FC2ブログ

2018年型ポロ

VWのクルマで一番買いやすいモデルは158万円からあるUP!なんですが、Aセグだし4人乗りだしってことで、やはりファミリーコンパクトとして使うにはその上のBセグ車ポロでしょう。

ところが現行のポロはうちがプジョー208を購入した2013年時点ですでに古くて、それから5年近くなるのでそろそろかなあと本国ドイツや右ハンドルがあるイギリスのディーラーサイトに行ってみたらまだ現行モデルを販売していました。

ところがページの下の方に「カミングスーン」な新型が載っていて10月から販売開始だそうです。
新型ポロについて詳しい情報はまだのようですが、概要は紹介されていました。

エクステリアは思い切りキープコンセプトな感じです。それなりにライト類にLEDを使って最近のVWデザインランゲッジに沿ったリファインはあるのですが、私にはキープコンセプトに見えてどこが変わったのって感じです。

2018Polo01.jpg

昔の日本のライトバンみたいな6ライトウィンドウも相変わらず。ドイツ人は頑固だなあって思っちゃいます。
デザイン的な面白みもないのですが、「VWなんかこんなもの」と思えばこんなものです(笑)
運転しているとエクステリアデザインは関係ないからねえっていう「論理的な思考」なのかもって。


ところがインテリアをみたらちょっと驚き、っていうかすっきりがいいって言ってもやり過ぎを感じてしまいます。

2018Polo02.jpg

とはいえ旧モデルのインテリアが30年前の日産パルサーとあまり変わらなかったことを思えば相当な進歩でしょう。
ディスプレイメーターはあまり賛成できないのですが、カラーを使ったパネルはN14マイクラなんかともつながって欧州Bセグのトレンドなのかもしれません。プランス車も今後やりそうって言えばやりそうなデザインです。

さらに驚いたのは、カタログで紹介しているモデルがAT車(VWはDSGなのでしょう)だったこと。

2018Polo03.jpg

カタログに載せるメインモデルがAT仕様って、欧州車もATの波が来ているのかもしれません。

まだ概要だけで詳細は分りませんが、どうも今回のモデルから全幅1700ミリは越えそうです。3ナンバーですね。
日本では使い勝手からなのか、Bセグ車の3ナンバーは嫌われる傾向が高いのですがどうでしょう。日本でかなり販売台数が多い車種なので日本仕様として5ナンバー枠のを準備してくるかもしれません。
そうだとしたらVWとしてかなり本気度が高いクルマになると思います。楽しみです。

【今日の言葉】 あとは価格次第で相当評価が変わるでしょうね。200万円を切ったりしたら日本車には脅威でしょう
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター