FC2ブログ

ディーゼル乗用車

自称走り屋ではないクルマ好きなので、今はプジョーという欧州車に乗ってはいるものの、国産車の勉強も欠かさないために情報収集をしていますが、「日本車にあって欧州車に一番近い」と言われるマツダ車を見ると、ディーゼル車のラインナップが充実しているのがわかります。

ラインナップの選択肢も「ガソリン/ディーゼル」とガソリン車を明示的に表示しているのも、ディーゼル車がガソリン車と同等に売れるから、ということなのでしょう。

考えてみれば今の国産車のディーゼルブームを作ったはマツダのようで、それだけ「スカイアクティブ-D」って言うんですか、トヨタとか日産が「技術はあるのになかなかやらなかった」コモンレールディーゼルを積極的に展開して人気を獲得したようです。
マツダデミオのフロントグリルに赤い横線が入っているのでってディーゼルだと思っているのですが、そうですよね。

コンパクトカーのディーゼルはマツダのひとり勝ちという感じですが、欧州では乗用車のデフォルトがディーゼルって言われるほど一般的で、CO2の排出が少ないのでエコだ、なんて言いますが、CO2の排出が少ないってことは、いわゆるカーボンバランス法でいう「低燃費」ってことなので、何のことはない、燃料費が安く付くから欧州では人気なのでしょう。

そんな感じで日本でもディーゼル車が流行しだしたってことで、これまでのベンツやBMWだけでなく、ボルボやプジョーまで展開を始めました。ディーゼル車はガソリン車よりちょっと高価になりますが、エコカー減税とかの税制で価格差が埋まってしまうそうです。

私もその昔は後輩のディーゼル乗用車を乗り回していたので、その扱いやすさと経済性を知っているので最新のディーゼル車には興味があります。

ディーゼル車の最大のメリットは低速トルクによる扱いやすさだと思います。
MTしか乗らないのでATではどうか分りませんが、太い低速トルクのおかげで頻繁なシフトチェンジが不要なので楽ちんです。
もう一つのメリットは航続距離が長いこと。みんなで東京から新潟までスキーに行っても、往復無給油は「ジェミニディーゼル」だけでした。すごいぞいすゞ(笑)
しかも当時はレギュラーガソリン130円/Lに対し軽油は55円/Lほどだったのでとんでもなく燃料費が安くてうれしかった。

じゃあ今でも扱いやすさと燃費でディーゼルを選ぶしかないじゃないか、っていうとそうでもありません。

まずディーゼル車は渋滞が苦手です。っていうか苦手なのはドライバーの方で、運転したくなくなるほど快適でないわけです。振動と出だしのもっさり感ですね。
山に行けば峠なんかは持ち前の低速トルクでぐいぐい登ってくれますが、エンジン回転に軽快さがないし、エンジンが重くなるせいかハンドリングもイマイチであまり楽しくないです。
チョイ乗りが多くて、走行距離が少ない人には燃費のメリットもあまり出ません。っていうか今は軽油って100円もするわけでガソリンと価格的な優位は圧倒的ではなくなりました。

というわけで、渋滞が多かったり、ちょい乗りが多かったり、年間走行距離があまりなかったり、エンジンをヒュンヒュン回して走りたいとか言う場合はガソリン車の方が楽しいみたいです。

っていうか普通過ぎて気づかないかもしれませんが、そういうところがガソリン車の良さなんですね。その良さはたまには見直したいです。

【今日の言葉】 もちろん、一度エンジンをかければ50㎞は軽く走っちゃうっていう「欧州的ユーザー」にはディーゼル車はぴったりです!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます!

ざがあとさんもご存じとはおもいますが、そのマツダが世界初のガソリンエンジンを2019年にも実用化、ラインナップするという話。
「スカイアクティブX」っていうらしいですが、その世界初っていうのがガソリンエンジンで自然着火による燃焼ができ、それを完全にコントロール可能になったというシステム。それによって、燃焼効率が上がり今までのエンジンと比べて燃料消費が40%ほどupするとか。

世界がハイブリッドやEVに移行する中、内燃機関エンジンに希望が見えてきました。
個人的には嬉しいニュースですが、これによって再びガソリンエンジンの開発競争が進んで、内燃機関エンジン滅亡防止に繋がってくれれば良いです。

EV車だけの世の中なんて…。

Re: タイトルなし

隼さん、こんばんは。

「スカイアクティブX」については私も興味をもってニュースを見ました。
ガソリンをディーゼルのように自然発火をさせるそうで、点火プラグの代りに熱源があるそうで、なんか焼玉エンジンの進化型のような気がします(笑)
ただ、構造上これまでにない高い圧縮比を実現でき、ポンピングロスも大幅低減するそうで、一気に効率が向上してガソリンエンジンだけで40㎞/Lぐらいは出せそうな感じです。
今のところは試作段階らしいですが、実用範囲ではかなりのドライバビリティと低燃費が実現できるものの、高回転まで気持ちよく回るエンジンではないそうです。その辺は改良の余地があるそうで今後が期待できそうです。

実現困難って言われたロータリーエンジンを量産に漕ぎ着けたメーカーだし、バブル期にはミラーサイクルエンジンとかリリースしたし、エンジンの燃焼にかんする研究では世界トップクラスかも。
最近ではエンジンの技術的な優位性をアピールするメーカーはマツダだけになってしまいました。そういう技術的アピールを持たないトヨタが「燃費燃費」ってやるもんだから他社もまねしてこうなった、って感じです。

その昔はホンダがCVCCであるとかVTECであるとか、エンジンの複雑な仕掛けをもって独創の技術力アピールしていたんですが、今じゃホンダセンシングとか他社でもやっているような安全装備の訴求ばかり。

業界はこんな感じになってしまったので、マツダには今後もがんばって欲しいです。
プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター