MICHELIN Pilot Sport 3

去年からそろそろタイヤを替えなくてはって思っていました。

駅への送り迎えでロータリーを回り続けたせいか、あるいは下り坂の右折信号をわりとクイックに回り続けたせいか、左前輪の摩耗が激しい。タイヤローテーションをしているのですが、そろそろ限界が近かった。

来月は伊豆旅行に行くので、それまでに交換したいって言っていたので、今日うちの奥さんが近所のオートバックスに行ってタイヤ交換してきました。
銘柄はかねてから決めていたミシュラン パイロットスポーツ3というやつ。いわゆるPS3というやつで、人気ブランドパイロットプレセダの後継と言われ、今年出たばかりのニューフェース。

どうしてミシュランか、というと、自動車評論家の三本和彦さんが、ことあるごとに「タイヤを交換するならミシュランだ」「一度ミシュランを履いてみなさい、タイヤの考えが変わりますよ」って言ってました。クルマに詳しい人ほどミシュランを推す人が多いようで、ポテンザとかアドバンとか純粋なスポーツ用途以外なら、ウェット性能と耐摩耗性が優れたミシュランがいいそうです。

うちの奥さんは、用があってオートバックスのそばまで行ったので、PS3の在庫確認のために店に寄って聞いてみたそうです。そしたらまさに希望のサイズが入荷したばかりのピカピカな状態で在庫してあったそうです。
ずばり「ミシュラン パイロットスポーツ3 トヨタアルテッツァ RS200 ZエディションSXE-10 215/45-17 91W」って指定したものだから、店員のお兄さんは「主婦が夕方ミシュランを指名買いしてきた」ってびっくりしたでしょうね。

ミシュラン パイロットスポーツ3

値段は1本28665円。なんとミシュランのオンライン通販より5円安いという。っていうかほとんど定価だな。ネットの安売り店よりはかなり高いのだけど、オンライン通販と同じならいいかと。
それにしても45%扁平率のタイヤは高いのでいやになります。前回タイヤ交換のときは、ブリヂストンのプレイズPZ-1にしたのですが、このときも出たばかりでまだ値段がこなれていませんでした。60-55-50タイヤはそれほど値段が変わらないのに45タイヤ以上になるとぐんと値段が高くなる。

夕飯のあと試乗してみました。夕方から小雨が降り出してちょうどウェットグリップを確認するにはいい感じ。
まず普通に乗って乗り心地は、静かで上品な走り味でした。まだ溝が100%あるから当然と言えば当然でしょうが。
ウェットのコーナーをちょっとタイトに回ってみましたが、全然滑らないです。グリップ良好。これまでのPZ-1だったら簡単にトラクションコントロールの作動ランプが点いたであろう限界を超えても余裕のようです。
5キロほど走りましたが、音、乗り心地、グリップのどれをとっても、FRのアルテッツァとなかなかの相性だと思いました。
今後のドライブが楽しみです。
耐摩耗性も国産メーカーより高いというので、長く大事に乗っていきたいと思います。
高い買い物だったからね。

【今日の言葉】 タイヤサイドの「MICHELIN」ロゴの横にある「ミシュランマン」がわりとかわいいです
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター