FC2ブログ

日産リーフ

矢沢の永ちゃんが言っていたように、フルモデルチェンジした日産リーフが発表になりました。
日産は横浜の会社なのに発表会場は幕張メッセだったそうで、60もの国のメディアが集まったそうでまさに国際展示場でのワールドプレミアになったようです。最近の国産車でこういうのは珍しいですね。

新型リーフですが、ぱっと見というかフロントフェースでN14マイクラを連想してしまったのは言うまでもありません。
っていうかこの「マイクラデザイン」が欧州専用車パルサーから続く今後の日産のデザイン言語なのかもと思います。
プリウスなんかと違ってアバンギャルド過ぎないまじめなデザインで、ちょっと地味なのが日産車らしいです。

leaf2017-01.jpg
leaf2017-02.jpg

内装デザインも欧州風で品がいいのですが、パルサー、マイクラとほぼ共通で、センターメーターにするとかそういうのが全くなくて、旧リーフの内装より地味なほど。
内外装ともに「イエーイ!新型リーフに乗っているぜい!」っていう「そのクルマに乗っていることを強烈にアピールできるデザイン」ではないみたいです。
その点では「あのへんてこりんなデザイン」のプリウスの方が一枚うわてなのかもしれません。

価格は315万円からと言うことで、40万円の補助を受けられれば275万円程度で購入できるそうで、エンジンを持たないクルマなので排気量は1リッター未満扱いだし、エコカー減税とかも付くだろうから税制的に購入しやすいのも確か。
この価格はプリウス・アクアには脅威かもしれません。ガソリン代が節約できるんじゃなくて「ゼロ」ですからね。プリウス・アクアが自慢したがる燃費という概念さえもない。

クルマのディメンションはほとんど前モデルと同じだそうで、特にホイールベースは全く同じとか。ということはプラットフォームとしては前モデルのキャリーオーバーなのでしょうね。っていうか電気自動車専用のパッケージングがあるから、キャリーオーバーは当然かもしれません。その辺をいじってもハンドリングや乗り味が向上するっていうクルマでもないでしょう。それだけ前モデルで完成度が高かったのだと思います。

また運転サポートか駐車アシストなんかも付いているものの、日産の他の車種のものとあまり変わらないそうで、キャリーオーバーを含めた「地味なモデルチェンジ」は、おそらく価格戦略を優先したものだと思います。
売り方がイマイチっていつも言われる日産ですが、その辺は英断ではないかと思います。

航続距離が前モデルの200㎞に対し400㎞と倍増したそうで、単なる電池容量のアップだけでできるレベルではないので、この性能アップは評価したいです。

新型リーフは、デザインといい、機能といい、価格といい、かなりのレベルで魅力的な製品に仕上がっているのでヒットすると思います。

ちなみにうちはマンションという集合住宅で充電設備がないのでちょっと購入は無理みたいです。駐車場にはリーフが何台かいますが、充電は1.2㎞ほど離れた日産のディーラーでやっているようです。
いやいや、最寄りのガソリンスタンドも同じぐらい離れているのですが、給油のように充電が5分でできるって言うものでもないし。

「これがヒットすると、ショッピングモールとかの充電スタンドも混雑するだろうね」ってうちの奧さん。
なるほど。充電の順番を待つのもイヤですね(笑)

【今日の言葉】 このデザインならガソリン車を出してくれてもうれしいです。もちろんMTで(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター