FC2ブログ

わさみん2017

先週小田原ダイナシティにある西武小田原店に行ったのですが、その時に10月7日(土)にわさみんこと岩佐美咲さんが来ることを知りました。前回が2016年の1月だったので2年近くぶりなんですね。ただ今回は土曜日でしかも3連休の初日ってことで、さらにわさみんの前にも演歌イベントがあるってことで、このダイナシティは駐車場が混むとどうしようもなくなるので行くかどうか決めていませんでした。

ずっと一週間悩んでいたのですが、せっかくなので行くことにしました。悩みってそんなものしかねーのか!っていうツッコミはなしにして(笑)
13:30と16:00の2回あるそうで、それなら早めに行って13:30の回を見て早めに帰ってこようと決めました。

で、今日行ってきたのですが、1時間前の12時半に到着して、ダイナシティのキャニオンステージをチェックしたら12時からの演歌歌手谷龍介さんのステージが終わって握手会をやっていました。高齢者がズラリと列を作っているのはシュールな光景でした。

それから待つこと30分。谷さんからわさみんへ会場はセットチェンジとなったのですが、以前のように看板のパネルを作るっていうのをしなくなってすべてディスプレイになっていますね。
しかもサウンドエンジニアのスタッフが音響のチェックと調整をしていました。こういうところでこういうのは初めて見ました。

wasa2017-01.jpg

ああ、谷龍介さんの時は音が割れていたのはこれをやらなかったからだと納得。
開始まで30分待っていたのですが、もうここでのこのイベントは3回目なので余裕で周りをチェックできるようになっています(笑)

例によって「岩佐美咲ファンクラブ」(おそらく私設)の人たちが黄色い法被とサイリウムをもって中央を陣取っていました。
以前この人達の隣に座ったら大声がとても迷惑だったので、今回はそれを避ける位置に。5列目左4ずれなんですが、このくらいがちょうどいい。

開演時間が近くなるとなぜか高齢者の方が増えて来ました。配られたパンフの裏は今回キャンペーンしている「鯖街道」の歌詞が書いてあるのですが、例によってじっくりチェックしている。歌を覚えようとしているのですね。団塊の世代のまじめさってこういうところにも出ている感じです。
わさみんは氷川きよしとかと同じ「長良グループ」にいるので、演歌歌手ファンにはおなじみのようです。アイドルとしてではなく演歌歌手としてなら高齢者の方もよくご存知のようです。

wasa2017-02.jpg

さあ、定刻になっていよいよわさみん登場。ちょっと痩せたかなっていうのが本日の第一印象。相変わらず顔が小さい。
最初の曲は「初酒」。
「我慢しなくていいんだよ」とか「カッコ悪くていいんだよ」っていう他人を癒す言葉が秋元風。
でもなんかわさみんの歌がいつもと違う。

1曲終わって自己紹介。「千葉県出身22才」って言っていましたが、22才かあと思いました。演歌ソロデビューから6年近くなるわけで感じも変わるわけだ。

自己紹介のあとはトークになるのですが、前回以上に慣れたものです。トークのクオリティがすごい。ファンクラブの黄色い法被が騒いでいたのですが、
「あ、こちらがおっしゃっていた『わさみん』って、愛称で呼ばれているんですが、こちらも覚えていただけるとうれしいです」とか客の反応を上手に使ったトークもできるようになっているし。

ちょっと長目のトークのあとは次の曲。「時の流れに身をまかせ」って聞いてびっくりしました。
このブログの前回のわさみんの記事の「【今日の言葉】」、
演歌ファンではないのですが、わさみんには荒木とよひさ・三木たかしのテレサ・テン路線が合っているかもと思います
ああ、わさみんもここまで来たかという感じで感激しました。
この曲は難易度が高いと思うのですが、なんとかぎりぎり歌えていたようです。テレサ・テンにかなわないのはしょうがないです(笑)

その後は5分ほどトーク。「前回もいらっしゃった方」って手を挙げて、「前々回のいらっしゃった方」ってまた手を挙げたら、ファンクラブと私だけでしたがわさみんは感激していました。

最後の曲が今回のキャンペーンの曲の「鯖街道」。わかりやすくて演歌らしくていい曲だと思います。
「京は遠ても十八里」っていう歌詞が耳に残るのですが、曲もアレンジも「キチッとヤング向け演歌」になっていて聞きやすい曲に仕上がっています。これも長良グループのおかげなのかも。
それよりびっくりしたのはわさみんの歌唱。確実に歌唱力が上がっています。相当レッスンを積んでいるのが分ります。
演歌はフリ、コブシなんて言うのですが、それあくまでステレオタイプで、実際は浪曲とか民謡につながる声質と声量です。ようするにわさみんは演歌の何かをつかんだかのごとく声質、声量を曲に合わせてきちっとコントロールして歌いこなしている。これはまさにプロだなと思いました。
これまでのように、「歌唱力のあるアイドルが演歌を歌っている」って感じの「演歌風を意識した歌唱」から脱皮できています。
でも逆にいうと本格的になった分「普通の演歌歌手になってしまった」感も否めません。
なんか喜んでいいんだか悲しむべきなのかよく分りませんが、着物を着て歌う歌手より、八代亜紀のような演歌もジャズもブルースもやる「ドレスの似合う演歌歌手」目指して欲しかったんですが。

歌のあとは握手会。今回はコンサートの予約とブルーレイを購入するとツーショット撮影ができるっていうキャンペーンをやっていたのですが、意外と多くて驚きました。

今回はCDを購入しなかったので握手会に参加せず。参加はしなかったけどしばらく握手会を見ていました。
黄色いファンクラブ法被を着た人に大きな体のYOU(外国人)が2人いたのには驚きました。その人たちが握手会の列に並んでいたので見ていましたが、わさみんと握手して戻ってきたときの笑顔が印象的でした。気持ちはわかる。

途中で会場をあとにして、キャニオンステージの上のフロアで買い物をしていたのですが、ちょうど握手会も終わったようで、
「みなさまどうもありがとうございました。このあと16時から2回目のステージがありますのでお時間よろしければ是非」って挨拶しているので上から見たらわさみんが手を振っているので、手を振ってみたらこちらに気づいて笑顔を返してくれました。その笑顔がものすごく印象的でした。
また次回もかならず行こう、と決めたのはいうまでもありません(笑)

【今日の言葉】 今日のわさみんのステージを見て、この本格さ・実力なら当分は大丈夫って思いました
【もひとつ今日の言葉】 AKB48で大声ダイヤモンドを歌っていたわさみんが遠くになってしまった感もあります

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ざがあとさん こんばんは。

久しぶりに覗いてみたら相変わらずのネタの宝庫ですね⁉︎笑
ざがあとさんはアイドルカレッジっていうアイドルはご存知ですか?

Re: タイトルなし

キャプテンさん、こんばんは。

>久しぶりに覗いてみたら相変わらずのネタの宝庫ですね??笑
小田原のダイナシティは、板野友美ちゃんとかまいぷること遠藤舞ちゃんも来たりするのでなかなか侮れません(笑)

>ざがあとさんはアイドルカレッジっていうアイドルはご存知ですか?
おお、BLTのやつ、でしたっけ。アイドルにはあまり詳しくないので(笑)
ちょうどAKB48がメジャーになってきた頃に、何か事件っていうかあったような記憶があります。インディーズのグループって認識だったのですが、まだ頑張っているようですね。
わりと歴史もスキルもあるのに、夢アドとかわーすたなんかと違ってあまりメディアに登場しないのが不思議です。
アイドル育成プロジェクトでは日本コロムビアが薦めている「14★少女奮闘記!」とかあるのですが、アイドルカレッジの方が老舗ですね(笑)
ひょっとしたら応援するかもしれません(笑)

流石です!
実は妻の職場に静岡出身メンバーのお母様がいまして、その繋がりでサイン入りのCDをいただいて聴いていたらなかなか良い曲で…笑
今では車でヘビロテ中なのです。笑

話は変わりますが、ざがあとさんは来週のFBMには行かれますか?

Re: タイトルなし

キャプテンさん、こんばんは。

>流石です!
いやいやそんなことはないです(笑)
ただ現在のモーニング娘。'17の人数を知っている程度のアイドルファンです(笑)

>なかなか良い曲で…笑
インディーズ系アイドルの曲も、詞が身近で心に響いたり、曲がなかなか本格的だったりするのがありますからね。そういうのを探して探し当てるのもなかなか楽しいのです。

>話は変わりますが、ざがあとさんは来週のFBMには行かれますか?
神奈川西湘にいるとお隣の静岡・山梨は気軽に行けるのですが、長野はなかなか遠いです。
車山高原となると完全にアウェーでなかなか行けません。
諏訪湖とか蓼科とかももう20年以上行っていないし(笑)
FBMについてはネットでの報告を楽しみにします。ってもう寒そうですよね。
お天気がいいことをお祈りします(笑)

プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター