionを奥さん用にシフトすることとなりました。

私のマシンがPhenomII X6 1090Tになったのですが、マザボもメモリもすべて流用なので、奥さん用にPhenomII X2 550BEを使うとなると新たに調達しなきゃならない。結局PhenomII X6 1090TがCPUの交換だけで済んだなんていえなくなってしまった次第。

「なんとか安く上げたい。」「そのコストで最高の性能を」って考えるのがAMDユーザのスタンスなので、予算25000円でそろえる計画となりました。どうしてかというと私の小遣いでまかなうためです。

マザボが7000円。もちろんグラフィック統合チップでコスト対策。メモリは2GBで4500円。32ビットのXPなので十分でしょう。HDDは1TBが5500円ほどで買えるのですね。ケースは通常5000円の品が3500円で出ていたのでゲット。電源は450Wで2600円。DVDドライブはコンボドライブがあったのでそれを流用。おお、23000円ほどでできてしまいました。

奥さん用P-IIX2 550BEマシン

それで組み上がったのがこれ。写真ではちょっと電源系のケーブルがうるさいですが、その後整理しています。
PhenomII X2 550BEの購入価格って9000円ぐらいだったので、DVDドライブとOSを除いて30000円ぐらいで割と高性能なPCを作れちゃうっていういい時代になったのが痛感できます。

ケースの中はマザボと電源とDVDとHDDしかない感じですかすかですが、これでも機能的には十分以上。
最近のケースは、14センチとか12センチの大きなファンがゆるゆると回るのでとても静かでいい感じです。8センチのファンではうるさいわけですね。

これまで使っていた80GBをまるまるコピーして、後はチップセットドライバとか入れたら何の問題もなく起動できました。
ノートPC以来の新品PCに満足しているようです。

極端な性能は必要ないので、4コア化とかやっていませんが、心持ちオーバークロックしています。2コアなら3.7GHzでも安定しているようです。

【今日の言葉】 「AMD野郎」かというとそうでもなくて、持っているPCの半分はインテルCPUです
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター